学生活動ブログ

学生活動ブログ

名前: gakusei 作成日: 2015/07/28 16:33
学生活動ブログ

投稿者: gakusei 投稿日: 2017/05/31 10:32
和洋女子大学のフラメンコサークル「El sol y la luna」の部長の牧野です。私たちのサークルは、ただいま絶賛、部員募集中です!

部員勧誘のため、6月にフラメンコ衣裳試着会&撮影会を開催します。在学生の皆さんにインパクトのある華やかな衣装を実際に着てもらうことで、フラメンコの魅力を少しでも感じてもらえたらと思い、企画しました。希望者には写真撮影も行います。フラメンコの決めのポーズもその場で教えますので、興味のある方はぜひ足を運んでください! 特に1年生の皆さん、和洋での大学生活の中で、新しいことを始めてみませんか? 撮影した写真はSNSへの投稿もOKですので、ぜひ一緒に楽しみましょう♪

■開催日時:6月1日・8日(木)両日とも18時~
■場所:和洋女子大学 北館4階 共有部室
投稿者: gakusei 投稿日: 2017/05/19 10:40
和洋女子大学 茶道部 副部長(兼広報)の佐藤です。下記の日程でお茶会を開催します。  
初めての方でも安心に、手ぶらで参加して頂ける本格的なお茶会となっております。爽やかな初夏の季節に、いつもとは違う空間にふれてみませんか。美味しいお菓子とお抹茶を用意してお待ちしております。


日時:6月4日(日)10:30~14:30
場所:和洋女子大学 東館16階 和室
席料:一席 600円 二席 1000円
※和洋女子大学関係者様のみ一席500円となっております! 学生証等をお持ちください。
※予約不要(一般の方のご参加も大歓迎です。ぜひ足をお運びください)
※定員に達し次第終了とさせていただきます。
  
また茶道部では通年、学年を問わず部員募集中でございます。勉学・女子力だけでなく、素敵な人としての人間力も磨かれます! 実りのある充実した大学生活を送りたいと考えている方、ぜひ木曜の東館16階 和室に足をお運びくださいませ。

ご質問等ありましたら、こちらからどうぞ! 日々の活動報告もこちらにて行っております。
連絡先:Twitter @wayo_sadou
投稿者: gakusei 投稿日: 2017/05/12 11:20
4月30日(日)、千葉県総合スポーツセンターにおいて、ソフトテニスの平成29年度 千葉県選手権大会が開催され、和洋女子大学から出場した仙台・浅川ペアが、一般女子の部で優勝しました。


【写真】優勝した仙台・浅川ペア。向かって左が日本文学文化学類4年の仙台さん。右が家政福祉学類4年の浅川さん。

千葉県ソフトテニス連盟主催の今大会は、一般・成年・シニア45、それぞれの男女の部門からなり、仙台・浅川ペアは一般女子の部として出場。全39チームが12のリーグに分かれダブルスで対戦し、各リーグ線を勝ち抜いたチームがトーナメント戦へと進みました。仙台さんと浅川さんのチームはこのトーナメント戦も勝ち上がり、見事優勝。大会を終えた二人に、試合の感想などについて伺いました。


Q.テニスを始めたきっかけは?
教師をしている母の知人が、テニススクールをオープンするのでやってみないか?と誘われたことがきっかけでした。始めたのは5歳のときです。中学校と高校では、学校のソフトテニス部に所属し、大学でもテニスを続けたかったので、受験時はまずテニスができるところを念頭において大学選びに臨み、入学後は迷わずソフトテニス部に入部しました。

Q.大会を終えた感想、印象に残っている試合は?
トーナメント戦で迎えた準決勝は、これまでにない程 なかなかうまく試合運びができませんでした。浅川さんが知っている相手だったので、対戦前に相手チームの試合を見たのですが、浅川さんの言う通り、やはり強いなと。実際にゲームが始まると、相手の球がかなり速く、なかなかテンポが合わずに苦戦しました。後衛を務めているので、後ろから相手をよく見て、途中から何とかスピードに慣れて、自分の考えでボールを打てるようになってから巻き返すことができました。


Q.テニスを始めたきっかけは?
私の兄も中学校でテニスをやっていたのですが、試合を家族で観戦に行った時、そこで兄の友達の妹に出会い、彼女が所属していたテニススクールで一緒にやらないかと誘われました。テニスは小学校3年生から始めて、中学校、高校の部活動でも続けていたのですが、高校へ和洋女子大学が練習試合で来た際、是非 大学でテニスをやらないかと声を掛けられたのをきっかけに、この学校へ入学しました。

Q.大会を終えた感想、印象に残っている試合は?
やはり準決勝です……準決勝が一番きつい試合でした。実は相手チームは大学に入ってから6回対戦しているのですが、これまでに一度も勝てていなかった相手。多少苦手意識を持って臨んだ試合だったのですが、それゆえに相手の出方を見すぎてしまい、3ゲームを先取されてしまいました。今回の大会で決勝戦に進出すると皇后杯への出場権利が手に入るのですが、これまでずっと出場していた皇后杯に何としても出たい!という一心でその後4ゲーム勝ち続け、接戦を制することができました。



【写真右】5月6日に開催された関東学生春季リーグに出場した際の二人。

二人供に、高校1年生から6年連続で皇后杯へ出場し続けており、今回勝利したことで7年目の切符を手に入れ、ずっと途切れることなく出場することができて、それがとても嬉しいとのこと。第72回 天皇賜杯・皇后賜杯 全日本選手権大会は10月開催ですが、その前の8月に石川県で開催されるインカレ大会(全日本学生ソフトテニス選手権大会)を控えているので、まずはその大会に向けて頑張ります、と語ってくれました。
投稿者: gakusei 投稿日: 2017/05/08 10:13
こんにちは! ボランティア部の小泉です。4月26日、大学へ千葉県赤十字血液センターの職員の方3名をお招きし、今回で初めての試みとなる、「新・貧血を防ぐメニュー」の勉強会が行われました。


【写真】当日開催された勉強会の様子です。この日は18人の部員が参加しました。

この勉強会の開催の目的は、ボランティア部員がこの企画そのものについてや、献血に対する理解を深め、活動の更なる発展を目指すことと、これまでの活動実績について報告・検討し、今後の活動方針を関係者間で確認して、活動内容の改善に向けた取り組みを相互協力しながら実施することです。

部員が司会進行を務め、まずは千葉県赤十字血液センターの職員の方から、「献血とは何か?」「『新・貧血を防ぐメニュー』の企画の意味や趣旨について」「これまでに開発したレシピに対する反響」などについてのお話がありました。特に反響の具体的な例を伺って、私たちが考案したレシピが、たくさんの人の役に立っていることに感激しました。

【写真左】千葉県赤十字血液センター 企画課の髙橋さん。輸血が必要とされる具体的なケースなどについてお話し頂きました。
【写真右】参加した学生全員がメモを取りながら、真剣に話に聞き入っていました。
 
次に行われたのはグループディスカッション。これまでのレシピの反省点や改善点をグループごとに話し合いました。みんなで話し合うことで、一人では思いつかないようなアイディアがたくさん出てきました。

【写真左】グループディスカッションの様子。たくさんのアイディアが生まれました。
【写真右】勉強会ではアンケートも実施。回答結果を活動にフィードバックします。

今日の勉強会で得た知識やアイディアを、是非 これからのレシピ考案に生かしたいと思います。
投稿者: gakusei 投稿日: 2017/05/02 12:54
こんにちは。家政福祉学類3年、ボランティア部の緒方夏美です。
4月23日(日)に、千葉商科大学と合同でゴミ拾いのチーム対抗戦を行いました。当日は、天候にも恵まれ、安全に楽しくゴミ拾いを行うことができました。参加者は約40人。8チームに分かれて、活動を行いました。チームは千葉商科大学生と和洋女子大学生の混合だったため、初対面の人がほとんどでしたが、活動前にアイスブレイクを行なったこともあり、初対面の人とも打ち解け、1時間という制限時間の中、楽しみながらゴミ拾い活動を行うことができました。市川市はほとんどゴミが落ちていなく、活動当日まで、参加者全員が楽しんでゴミ拾い活動を行えるか不安でした。しかし、当日ゴミを拾いに、普段は通らない道(江戸川河川敷や脇道、細い道など)を通ると、ゴミがたくさん落ちており、他の参加者も予想以上にゴミを拾っていました。
この活動を通して、綺麗と思い込んでるだけで、注意深く周りをみると、意外とゴミは落ちているということに気がつきました。また、「ゴミ拾い」というのは楽しみながら気軽にできる、社会貢献活動だということも改めて感じました。今回の活動を通して、多くの参加者に「ゴミ拾いは楽しい」ということも感じてもらうことができたので、良かったです。


     
【写真】当日のゴミ拾いの様子

また、今回の活動にご協力してくださった、以下の団体やお店の方々には、本当に感謝しています。
ありがとうございました。
一般社団法人ソーシャルスポーツイニシアチブ日本スポGOMI連盟
雑貨のお店「もえぎ」
伊藤薬局

皆さんも身近なボランティア活動を始めてみませんか?
興味のある方は北館3階のボランティア部の部室「13」まで。ボランティア活動を通じて、一緒に社会貢献しましょう!

和洋女子大学のサークル・同好会一覧はこちらから

 

ブログ内検索

受験生の方へ

卒業生の方へ

一般・地域の方へ

企業・研究者の方へ

寄付のお願い

facebook

twitter

LINE

YouTube