学生活動ブログ

学生活動ブログ

名前: gakusei 作成日: 2015/07/28 16:33
学生活動ブログ

投稿者: gakusei 投稿日: 2016/09/16 13:00
こんにちは!ボランティア部です。9月3日から3泊4日で実施した福島を巡る旅、東北スタディツアー「TABI TABI」。14名が参加して、予定通りのコースを辿り、無事に帰って来ました。初日は一旦上野駅で集合してから福島駅まで移動し、翌日から、二本松市、南相馬市、田村市、いわき市を巡りました。
 
【2日目】二本松市「きぼうのたねカンパニー」での農業体験の様子
 
きぼうのたねカンパニーでは、代表の女性から震災後の農業についてのお話を聞き、体験作業ではトマト、ナスや枝豆を収穫しました。時期によっては田んぼでの体験作業も可能だそうです。作業の合間に頂いた自家製のとまとジュースとおこわの味は、とっても美味しかったです!午後は福島市に戻り、桃狩り体験。夜はホテルで、この日見聞きしたことをそれぞれが発表して、お互いの考えを共有しました。
 
【3日目】南相馬市での被災地視察の様子
 
南相馬市観光協会の協力を頂いて、この日はボランティアガイドの方と一緒にバスに乗り、津波があった場所や、危険区域から解除された場所を見学しました。ガイドの方のお話を聞いたり質問したりしながら、津波に襲われて倒壊した家屋や枯れてしまった木立、実際にどのくらいの高さの波が到達したのかなどを確認しました。
 
【3日目】田村市の古民家「中里」で自炊・宿泊
 
最終日の夜は、田村市内にある古民家宿泊施設「中里」で過ごしました。ここには、囲炉裏や五右衛門風呂などの昔ながらの設備のほかにも、システムキッチンや一般家庭用のお風呂なども備わっています。農業体験でいただいた野菜類と買い足した食材とを使って、みんなで晩御飯を自炊しました。優しい管理人さんのおもてなしにも感動しました。
 
帰宅後、参加したみんなで体験したことを作文にまとめるなどしました。感じたことは人それぞれあるかと思いますが、やはり「現地に足を運んで、実際に見る・体験する」ことの大切さを再認識しました。また、現地で関わった人達の優しさにも触れ、この体験をどんな形で返すことができるのか、深く考えることのできるツアーになったと思います。

ブログ内検索

受験生の方へ

卒業生の方へ

一般・地域の方へ

企業・研究者の方へ

寄付のお願い

facebook

twitter

LINE

YouTube