学生活動ブログ

学生活動ブログ

名前: gakusei 作成日: 2015/07/28 16:33
学生活動ブログ

投稿者: gakusei 投稿日: 2016/04/28 17:40
健康栄養学類 健康栄養学専修2年の吉沢幸花さん(新潟県 私立新潟明訓高等学校出身)が走り高跳びを始めたのは、小学5年生の時。5年生から参加できる新潟市主催の陸上大会に出場する選手選出のため、皆でいろいろな種目をやった際、走り高跳びの成績が一番良く、選手に選ばれたことがきっかけだそうです。以来、中学・高校と陸上部に所属し、走り高跳びを中心にハードルや走り幅跳びの競技を続けてきました。和洋女子大学に入学後は、インカレサークルである早稲田大学陸上競技同好会に所属。定期的に試合に挑み、2014年と2015年に開催された文系親善大会では、2年連続優勝という快挙を成し遂げました。

■走り高跳びの魅力
自分が跳びたい高さを跳んだ時の「快感」ですね。ハードルもやっているのですが「目の前にある障害物を越えたい」という気持ちを持てる競技が好きです。なので、走り幅跳びは、そういう具体的な目安みたいなものがないので、なんだかやりにくいというか。線とか引いてないじゃないですか(笑)。私のセンスがないからなのかもしれませんが、具体的な障害がある方がいいみたいです。

■日頃の練習について
跳躍選手って基本的に練習が嫌いなんですよ(笑)。だから、高校で陸上部に所属していた時は正直きつかったんですが、サークルでは強制されるわけではないので自分のペースで週2回くらい、練習しています。練習は主に、東京の原宿駅近くの代々木公園陸上競技場(織田フィールド)を使っています。和洋のすぐ近くにある、市川市の国府台陸上競技場を使ったりもしています。

■健康栄養学類に入った理由
高校時代に体重の増減に苦しんだ時期があって、独学で栄養のことを勉強し始めたんです。その時に母から管理栄養士という職業があることを聞いて、なんだか面白そうだと思って。食とスポーツに携わる仕事があるのかを調べてみたら「スポーツ栄養学」というものがあることを知って、将来はスポーツ選手の栄養サポートをする管理栄養士になりたい! と思うようになりました。高校の時に大きな怪我をして、マネージャーに転向していた時期があったんですけど、その時にマネージャーの仕事である「選手をサポートする」ということが、自分の中でとても楽しくて。自分が、一生懸命サポートして尽くした選手が大きな大会で活躍するということがものすごく嬉しかったので、私はサポートする方が向いているのかもしれないと思っています。

■アルバイトや趣味について
お惣菜売り場の店頭で、お惣菜を計り売りするアルバイトをしています。趣味は陸上観戦! プロのアスリートの試合を見るのは刺激になりますし、高校時代の同期たちの活躍している様子を見るのも励みになります。あと、洋服が大好きでものづくりも好きなので、服をリメイクしたりしてファッションも楽しんでいます。今年の春休みにジュニアアスリートインストラクターの資格をとったので、その資格を活かして子どもたちにスポーツを教えることもしていきたいと思っています。



<大会成績>
2014年 9月 文系親善大会 優勝
2015年 9月 文系親善大会 優勝
2015年11月 関東大学クラブ対抗選手権大会 6位入賞
投稿者: gakusei 投稿日: 2016/04/27 14:33

こんにちは!バスケットボール部の井草です。4月30日(土)から、第50回関東大学女子バスケットボール選手権記念大会が開催されます。私達はグループリーグで、5月1日(日)に対慶応義塾大学戦、5月3日(祝・火)に対山梨大学戦で出場します。どちらも会場は和洋女子大学で行われますので、皆さん、応援よろしくお願いします!

【対戦スケジュール】
 5月1日(日)  12:40~(第2試合):対慶応義塾大学戦 <会場/和洋女子大学>
 5月3日(祝・火)12:40~(第2試合):対山梨大学戦 <会場/和洋女子大学>

リーグで勝ち上がると、5月7日(土)に国士舘大学の多摩キャンパスにて、対大妻女子大学戦となります。

 

   
投稿者: gakusei 投稿日: 2016/04/26 14:25

ボランティア部部長の遠藤です。4月中旬に発生した、熊本県熊本地方を震源とする地震で被災した人たちの支援のため、本日より5月12日(木)まで募金活動を行います。今回の地震に関する報道を見ていて、今は物資よりもお金と人手が必要とされているのではと感じ、募金活動ならすぐに学内で始められると思い、活動を行う事にしました。

 
【写真】活動場所は西館と南館、それぞれの1階エントランスです。

【熊本地震 募金活動】
      募金活動実施期間: 2016年4月26日(火)~ 5月12日(木) ※祝祭日は募金活動もお休みします
      実施時間帯:    上記3日間の昼休みの時間帯(12:20~12:50予定)
      実施場所:     南館1階エントランス/西館1階エントランス

お昼休み、南館、西館へ立ち寄られた際は、皆さまの暖かいご支援をよろしくお願いいたします!寄付して頂いたお金は、日本赤十字社を通して被災地へと届けられます。

ボランティア部では、熊本地震の募金活動以外にも、9月に東北支援企画の一環として、東北ツアーの実施を予定しています。また、今年の学祭では他サークルと一緒に、それぞれの活動の良いところを活かした、コラボレーション出展なども検討しています。

投稿者: gakusei 投稿日: 2016/04/19 10:48
はじめまして! 今年度から新しく編集委員に加わることになった、日本文学文化学類 文化芸術専修3年の川嶋です。主にデザイン面でのサポートで参加、昨年の大学案内に負けないくらい素敵なものを作れるように頑張ります!


【写真】今年度の編集委員たち。いろいろな雑誌を手にとって、どんな紙が大学案内にふさわしいか検討している様子

先日顔合わせも兼ねてエイ出版社の皆さんと最初の打ち合わせをしました。とても緊張していた私ですが、思っていた以上に皆さん朗らか! 拙い意見も多かったとは思いますが、真剣に聞いていただいたり、終わってからも声をかけていただき「よかった、この現場なら自分でもやっていけそうだ」と思えました。本当にありがとうございました! 次に皆さんと打ち合わせをするのは4月末から5月上旬。それまでにしっかりと意見をまとめておかなくては……。 これから忙しくなってくる時期だと聞いたので、気合を入れて取り組んでいこうと思います!
来年の「Wayo girl 2018」の仕上がりを楽しみにしていてもらえたら嬉しいです!

そして、現在、編集委員たちと一緒に大学案内の誌面に登場してもらう学生モデル探しに協力してくれているのが、その名も「モデルスカウト部隊」。4年生を中心に編成されているシークレットな部隊です。現在、続々とモデル候補を発掘中!! 次年度のWAYO girl たちにもご期待ください!

    



投稿者: gakusei 投稿日: 2016/04/18 16:03


日本文学文化学類 文化芸術専修3年の川嶋裕子です。今回、進路支援センターで3年生向けに発行している「就職ガイドブック」(3年生向け)と「保護者版キャリアサポートガイド」(保護者向け)の表紙デザインを担当しました(制作したのは昨年度の2年次)

■表紙デザインを担当することになったきっかけ
文化芸術専修の助手の方に勧められ、せっかくの機会なのでやってみようと思ってチャレンジしました。自宅のパソコンで使い慣れている「クリップスタジオ」という、元々は漫画を描くために使うアプリケーションでデータを作成。素材をフリーウェアからダウンロードし、カラーリングを変換して仕上げていきました。画像はすべてクリップスタジオで作成し、Adobe® Illustrator® に貼りこんで印刷用のデータを作りました。Adobe® Illustrator® の操作は2年の前期に履修した「デザインアート」の授業で学びました。制作の際に「好きなように自由に作っていい」と言われたのですが、どんな感じのデザインが表紙としてふさわしいのか、最初はイメージが掴めなくて苦労しました。今までの先輩方の作品を見せていただき、2~3年前の先輩の作品で和柄を使った表紙が可愛くて面白いなと思ったので、私も和柄を使ってみようと考えました。

■デザインやレイアウトの勉強はいつから?
絵を描くことが好きだったので、高校では美術を専攻していましたが、デザインやレイアウトについては独学というか、趣味の範囲でやっていました。大学に入ってから、授業を通じて課題を作ることで、パソコンを使ったデザインやレイアウトの手法を学びました。色彩検定® 3級の資格は持っています。1年生の時に共通総合科目の「色彩の科学」(鬘谷要教授担当)の授業を履修後、受験しました。鬘谷教授に授業でじっくり教えてもらいましたし、対策プリントなども作ってくださったので、それをきちんと勉強していたら特に苦労することもなく合格できたように思います。

■文化芸術専修を選んだ理由
子どもの頃から絵を描くことが好きで、高校の時は授業とは関係なく、朝早く美術室に行って絵を描いたりしていました。部活は工芸部。工芸部では染物をしたり、トンボ玉を作ったり、日本の伝統的な工芸を幅広くやっていました。母が和洋の卒業生(家政科 被服コース 1987年3月卒業)なんです。芸術や手芸に理解があり、私が芸術系のことを学べる大学に進学したいと相談したら、和洋に文化芸術専修があるからいいんじゃないかと薦められて。オープンキャンパスで中村威久水教授にいろいろと相談をさせていただきました。その時に、先生がとてもフレンドリーで、見た目のインパクトもあるし、お話も面白くて(笑)。先輩方もフレンドリーに話しかけてくれたのでなんとなく安心できて「あ、いいな」と。オープンキャンパスと里見祭に来てみて、やっぱり雰囲気が良かったので和洋に決めました。

■将来の目標や夢
「手作業をする」ことが大好きなので、美術品の修復の仕事とか、手を動かす職業に就けたらいいなあと思っています。とはいえ、大学生のうちに資格は取得しておきたいので、博物館学芸員の資格取得をめざして、現在、頑張っています。それと勉強の方は、まだあまり進んでいないのですが、公務員の資格取得にも挑戦したいと思っています!

※川嶋さんは、次年度に高校生に配付する「大学案内 Wayo girl 2018」の編集委員としても今年は活動する予定です

ブログ内検索

受験生の方へ

卒業生の方へ

一般・地域の方へ

企業・研究者の方へ

寄付のお願い

facebook

twitter

LINE

YouTube