学生活動ブログ

学生活動ブログ

名前: gakusei 作成日: 2015/07/28 16:33
学生活動ブログ

投稿者: gakusei 投稿日: 2015/11/21 9:37
和洋女子大学では、昨年、公益財団法人 東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会と連携協定を締結し、オリンピック・パラリンピックの理解を深めるために学生たちが様々な活動を行っています。 その一環として、パラトライアスロン選手として活躍されている卒業生(和洋国府台女子中学校・高等学校卒業)の秦由加子氏の講演会を開催し、その運営に学生たちに携わってもらいました。講演会のポスター制作に始まり、そのポスターを大学近隣の商店や駅などに貼ってもらう交渉や、当日の司会・受付・誘導・プレゼンテーションなど、総勢11名の学生が明るく元気に頑張ってくれました。


講演会で、司会やプレゼンテーションを担当してくれた学生たち

秦由加子選手講演会レポート



こんにちは!こども発達学類2年の矢口奈穂子です。
11月14日に和洋女子大学にて開催された、和洋国府台女子中学校・高等学校の卒業生で、現在、パラトライアスロン選手としてご活躍されている秦由加子氏の講演会「自分はどう生きたいか 自分次第で人生は大きく変わる」の模様をレポートしたいと思います!

講演会当日は、生憎の雨の中、多くの方にご来場いただきました。 秦選手の講演前にまず、和洋女子大学の2020年東京オリンピック・パラリンピック開催に向けての取り組みのプレゼンテーションを行いました。 プレゼン担当の学生はやや緊張した面持ちでしたが、笑顔がとても素敵で、会場のみなさんも聞き入ってくださいました。

そして、いよいよ講演開始! 大きな拍手と共に迎えられた秦選手。なぜ義足の生活になったのか、その時の闘病生活、学生生活で大変だったことを前半に話してくださいました。義足は普段の生活をするためのものと競技用とがあるそうです。パラトライアスロンでは走る用と自転車用と義足を付け替えて競技をしていると聞き、とても驚きました。走る用の義足は、カーボン製のバネでできている義足で、自転車用は義足の足裏自体にアタッチメントがつけられており、ペダルに直にはめて足が外れないよう工夫されている義足だそうです。学生生活の話では修学旅行の時、皆と一緒のお風呂に入れなかったことや、冬服の際にストッキングで義足を隠していたことをお話しされていました。自分は周りの人とは違うこと、友人に義足のことを話せなかったという思春期ならではの心の葛藤が会場に来ていた方にとてもよく伝わっていました。

元々、泳ぐことが好きだったという秦選手。就職してから幼少のときに習っていた水泳をもう一度始めたとのこと。そして北京パラリンピックを見て、障がいを持っているからこそ出てみたいと思い、練習に打ち込んだそうです。そして大会出場を重ね、強化選手に選ばれるほど活躍をされました。そのときに出会った、障がいがあっても前向きに生きている方々との出会いで、障がいに対する考え方が変わったとのこと。2012年のロンドンパラリンピックに出場できなかった時には秦選手は競技転向をしようと考えたといいます。その時、2016年に開催されるリオデジャネイロパラリンピックからパラトライアスロンが正式種目になることを知り、所属していたチームのコーチの勧めや雑誌で見た、アメリカのパラトライアスロン選手の隆々しい筋肉をみて「私がなりたかったのは、これなのではないか」という憧れもあり、転向を決意しました。 初めて走る練習をした時、10数年間、走れなかった秦選手にとって、体が宙に浮く感覚が気持ち良く、その感動は今でも忘れていないと話していました。

パラトライアスロンではswim 750m, bike 20km, run 5kmの3つの種目から成り立つ競技で障がいのレベルに応じて5つにクラス分けされています。秦選手はPT2クラスで戦います。皆さんの応援、よろしくお願い致します!

秦選手に講演後にお話しを伺い、和洋生へのメッセージをお願いしました。

~秦選手から和洋生へ~
自分ができないことに背を向けていても何も変わることができません。自分の可能性を信じて積極的に何事にも取り組み、自分の本当の心の声に耳を傾けて一歩を踏み出して、これからの人生をより楽しく過ごしてほしいです。


講演会終了後に秦選手を囲んで記念撮影
投稿者: gakusei 投稿日: 2015/11/13 15:20
華道部部長の日本文学・文化学類3年(現 日本文学文化学類) 西脇ももこです。11月21日(土)~29日(日)、千葉県立幕張海浜公園 見浜園にて開催される「灯ろうまつり」に、私たち、和洋女子大学の華道部の学生と卒業生、和洋国府台女子高等学校の卒業生たちが参加し、生け花展と生け花体験教室を行います。


当日は、私たちが講師を務めます

私たちは今までにも、健康栄養学類の「海外栄養学研修」でカナダのブレシア大学からの留学生に生け花を教えるなど、講師の経験を積んでいます。今回の生け花体験教室にはすでに海外からの留学生の方の申し込みが入っているので、当日は英語でのレクチャーができるよう、準備を進めています。生け花体験教室は11月22日(日)・29日(日)の2日間のみ、開催。初心者向けの内容なので、親子での参加もOKです。ぜひ、お越しください。生け花展は11月21日(土)~23日(月・祝)、11月28日(土)~29日(日)の期間に、松籟亭茶屋「広間」「小間」「立礼席」にて行います。生け花は、生ける人の個性があらわれるもの。花を通して自分自身を表現できればと思っています。 皆さんに気軽に生け花に興味を持ってもらえるよう、がんばりたいと思っています。多くの方のご参加をお待ちしています。

  
華道部は毎週月曜日に大学内にある和室で活動しています。流派は真月池坊です  

生け花体験教室は要事前申し込み、生け花展の観覧には入園料と贈呈茶料金が必要です。

詳細はこちらをご覧ください。 
投稿者: gakusei 投稿日: 2015/11/11 14:59
皆さん、こんにちは! うぐいす少女隊の健康栄養学類2年 遠藤日菜子です。私たち、うぐいす少女隊は里見祭1日目に特設ステージで、先生方のバンド「The Teachers」のライブに出演しました。担当はステージ前でのポンポンダンスと校歌斉唱。10月の火・金の放課後にリハーサルを重ねて、本番に挑みました。 本番前はすごく緊張していました! でもライブが始まって前に出たら、お客様がみんな笑顔だったので、こっちまで笑顔になれました。最後まで盛り上がれて、ライブの1秒1秒を大切にできたと思います。 寒い中、足を運んでくださった皆様、本当にありがとうございました!

ライブ中の様子です。寒かったですが、おそろいのうぐいす色のスカーフを身につけて挑みました!


ライブ後には、サプライズで先生方に御礼のメッセージとプレゼントを渡しました。
本当に楽しかったです! ありがとうございました。

「朝靄晴るるぅ~吾嬬路の~♪♪」 和洋女子大学の校歌はこちらから聴くことができます

ブログ内検索

受験生の方へ

卒業生の方へ

一般・地域の方へ

企業・研究者の方へ

寄付のお願い

facebook

twitter

LINE

YouTube