出張講義

出張講義

和洋女子大学では、高校生の進路決定や学問分野理解の促進のため、大学の講義を高校で開講する「出張講義」を通年で行っています。ご希望にあわせて講義内容のアレンジもできますので、入試センターまで、お問い合せください。

【お問い合せ】
入試センター
TEL: 047-371-1127

人文学部国際学部家政学部看護学部

人文学部

学科 分野 タイトル 講義内容
日本文学文化学科 日本文学 『奥の細道』のおもしろさを味わう 文学作品は、言葉によってある思いを形象しようとした、先人の努力の結晶です。『奥の細道』を例にとり、皆で創造的な読みを行いましょう。
日本文学 古典詩歌の技法を使ってみよう 和歌・俳諧等に多用される修辞法、とくに枕詞や掛詞の機能に着目し、その原理や各作者の工夫を学びながら、それを活用して皆で作品作りに挑戦しましょう。
日本文学 和歌を楽しむ 和歌は言葉と言葉の出会いです。その出会う感覚を楽しむために、一人が一句になり、五人で一首の歌を完成させるゲームをやってみましょう。
日本文学 国語と大学での学び 国語の先生になるためには大学でどのように学んだらいいのでしょうか?近代文学の作品を題材として一緒に考えてみましょう。
日本文学 『源氏物語』の世界へ 『源氏物語』についてのクイズを楽しみながら、物語を全体的に把握し、『源氏物語』の魅力の一端にふれてみましょう。
文化芸術 芸術と文化を学ぶこと 日本文学文化学科文化芸術専攻で学べる内容やその特色、将来の進路の展望などを解説します。具体的な授業の内容やカリキュラム、取得可能資格、高校生活の中で取り組んでおくべきことなどもお話しします。
文化芸術 オフィーリアの変遷:女性イメージを読み解く シェークスピアの戯曲『ハムレット』に登場する「悲劇のヒロイン」オフィーリア像の変遷(絵画、広告、二次創作など)から、時代毎の女性のあり方や、作品間の相互関係を読み解きます。
書道 かな文字の成立とかなの書法 私たちが日常使用しているひらがなという文字について知り、実際にひらがなを書いてみることで日本人の感性に触れてみたいと思います。
日本文学 〈霊異〉の世界─『日本霊異記』を読む─ 『日本霊異記』の不思議な話を一緒に読みながら、神話や伝承について考えてみましょう。
日本文学 日本語を考える 語彙・音韻・文法など日本語に関する問題を取り上げ、なぜそうなのか、一緒に考えてみようと思います。
書道 漢字の成立と各書体の書法 漢字の成り立ちについて知り、また漢字の書体について、楷書をはじめとする、行、草、篆、隷といった各書体について実際に書いてみたいと思います。
文化芸術 博物館の役割と学芸員の仕事 博物館の存在意義と、そこで働く学芸員の職務内容について一緒に考えてみましょう。
日本文学 文学を研究するとは 芥川龍之介『羅生門』などを例に、文学作品や作家を〈研究〉することの面白さや奥深さにふれてみましょう。
日本文学 「舞姫」以前の鷗外 明治17年ドイツ留学途上の「航西日記」から、蘇門(スマトラ)海湾を臨んでの鷗外の心境を読み解きます。
文化芸術 美術実技 油彩画・古典技法・CG(2D、3D)に関して、創作実技の指導を行います。
心理学科 心理学
発達心理学
人生すごろくを作ろう 高校生とはどのような時期なのでしょうか。自分の人生をすごろくにしてみることで、新しい発見があるかもしれません。楽しみながら、人の心の発達や自身の将来の目標について考えてみましょう。
心理学
社会心理学
情報を伝えることのむずかしさ 「自分はきちんと伝えたつもりなのに、相手には正確に伝わっていなかった」ことや、「冗談で言ったつもりだったのに、相手には冗談として伝わらなかった」ことなどはありませんか。人に情報を伝えることは簡単なようで、とても難しいことです。体験ワーク等を通して、考えてみましょう。
心理学
基礎心理学
心を客観的に見るひとつの方法 心理学は、心の仕組みを客観的なデータをもとに解明します。心の働きは人の行動のさまざまな面に現れます。もっとも身近かで誰もが関心のある心の働きの表出として、今回は性格を取り上げます。性格を客観的に捉えるということを、実際に検査(簡易版)の例を通して体験したいと思います。
心理学 愛と憎しみの生涯発達心理学 「愛するとはどういうことか」「殺人はなぜ家族間で生じるのか」「ストーカーはどのような心理でいるのか」「愛と束縛、愛と憎しみの関係」など、みなさんと一緒に考えてみましょう。
臨床心理学 こころの天気を描こう-誰でもできるフォーカシングの体験学習- 自分のこころに注意を向けて、それを天気で表したらどうなるか?色鉛筆やクレヨンを使って、描いてみましょう。クラスメイトの話を聴き、そのこころの天気を想像して描いてみましょう。いろいろな気づきが得られます。
心理学 身近な話題から心理学を体験しよう 好きな色と私たちのこころとの関係、ものの見え方とこころの関係、マンガの読み取りとその表現の理解を体験してもらい、その背景の理論的な説明から人のこころの不思議に迫ります。
臨床心理学 人は自分を写す鏡
-人を通して自分を知ろう!-
あなたは自分のことをどのくらい知っていますか?友達の性格は分かっても,自分のことについては意外と良く分からないものです。自分とはどのような人間なのか、さまざまな心理テストやグループワークを通して考えてみましょう。
心理学
臨床心理学
ストレスとの向き合い方 ストレスへの気づき方とその対処法について、体験型のワークを取り入れながら、実践的に学んでいきます。私たちの身近なストレスについて、一緒に考えていきましょう。
こども発達学科 保育学・幼児教育学 保育のせかい 子どものせかい
―保育者を目指す人のために―
1.幼稚園教諭・保育士・保育教諭という職業について知り、保育者の一日の仕事の流れについて学びましょう。
2.子どもの生活と遊びの意義について考えながら、保育者の役割についての理解を深めましょう。
保育・発達行動学 保育はおもしろい!こどもまるごと探求! 子どもの発達を通し、遊びや行動から子どもの不思議さ、魅力を探求しましょう。そこにかかわる保育者や大人の役割を理解し、保育の仕事のすばらしさを考えていきます。
発達心理学 子どもを見る視点:実際の保育現場から 幼稚園・保育所での子どもの姿をどのように捉えるかを考えていきます。映像や写真を使って、実際に体験してみましょう。
保育学 乳児保育の魅力 0・1・2歳児の子どもたちの保育方法、保育内容を学ぶ「乳児保育」という科目があります。0・1歳の子どもたちのこと、専門職である保育士の関わり方などを、保育実践事例から学びましょう。
臨床発達心理学 発達障害とは? 近年、発達が気になるお子さんや発達障害のお子さんが増えています。発達障害のお子さんの特徴と対応について一緒に考えてみましょう。
社会福祉学 「わたし」を知る~自己覚知~ あなたはどんな保育者になりたいですか?保育者になるための一歩として、私が「わたし」を知る作業を、グループワークなどを通して体験しましょう。
音楽教育学 身体の音を聴く・身体で音をつくる 誰もがもっている身近な楽器として身体を捉え、音遊びを行います。1人1人異なる表現の魅力や、友だちと一緒に活動する意味について一緒に考えていきましょう。
スポーツ心理学 運動遊びを科学する!
―なぜ運動遊びは面白いのか?―
乳・幼児期の運動遊びについて、学術的観点から解説します。実際に運動遊びを体験し、運動遊びの構造と面白さの条件について考えてみましょう。
美術教育学 子どもの絵を読む~鑑賞のすすめ~ 乳児期から就学前の子ども絵の鑑賞のポイントを解説します。絵に表れた思いを読み取り、絵を描くことの意味を考えながら、一緒に子どもの世界を楽しみましょう。
保育学 子どもの世界ではなぜ遊びが必要か? 実際の子どもの姿や遊びの場面から子どもの感じている世界を体験してみましょう。映像や写真と共に、なぜ、今遊びが重要なのかについても考えていきます。

国際学部

学科 分野 タイトル 講義内容
英語コミュニケーション学科 英語、文化 アニメの英語字幕研究 オリジナルの日本語と英語の訳し方を比較して語句の背景情報を考える
英語、文化 時間の言い表し方(How to say the time in English) After teaching the vocabulary and grammar needed, the students will play a game in groups of 4 to practice the English that they learned. (必要な語彙と文法を学んだあと,生徒は学んだ英語を使って4人グループでゲームをする。)
英語、文化 流暢さを向上させる方法(How to improve your fluency.) ディスカッションの基本技術を楽しみながら学びます。( Enjoy the basics of discussion skills.)
音声学 英語の発音とIPA 日本人学習者にとって難しいと思われる分節音を中心に、発音の仕方およびIPAによる音声表記法を練習する。さらに、国際コミュニケーションの観点から、発音上、重要な点とあまり重要でない点について解説する。
国際学科 国際関係 世界の貧困と子どもたち グローバル化が進む世界で、発展から取り残された子どもたちがたくさんいます。児童労働などの困難に直面する世界の子どもたちの状況と解決へ向けた国際協力について解説します。
国際社会学 パスタとグローバル化 イタリアを代表する食、パスタ。歴史をひもとくと、現在の私たちが知っているものとはだいぶ違っていたようです。パスタの歴史を手がかりに、国をこえたモノの交流が活発化するグローバル化について理解しましょう。
東南アジア
地域研究
東南アジアの文化と社会 「東南アジアってどこ?」。バリ島もタイもアンコールワットもシンガポールも東南アジアです。実は多くの日本人が訪れ、日本企業も進出している、私たちに身近な東南アジア。その地理、歴史、そして多様な文化と社会の成り立ちを写真や図表を使って解説します。
国際経済学 海外旅行とビックマック価格と経済 ビックマック価格指数、為替レート、各国の一人当たりGNI等の最新指標を用いて、各国の物価の違いや購買力から見た価格の読み取り方を学びましょう。海外旅行に行ったときに各国の経済について考えられるようになります。
観光学 観光を通じて世界をまなざす 観光は巨大な産業ですが、一方で旅行者と地域が交わる場としても機能しています。世界中からの旅行者を受け入れる地域はどの様な影響を受けるのでしょうか。そして、私たちは旅行者として、訪問先の地域から何を学ぶのでしょうか。観光を通じて世界をまなざしましょう。
経済 最近の世界と日本の経済の動き トランプ大統領の経済政策、中国の一帯一路構想、欧州の移民問題、英国のEU離脱など最近の世界経済の動きや、最近の日本経済の動きを解説します。
東アジア
地域研究
中国と日本の文化と社会の異同 比較を通して中国と日本の文化と社会の異同について考えます。住居を中心とした日常的な衣食住、家族についての考え方やその仕組み、恥の意識などの比較を通してそれぞれの社会の仕組みを支えている文化の異同について分析します。

家政学部

学科 分野 タイトル 講義内容
服飾造形学科 衣生活学
和服構成
浴衣にチャレンジしよう 夏の暑い時期に涼しさを誘う浴衣の模様の解説をし、実際に浴衣の着装の仕方や、基本的な半幅帯の結び方を行っていきます。収納のための浴衣のたたみ方についても触れます。
衣生活学 ファッションの移り変わり 「ファッションやヘアメイクは何のために存在するのか?」からスタートし、映画などを通してファッションの移り変わりや役割を解説します。
服飾繊維学 服飾繊維学入門「糸と布」 糸と布の成り立ちの最も基本的なところを、実物サンプルとデジタル顕微鏡を使って解説します。身の回りが繊維で溢れていることや繊維の面白さについても触れます。
服飾繊維学 色彩学入門「色と光」 どうして色が見えるのか?赤と青は何が違うのか?など、光と色の最も基本的な部分を解説します。色の心理的な効果についても触れます。
衣生活学
生活科学
暮らしの中の染色 我々は色彩に富んだ繊維製品に囲まれて生活しています。それらの繊維製品は用途に応じて特性の異なる繊維素材が使用され、より堅ろう染色を実現するために染色技術が開発されてきました。「染色」とは、どんな現象かについて解説します。
衣生活学
機能デザイン
足と靴と健康 直立歩行は人類の特徴であり、足を保護する靴は足と密接に接触し、履く人の体重の支持と歩くための道具という極めて重要な要件を満たしていなければなりません。歩行の仕組み、年齢と歩き方、歩くのに適した靴を考えます。
衣生活学
衣環境学
衣環境学入門 服装があなたの健康に与える影響について、意識したことがありますか?動きやすく着心地の良い服、自立を助ける服、介護が必要になった場合の衣服、寝具など、快適性と健康性・安全性の視点から考えます。
衣生活学 ヨーロッパファッションの歴史 ヨーロッパの婦人服の歴史について、時代ごとに上流階級の婦人服とコルセットの特徴を解説します。またロココ時代に焦点をあて、パターン、縫製、ドレスの構造、着装方法、着心地など、華やかに見える服装の裏側について解説します。
ファッションビジネス ファッション業界のバリューチェーンを学ぼう! ファッション業界の仕事や業界内の違いを理解してもらう為に、業界の事例を紹介しながら、バルーチェーンのフレームにあてはめて解説していきます。実際、素材の調達から店頭に並ぶまでのバリューチェーンも作成してもらいながら、授業を進めていきます。
健康栄養学科 栄養教育 子どもたちへの食育 近年、子どもたちの食生活の乱れから、子どもたちへの正しい食に関する指導と望ましい食習慣を身につけることができるよう食育を推進することが課題です。そのために活躍している栄養教諭・家庭科教員の役割や食育の必要性について解説します。
食品衛生学 身近な食中毒 食中毒は多くの場合、味、見た目、匂いなどに異常がなく、食べ物からの注意信号がないため、予防が重要となります。食中毒の発生状況及び食中毒の原因となる主な病原細菌などについて解説します。食中毒予防策について一緒に考えましょう。
臨床栄養学 小児の栄養障害 先進国での小児のビタミンB1欠乏症はまれですが、近年アレルギーなどによる極端な食事制限や偏食による症例が報告されています。またイオン飲料などの多飲によるビタミンB1欠乏症でウェルニッケ脳症や脚気の症状を呈した症例が多数報告され、注目されています。これらについて紹介します。
臨床栄養学 児童生徒の個別指導(栄養食事指導)と管理栄養士の役割 児童生徒の個別指導(栄養食事指導)の重要性が増してきています。そこで、子供の生活習慣病対策における管理栄養士の役割について解説します。
生化学 欠食ダイエットはなぜリバウンドする? 食事を抜くことは、手っ取り早くやせる方法の一つです。しかし、食事を戻すと体重は戻り、以前よりもやせにくくなるのはなぜ?摂食カロリーと消費カロリーのバランスを代謝側面から一緒に考えましょう。
公衆栄養学 管理栄養士の仕事と食事調査
~ひとの食事について調べてみよう~
管理栄養士は、対象者の身体状況や食事摂取状況等に応じた栄養指導を行うことが求められます。そこで栄養指導を行う前に、まず対象者がどのような食事状況であるかを把握することが必要となります。ひとの食事の調べ方やそれに必要なスキルについて解説します。
応用栄養学
臨床栄養学
時間栄養学/
食べ物と病気の関係
早寝、早起き、朝ご飯の大切さを体の仕組みと体のリズムの面から考えます。より良い食生活からの病気の予防について考えます。
給食経営
管理論
美味しい給食ができるまで 学校や事業所、病院などの給食施設において、美味しくバランスのとれた食事を計画し提供できるようになるには、どんなことを身につける必要があるのかについて考えます。
食品学
パルメザンチーズは誰のもの? 原産地名称保護制度という言葉を聞いたことがあるでしょうか。AOCとかPDOというラベルの付いたワインやチーズを見たことはありますか。 食品の歴史と経済連携協定に代表される貿易交渉の関わりを考えてみましょう。
応用菌学 乳酸菌ってなんだろう? 微生物分類学では「乳酸菌」という名称はありません。乳酸菌は私たちの食生活と密接に関わっている微生物であるためです。身の回りにある乳酸菌に関わりの深い発酵食品について一緒に学んでみましょう。
栄養教育 食育の実践/
望ましい食生活とは
健康に生活していくためには、どのような食事をすればよいのか、自分でできることをみつける方法を解説します。わかったことを実行し、継続していくことの大切さを考えます。
公衆栄養学 日本とアメリカの健康と食の歴史から健康を考える 健康と食生活に関連する歴史的な展開を絵巻物や写真で振りかえり、予防医学先進国の我が国の大きな流れを紹介するとともに、食事と運動が如何に私たちの健康の基本であるかを解説し、考えて頂きます。
応用栄養学 心がけたい食べ方のコツ/
減塩の工夫/
何をどれだけ食べたら良い?
健康長寿でいるためには、毎日の食生活を見直して、良い食習慣を身に着けることが大切です。そのためには、どのようなことに注意すべきか、また、日本食がヘルシーと言われる理由についても解説します。
基礎栄養学 食塩について 食塩は私たちの身体にとって重要な役割を果たしています。しかし、摂取が過剰になると生活習慣病などの原因にもなります。自分や周りの人の食生活を見直すきっかけにしましょう。
運動栄養学 運動選手の食事と栄養 運動選手のコンディション管理やパフォーマンス向上には食事が大きく影響しています。運動摂取にとって食事がなぜ重要なのか、実際の食事の写真などを用いて解説します。
家政福祉学科 被服構成学 衣生活を科学する 毎日、何気なく着ている衣服を一緒にじっくり観察し、サイズ選びや着脱や着装時の動きやすさ、着心地について解説します。
家族関係学 家族の「いま」と「これから」 これまで多くの人にとって家族は「あって当たり前」の空気のような存在でした。家族の個人化、非婚化、晩婚化、グローバル化は、家族の「かたち」と「つながり」をどのように変えているかを考えます。
食品学 食品学の中の茶の世界 生活に安らぎの時間を与えてくれる茶には、たくさんの種類があります。茶ができるまでの過程や茶に含まれる成分について、食品学の視点から解説していきます。さまざまな茶を探訪してみましょう。
調理学 お料理上手への近道!おいしさの秘密を知ろう! どうすればパンはふっくらと膨らむのかな?肉汁たっぷりのおいしいハンバーグを作るにはどうしたらいいのかな?食べ物の「おいしさ」にはその理由があり,それを知ることがお料理上手への近道です。いつもとちょっと視点を変えて料理を眺めてみましょう。
調理学
保育学
離乳期の子どもが楽しく食べるために 子どもが安心して楽しく食べることができるようにするためには、どのような配慮が必要でしょうか?離乳期の子どもに焦点を当てて解説します。
保育学 赤ちゃんと遊ぼう!-絵本・手遊びの魅力- 赤ちゃんは字が読めませんし言葉も話せません。しかし、絵本や手遊びを楽しむ力をもっているのです。赤ちゃんがどのように絵本や手遊びを楽しみ、その中で、どのような力が育まれていくかを考えます。
保育学 保育における絵本・紙芝居の世界 保育現場において、子どもが絵本や紙芝居等の教材を通して、どのような世界を味わっているか解説します。また、これらの教材が子どもの育ちにとってどのような影響があるかについて考えていきます。
舞踊学 こどもと踊りの文化―こころとからだでつながる世界 こどもたちは、ノンバーバル・コミュニケーションである「踊り」「ダンス」を通して、何を体験するのでしょう?世界の多彩な舞踊文化を「こども」の視点でとらえることで、共生社会について考えます。
家族心理学 家族の発達と親子関係の心理 子どもの年齢によって親子の関係は変化し、子どもは次第に親から自立して大人になっていきます。この講義では個人と家族の発達、親子関係の変化について心理学の理論から考えていきます。
子ども家庭福祉 子どもの居場所 こども食堂やプレーパークなどいわゆる子どもの居場所づくりが全国で多く展開されています。子どもたちや子育て家庭にとってのこうしたサードプレイスの必要性や作り方について一緒に考えていきます。
社会福祉学 社会福祉について 社会福祉とは何でしょうか?こうたずねられてうまく答えられる人はとても少ないでしょう。それもそのはず、社会福祉とは何かを学問的に検討すると、複雑で、簡単ではないのです。この講義では、社会福祉というものについて解説します。
社会福祉学 福祉のお仕事・社会福祉士とは? 国家資格社会福祉士の仕事について講義します。社会福祉士が行っている相談援助とは、どんな仕事をどんな場所でしているのでしょうか?その資格に必要な知識はどのようなもので、なんのための必要なのでしょうか? 身近なニュースを取り上げながら、社会福祉士の仕事について考えます。
社会福祉学 障害者の支援を考える 障害者の実際の生活等を映像でみることで、障害者を取り巻く環境を考え、障害者にどのような支援があったらよいのかを一緒に考えます。

看護学部

学科 分野 タイトル 講義内容
看護学科 母性看護学 今から始めよう健康な身体づくり 母性看護とは何か?妊婦さんのお腹の中の画像を見ながら、将来のために今から必要な身体づくりについて講義します。また、若年女性に起きている今の問題について(トピックス)も一緒に考えながら進めていきたいと思います。
母性看護学・助産 看護師、保健師、助産師とはどのような職業? 看護師、保健師、助産師はどのような職業なのか、違いや特徴を中心に看護の仕事について詳しくお話しします。
在宅看護学 地域の中で生活する人の 在宅ケアにおける看護師の役割 少子高齢多死社会に突入し、地域の中で生活する人の健康課題や介護問題への取組みが急がれています。在宅ケアにおける看護師の役割について紹介します。
母性看護学 看護職の多様な活動の場を考える 少子高齢社会が課題となっています。このような背景から、看護職の支援の場は多様化し、より専門性を発揮していかなければならない現状です。病院での看護職、自宅で療養する方への看護職、企業で働く看護職の役割について紹介します
精神看護学 「こころ」と「からだ」のリラクセーション 「こころ」と「からだ」をリラックスさせるためのリラクセーション法を一緒に体験しましょう。みなさんのストレスマネジメントにも活用できます!
老年看護学 老化と脳トレーニング 加齢にともない脳も老化していきますが、たとえ高齢になってもその人らしく生きていきたいものです。脳は使わないとどうなるのかを理解し、脳を活性化させ、認知症の予防・改善に効果がある脳トレーニングを紹介します。
小児看護学 子どもの事故予防と応急手当 子育て中には、「ヒヤリ」とか「ハッ」とすることがよくあります。どんな事故が起こりやすいのか知ることで予防につながります。また、そうした際の応急処置や対処方法を紹介します。(子どもの見え方、子どもの心臓マッサージなど)
小児看護学 ポーランドの子どもたちを救った話 第一次世界大戦後〈1920)、日本政府、日本赤十字社は、シベリアで孤児となった飢えや寒さに苦しむ子どもたち765名を救出し、保護しました。当時の日本ができ得る限りの総力を結集し、子どもたちを援助した内容が記録されています。この内容をお話しします。
公衆衛生看護学 保健師の役割 時代が大きく変容していく中、人々が抱える健康問題も多様化し複雑に変化しています。保健師とは、疾患を抱える方だけではなく、健康な人や自然災害など、地域社会全体に働きかけ支援をする仕事です。より詳しく保健師について紹介します。
基礎看護学 看護師を目指して~看護の教育システムとは~ 看護師になるための日本の看護教育システムについて説明します。また看護学部で何を学び看護師となるのか、そして看護師となってからの専門職業人としての(生涯)学習についても説明したいと思います。
基礎看護学 看護の原点-触れるケア 人に触れることは、コミュニケーションであり、手あてであること。触れることによって温もりや思いやりを伝えることができ、触れられることで不安や緊張、興奮が和らぐ、冷たい手足を温めることができる。このようなことが看護の原点であることをお話しします。
成人看護学 心臓病になったらどうしますか?~心臓と生活~ 心臓は全身に血液を送る機能を持っていて、人間が生きていく上でとても重要な臓器です。心臓の病気が生活に与える影響と心臓病の看護についてお話します。
成人看護学 がんになったらどうしますか?~がんの痛みに負けない~ 日本人の2人に1人は「がん」になる時代です。「がん」によって生じる「痛み」は私たちの活動や生活に影響を与えます。「がん」の「痛み」に負けないための看護についてお話します。
基礎看護学 看護技術の体験をして、 ちょっとプロ気分に。 ※女性の指先の感覚は男性よりも優れている?らしい。(脈拍を実際に感じ取ってみましょう!)
※献血(採血)する時の腕の血管って実際どうなっている?(ドローンに乗った気分で血管の上を飛んでみましょう!)
※気管に入った異物は左右どちらに入りやすい? (バーチャル気管支内視鏡で気管支内に入って確かめてみましょう!) ※AEDのパッドを貼る位置はどうして『右前胸部』と『左側胸部』なの?(MRI画像を輪切りにしてみれば!?)

受験生の方へ

卒業生の方へ

一般・地域の方へ

企業・研究者の方へ

寄付のお願い

facebook

twitter

LINE

YouTube