新谷 奈苗

新谷 奈苗

職名 教授
大学所属 看護学科
主な担当科目 ヘルスプロモーション・公衆衛生看護学概論・公衆衛生看護展開論(産業保健)

先生からのメッセージ

公衆衛生看護学は、看護という視点で広く地域をみつめ、そこに生活する様々な年代、ヘルスニーズをもつ人々を支援します。共に楽しみながら勉強していきましょう。

詳細情報

経歴(最終学歴・主な職歴) 広島大学大学院総合科学研究科博士後期課程 単位取得退学
高崎健康福祉大学大学院保健福祉学専攻 保健福祉学(論文博士)
広島県安芸郡府中町役場保健師
パナソニック・カーエレクトロニクス保健師
関西国際大学、奈良学園大学教授を経て現職
専門分野 公衆衛生看護学
現在の研究課題 働く人のこころの健康支援、乳がん患者の治療と就労の両立支援など主に「働く」をテーマに研究を行っている。
研究業績(主要3点) ・Influence on coping behavior by Job stressor cognition,
医療福祉情報行動科学研究 Vol.2 Page:51-60,2015.
・外来化学療法を受けている乳がん患者の仕事継続への困難,医療福祉情報行動科学誌(2),12-18頁,2017.
・介護のための教育学-教育心理をふまえた教育指導実践の手引き-,あいり出版,2017.
社会的活動 ヤクルト健康保険組合 保健師
日本サーモロジー学会 副理事長
日本産業看護学会 評議員
社会福祉法人秀楽会 しゅうらくえん 評議委員
産業保健と看護(株)メディカ出版 編集同人
趣味 料理・骨董品を観る
その他

研究者情報システム

教員一覧に戻る

受験生の方へ

卒業生の方へ

一般・地域の方へ

企業・研究者の方へ

寄付のお願い

facebook

twitter

LINE

YouTube