坪野 圭介

坪野 圭介

職名 助教
大学所属 英語コミュニケーション学科
主な担当科目 文芸翻訳、英米文学史基礎、英語演習

先生からのメッセージ

心を動かされるものをぜひ大事にしてください。なぜ自分の心が動いたのか知るためには、たくさん考えたり、読んだり、書いたりする必要があるでしょう。その過程をサポートしたいと思っています。

詳細情報

経歴(最終学歴・主な職歴) 東京大学人文社会系研究科博士課程 単位取得後満期退学
武蔵野大学非常勤講師
東京大学多文化共生・統合人間学プログラム特任研究員
専門分野 アメリカ文学・文化
現在の研究課題 ・ニューヨークを中心とした北米の都市文学・文化
・遊園地、摩天楼、電灯など都市の構造物の表象研究
研究業績(主要3点) 「『街の女マギー』における「見ること/見られること」――メロドラマ的空間としての19 世紀末バワリー」『Strata』27号(2013)
「機械装置に運ばれること――『シスター・キャリー』の身体運動」(『れにくさ』5号(2014))
「形式は機能に従う――詩人カール・サンドバーグと建築家ルイス・サリヴァンの摩天楼」『れにくさ』8号(2018)
趣味 音楽を聴く(時々つくる)こと、短歌を読む(時々つくる)こと
その他 訳書にマシュー・チョジック『マシューの見てきた世界』(ele-king、2019年)、ベン・ブラット『数字が明かす小説の秘密』(DU BOOKS、2018)、共訳書にエミリー・アプター『翻訳地帯』(慶應義塾出版会、2018年)、デイヴィッド・シールズ&シェーン・サレルノ『サリンジャー』(KADOKAWA、2015年)など。

研究者情報システム

教員一覧に戻る

受験生の方へ

卒業生の方へ

一般・地域の方へ

企業・研究者の方へ

寄付のお願い

facebook

twitter

LINE

YouTube