和洋女子大学|学部・学科|教員紹介|家政学部|塚本和子

塚本 和子

職名 教授
大学所属 服飾造形学科
主な担当科目 パターン設計法I・II、立体構成I・II・III 

先生からのメッセージ

自分が選んだ道を大いに楽しみ、好きなものをたくさん見つけてください。

詳細情報

経歴(最終学歴・主な職歴) 文化女子大学家政学部服装学科卒業
専門分野 被服構成学
現在の研究課題 18・19世紀のコルセットの着心地について
19世紀西洋婦人服のパターンと縫製技法について
明治・大正・昭和初期の婦人服のパターンと縫製技法について
研究業績(主要3点) バッスルドレスの着心地について 服飾文化学会 口頭発表 2005
クリノリン・ドレスの縫製技術―1860年代の実物資料より― 文化女子大学紀要第36集 2005
クリノリン・ドレス(1860年代)のスカートパターンの特徴 文化女子大学紀要第37集 2006
社会的活動 服飾文化学会会員 国際服飾学会会員 ファッションビジネス学会会員 日本人間工学会衣服人間工学部会会員
趣味 読書
その他  

研究者情報システム

教員一覧に戻る

受験生の方へ

卒業生の方へ

一般・地域の方へ

企業・研究者の方へ

寄付のお願い

facebook

twitter

LINE

YouTube