和洋女子大学|学部・学科|心理学科|学科ブログ

学科インフォメーション

心理学科

名前: shinrigaku 作成日: 2014/02/07 14:14
心理学科のブログ

投稿者: shinrigaku 投稿日: 2021/08/06 15:58
■専門・研究分野
専門は臨床心理学です。カウンセリングでは主に精神分析的心理療法を用いています。小・中・高等学校のスクールカウンセラーや大学の学生相談室のカウンセラーとして活動してきました。
塗り絵を心理療法のツールとして用いる方法について、「マンダラ塗り絵」という図案を用いて研究しています。マンダラ塗り絵は、円や多角形の図形が、3や4、5などのリズムを持って配置されている図案です。絵を描くのが苦手という人でも取り組みやすく、子どもから大人まで楽しむことができます。同じ図案でも人によって、また同じ人でも、その時々によって出来上がりが様々で、塗り終えた時のカタルシス効果もあり、心のセルフケアに有効なツールだと思っています。

■現在の道に進もうと決めたきっかけを教えてください
「心と体」について興味がありました。私は日頃、「嫌だな」「やりたくないな」と思うことでも、自分への挑戦だと思って頑張って取り組むようにしています。頑張って取り組んでみると、大抵、何とかなることが多いのですが、私の場合、極稀にですが頑張った後に蕁麻疹が出ることがあります。この蕁麻疹は、長期間、すごく頑張っていても出ないこともあれば、「嫌だな」と感じた瞬間にボッと出ることもあります。他にも、ストレスフルな状態が続くと「お腹が痛くなるのはなぜだろう」とか、つらい体験をした後「いつまでもその出来事にとらわれてしまうのはなぜだろう」などと、自分の「心と体」に対する好奇心が心理学を志す始まりだったように思います。

■趣味や、今、ハマっていることがあれば教えてください
マーブリングフルイドアートにハマっています。元々、絵を描くのは苦手で、基本的には、マニュアルや設計図があって、手順が分かっていて、どうなるのか結果の予測ができることの方が好きなのですが、マーブリングやフルイドアートは、コントロールすることが難しく、思ったように描くことはなかなかできません。偶然にできた模様を楽しんだり、作品から何かを受け取ったりたりすることに面白味を感じているのかもしれません。

■学生たちへメッセージ
私は、大学生活を2度経験しています。現役の大学生の時は日本史を勉強していました。第一志望の学科に行けなかったこともあり、学ぶことにあまり意欲的ではなく、とにかく単位を落とさないように勉強していただけでした。サークル活動や学園祭、一晩中遊んだり、バイトをしたりと、いろいろなことを経験し、学生生活を楽しみました。卒業後は、大学で学んだことを活かした職に就きましたが、自分で研究を続けるほどの魅力は感じてはいませんでした。
2度目の大学生活は、40代になってから。臨床心理学が学べる大学に入学しました。「知りたい」「学びたい」と思うことに直結している授業はとても興味深いものでしたし、何より学べることに喜びを感じていました。卒業後は、大学院に進学し、臨床心理士・公認心理師の資格を取得し、その資格を活かして心理的援助職に就き、研究も続けています。
2度の大学生活を経験して思うのは、大学生活は「自分は何者なのか」という問いに向き合い、「大切にしたい何か」を見つけるためにあるということです。私は1度目の大学生活でこれまで、そしてこれからも大切にしていきたいと思うものに出会うことができましたが、結婚・子育てなど、様々なライフイベントを経験した後、それだけでは不十分であることに気が付きました。私が「自分という存在」を再構築できたのは、2度目の大学での数年間があったからだと思っています。
もちろん、ほとんどの人は大学生活を経験するのは1度だけでしょうし、その時に出会えた「大切にしたい何か」が一生ものであるに越したことはありません。皆さんには、和洋女子大学で、それを見つける旅を大いに楽しんでもらいたいと思います。

心理学科の学びについてはこちらから
心理学科のチバテレ制作による学科紹介動画はこちらから
 
投稿者: shinrigaku 投稿日: 2021/08/06 11:31
人文学部には、日本文学文化学科、心理学科、こども発達学科の3つの学科があります。それぞれの学科の特色となる「免許・資格」を取りあげ、卒業後の進路や将来像について、シリーズでHPにて順次、紹介していきます。


【写真】現 心理学科の卒業生。銀行員として活躍しています

多くの学生たちが在学中にさまざまな免許や資格の取得をめざして学んでいます。そのような免許や資格を活かして他者の自立を支援するためには、自分自身が自立することが大切です。人文学部では、グローバル化や少子高齢化、人工知能などの技術革がみられる変化が激しい社会において、「多様性を尊重できる思いやりのある自立した女性」を育てることをめざしています。そのために学生一人ひとりの育ちに寄り添い、「免許・資格」の取得と各学科の専門的な学び、そして卒業後の進路とのつながりを充実させています。

<各学科・専攻でめざせる免許・資格>
日本文学文化学科 日本文学専攻でめざせる免許・資格
日本文学文化学科 書道専攻でめざせる免許・資格
日本文学文化学科 文化芸術専攻でめざせる免許・資格
心理学科でめざせる免許・資格
こども発達学科でめざせる免許・資格

日本文学文化学科、心理学科、こども発達学科の学科紹介動画はこちらから
チバテレ制作による学科紹介動画はこちらから
 

ブログ内検索

受験生の方へ

卒業生の方へ

一般・地域の方へ

企業・研究者の方へ

寄付のお願い

facebook

twitter

LINE

YouTube