和洋女子大学|学部・学科|心理学科|学科ブログ

学科インフォメーション

心理学科

名前: shinrigaku 作成日: 2016/04/19 16:48
オープンキャンパス

投稿者: shinrigaku 投稿日: 2017/08/25 15:16
8月19日、オープンキャンパスを開催しました。心理学類では、学類説明会や体験授業、心理テスト・心理学実験の体験の他、個別相談や在学生とのフリートークなどのプログラムを用意して、高校生や保護者の皆さんを迎えました。この日のテーマは「キャンパスライフについて知ろう」。オープンキャンパススタッフの在学生たちが、多くの高校生の皆さんとの会話を通して、心理学類の学びや自分たちのキャンパスライフを紹介しました。


【写真】池田幸恭准教授による学類説明会の様子


 【写真】内田雅人教授による体験授業の様子

心理学類の体験授業は内田雅人教授。「パブロフの犬」の実験でも有名な条件反射の実験を高校生の皆さんにも体験していただきました。授業では、条件反射実験で有名なパブロフとその研究内容についての説明後、実際に身近な例を用いて条件反射の説明がありました。そうして条件反射の実験を役割別に担当して実験をやってみました。参加した高校生からは、「条件反射(反応)が心理学と関係があるイメージがなかったのでおもしろかったです。」「実験を見せてくれたのでわかりやすかった。」「「パブロフの犬」という言葉は知っていたのですが、あまり具体的に知らなかったので、今回学んでみて、条件反射について、友人と試してみたいと考えました。」などの感想が寄せられました。

  
【写真右左】グリーンのTシャツを着用している在学生のオープンキャンパススタッフや先生方が高校生の皆さんからの質問や疑問にこたえます

次回のオープンキャンパスは9月24日(日)です。
テーマは「推薦入試について知ろう」です。予約不要・入退場自由ですので、どうぞお気軽にご参加ください。



Q:オープンキャンパスの体験授業にあった学習心理学以外に、心理学類ではどのような種類や分野の心理学が学べますか?
A:和洋女子大学の心理学類では、発達心理学・教育心理学・臨床心理学を中心に、心理学の広い分野を網羅したカリキュラム構成になっています。幅広い領域から心理学を学ぶことで、人間の心の複雑な構造や働きにアプローチします。
Q:心理学類で学ぶことによって、将来、どのような職業に有利なのかを知りたいです。主な就職先も教えてください。
A:心理学類で身につけられる心理学の考え方や研究方法は、心理の専門職以外にも、接客業や調査会社、その他の幅広い業種などで役立ちます。心理学類での専門的な学びは、人とのやり取りに求められるコミュニケーション能力、商品を購入する際の消費者心理の理解やデータ分析の仕事などにも活かすことができ、多くの卒業生たちが様々な分野で活躍しています。主な就職先は卒業生の就職状況をご覧ください。
Q:大学院に行く人はどれくらいいますか? 臨床心理士資格を取らずに、スクールカウンセラーになる方法はありますか?
A: 1学年につき、数名の学生が大学院をめざしているようです。現在、日本では臨床心理士の資格がないと学校や病院のカウンセラーにはなれない場合がほとんどですので、将来、カウンセラーをめざす方は大学院への進学も考慮しておく方が良いでしょう。
 
投稿者: shinrigaku 投稿日: 2017/08/10 15:25
8月19日(土)はオープンキャンパス! 心理学類では、説明会や体験授業・体験実習、心理テスト・心理学実験の体験の他、個別相談や在学生とのフリートークなどのプログラムを用意して、高校生の皆さんをお待ちしています。この日のテーマは「キャンパスライフについて知ろう」。心理学類の学生たちのキャンパスライフについては、教員をはじめ、在学生のオープンキャンパススタッフにお気軽に声をかけて聞いてみてください。

 
【写真】ドラゴンイリュージョンの説明をしてくださる、小沢哲史准教授。ドラゴンイリュージョンについて詳しく知りたい方は、心理学類の展示教室までお越しください

心理学類の体験授業は内田雅人教授。「パブロフの犬」の実験でも有名な条件反射の実験を高校生の皆さんにも体験していただきます。


オープンキャンパスの詳細はこちらから
心理学類の学びについてはこちらから
     
 

ブログ内検索

受験生の方へ

卒業生の方へ

一般・地域の方へ

企業・研究者の方へ

寄付のお願い

facebook

twitter

LINE

YouTube