和洋女子大学|学部・学科|心理学科|学科ブログ

学科インフォメーション

心理学科

名前: shinrigaku 作成日: 2014/02/07 14:14
心理学科のブログ

投稿者: shinrigaku 投稿日: 2021/05/24 13:24

心理学科の学び

心理学科では、発達、臨床、教育、学習、社会、産業にわたる心理学の幅広い分野を網羅したカリキュラムを備えています。人間の心の複雑な構造や動きにアプローチするべく、様々な領域から心理学を学んでいくことができます。人間関係の悩みを抱える人が増えたといわれる現代社会においては、心理学に基づいた問題解決能力を身につけた人材が求められています。また、「自分とは何者なのか」「自分はこれからどうなっていくのか」という重要な課題に取り組むためには、自分を客観的に見つめる視点が必要です。ストレスが多く、不透明な社会の中で、自分を見失わずに生きていくためにも心理学は役立ちます。

心理学科における「表現教育」の取り組み

幅広い心理学の分野の中から、今回は臨床心理学における「表現教育」に焦点を当てて、ご紹介します。臨床心理学の教育では心理学的支援のための理論やスキルを取り上げます。それらを身に着けるための体験学習を効果的に行うための施設として、臨床心理実習室が作られました。
臨床心理実習室は、子どもの心理療法を体験的に学ぶための「プレイルーム」、心理検査や心理療法(カウンセリング)を体験的に学ぶための「面接室1」「面接室2」、そしてこれらの部屋での体験学習を客観的に観察するための「観察室」からなっています。

 
【写真】プレイルーム

 
【写真左】プレイルームに設置されている箱庭
【写真右】観察室
 

【写真】面接室

学生たちはこれらの施設を使って、自分の体験を表現しながら、心理学的支援の実際について学んでいます。

 
【写真】観察室のモニタで面接室の様子を2方向から見ることができます

 
【写真】面接室の様子

また、心理学科では、学外の病院、児童相談所、発達支援センターなどの施設での学外実習も行っています。学生たちは、様々な領域の心理職の現場の方たちから心理の仕事の実際について、直接、お話を伺い、その仕事の内容について体験的に学んでいます。それらの学びの成果をプレゼンテーションという形で表現しています。
 
 
  
【写真】「臨床心理学基礎実習(心理実習I)」の学外実習体験 最終発表会の様子

地域社会とのつながり

心理学科では、2020年2月に臨床心理実習室の開室記念として、児童精神科医の齊藤万比古先生による特別講演会『自閉スペクトラム症(ASD)の心の育ちを支えるために』を開催しました。講演会では、ASDの子どもの心の育ちを支える関わり(あるいは交流)とは何かについてお話をしていただきました。当日は、心理学科の学生や教職員とともに、地域の方たちも多数、参加され、ともに学ぶという大変、貴重な機会となりました。

 
【写真】齊藤万比古先生による特別講演会の様子(2020年2月撮影)

心理学科に興味をお持ちの方へ

人文学部では、「表現教育」をテーマにした体験型のプログラムを企画しています。このプログラムでは、本学入試の総合型選抜などで活用できる「受講修了書」を発行します。心理学科では、6月20日(日)に臨床心理学における「表現教育」をテーマに体験授業を行います。
詳細と申込はこちらから

心理学科の学びについてはこちらから
心理学科の紹介動画を公開中! 動画はこちらから

ブログ内検索

受験生の方へ

卒業生の方へ

一般・地域の方へ

企業・研究者の方へ

寄付のお願い

facebook

twitter

LINE

YouTube