和洋女子大学|学部・学科|心理学科|学科ブログ

学科インフォメーション

心理学科

名前: shinrigaku 作成日: 2014/02/07 14:14
心理学類のブログ

投稿者: shinrigaku 投稿日: 2017/04/01 16:18
この3月に卒業した卒業生の、卒業前インタビューを紹介します。
 
板垣 成美さん
心理・社会学類 人間発達学専修 心理発達コース(現 心理学類 心理学専修)2017年3月卒業
就職先:株式会社千葉銀行
職種:特定総合職

■和洋女子大学を選んだきっかけ
高校生のとき、心理学か教育学で進路を迷っていた際に、和洋女子大学の心理・社会学類(現 心理学類)を先生に紹介してもらったことがきっかけで進学を希望しました。学びの内容の他にも、和洋女子大学の伝統があるところやキャンパスが綺麗なところに魅かれたのも入学を決めた理由のひとつです。

■大学の学びで印象に残っていること
私が好きだったのは「カウンセリングの実際」(担当:寺島瞳准教授)という授業でした。特に、実際の生活に通じるなと感じた瞬間は、授業内で行われるワークショップで「傾聴」や「共感」などを意識して自分のことを話したり、相手の話を聞いたりしていた時でした。この授業を履修してからは、ふだん何気なく友達と話しているときでも相槌や共感を意識するようになりました。

■和洋女子大学のここが好き!と思えること
学類の先生や友人、先輩・後輩など、人との距離が近く、すごく居心地が良くて、毎日通うのが楽しいところです。特に就職活動で悩んでいたときは、いろいろな人に相談して一緒に考えてもらい、内定をいただいた時には皆が一緒に喜んでくれました。そんな温かいところがとても好きです。

■大学時代に頑張ったこと
小学校6年生の時に少しの間、仙台に住んでいたことがきっかけで、大学に入学してからは東日本大震災後の東北ボランティア活動を中心に頑張ってきました。部活や学外では実際に現地へ行き、遺留品の捜索や語り部さんのお話を聞いてきました。また、東北の生産者の代わりに都内のイベントで東北の食物を販売するアルバイトも2年次から続けてきました。

■入社後の抱負など
私は株式会社千葉銀行の特定総合職で内定をいただきました。入行後は個人渉外に出たいと考えているので、まずは3年間、資格取得や基礎知識をしっかり学んでいきたいと思っています。

■将来の夢
私の将来の夢は「千葉県をより活性する」ことです。和洋女子大学に入ってから観光や食べ物を通して、千葉県の魅力をたくさん知りました。まだまだ分からないことばかりですが、銀行の役割を通して地域を活性化させ、「千葉県って良い県だよね。住むならあそこにしたいな」とたくさんの人々に思ってもらえたら嬉しいです。
 

ブログ内検索

受験生の方へ

卒業生の方へ

一般・地域の方へ

企業・研究者の方へ

寄付のお願い

facebook

twitter

LINE

YouTube