和洋女子大学|学部・学科|日本文学文化学科|学科ブログ

学科インフォメーション

日本文学文化学科

06 13

投稿者: nihonbungaku
2018/06/13 13:59

■専門・研究分野
『源氏物語』を中心とする平安朝文学を研究の対象とし、表現から物語を読み解いていくことを主な課題としています。その一方で、『源氏物語』の近現代における享受の諸相について考察し、『源氏物語』が1000年の時を超えて、今もなお、読み継がれているのはなぜなのかということを探っています。また、20年近く高等学校国語科教科書の編修委員を務めてきたこともあって、国語科教育における古典文学の問題についても考察を試みています。

■現在の道に進もうと決めたきっかけ
本を読むことがとにかく好きだったので、小さい頃からずっと「本に関わることを仕事にできたらいいなあ」と考えていました。小学校低学年の頃、ほんの少しの間、漫画家になりたくなったり、映画好きになった中学生の頃には、洋画の字幕翻訳の仕事をしてみたくなったり、ということもありましたが、高校・大学・大学院と進み、日本古典文学にどんどん興味を持って勉強しているうちに、結果的に現在に辿り着いた、というところです。



■学生たちへのメッセージ
好きなこと、好きなもの、好きな場所、好きな絵、好きな本……さまざまな「好きな何か」を見つけ、自分の「引き出し」を増やして、あなた自身のこれからの人生を豊かに彩っていってほしいと願っています。

6月19日(火)、吉井美弥子教授の研究発表会を和洋女子大学で開催します。
詳細はこちらから

吉井美弥子教授のプロフィールはこちらから
日本文学文化学科 日本文学専攻の学びについてはこちらから

Tags:

ブログ内検索

受験生の方へ

卒業生の方へ

一般・地域の方へ

企業・研究者の方へ

寄付のお願い

facebook

twitter

LINE

YouTube