和洋女子大学|学部・学科|日本文学文化学科|学科ブログ

学科インフォメーション

日本文学文化学科

06 15

投稿者: nihonbungaku
2020/06/15 13:16

日本文学文化学科の小澤京子准教授による論考「架空都市の地図を描く――地図と(しての)テクスト」が、青土社の雑誌『ユリイカ』2020年6月号(特集:地図の世界)に掲載されています。



モアの『ユートピア』やスウィフト『ガリヴァー旅行記』などの架空の紀行文と地図から始まって、ヴェルヌ『八十日間世界一周』にみる「地図から時刻表へ」、ビュトールの小説やピラネージの版画の「積層した時間の地図」、プルーストや萩原朔太郎やロブ=グリエの文学作品における「地図の喪失」、ブルーノ・シュルツの小説で描かれる「世界創造としての地図」など、文学と図像を横断しながら、場所について語ることと地図を描くことの重なり合いを論じたものです。
地図を眺めるのが好きな人も、地図を「読む」のが苦手な人も、Googleマップでの仮想旅行やIngress、ポケモンGo! といった地図と結びついたゲームに夢中な人も、ぜひ手にとってみてください。

日本文学文化学科の学びについてはこちらから
文化芸術専攻の学びについてはこちらから

Tags:

ブログ内検索

受験生の方へ

卒業生の方へ

一般・地域の方へ

企業・研究者の方へ

寄付のお願い

facebook

twitter

LINE

YouTube