和洋女子大学|学部・学科|日本文学文化学科|学科ブログ

学科インフォメーション

日本文学文化学科

07 25

投稿者: nihonbungaku
2019/07/25 12:21

日本文学文化学科の木村尚志准教授が、久保田淳氏監修、藤川功和氏、山本啓介氏、久保田淳氏との共著で『和歌文学大系38 続古今和歌集』(明治書院) を出版しました。


 
『続古今和歌集』は11番目の勅撰和歌集として、鎌倉時代中期に、後嵯峨上皇の下命により編纂されたものです。この時期は、前世紀の保元・平治の乱、治承・寿永の乱、そして直近の承久の乱と打ち続いた戦乱の時代が終わり、鎌倉幕府の執権政治を確立した北条氏と、後嵯峨上皇が手を結び、戦乱のない安定した政治が行われました。その中で文化が花開き、その精髄としての『続古今和歌集』は多様な歌風によって彩られています。

文化の中心が京都だけではなくなった時代の和歌が今後どう展開してゆくのか。そうした新しい時代の萌芽を感じさせてくれる歌集です。

日本文学文化学科の学びについてはこちらから

Tags:

ブログ内検索

受験生の方へ

卒業生の方へ

一般・地域の方へ

企業・研究者の方へ

寄付のお願い

facebook

twitter

LINE

YouTube