和洋女子大学|学部・学科|日本文学文化学科|学科ブログ

学科インフォメーション

日本文学文化学科

名前: nihonbungaku 作成日: 2017/07/29 12:45
日本文学専攻

投稿者: nihonbungaku 投稿日: 2021/08/16 13:50

国語科教員 一種免許状と進路について

日本文学文化学科日本文学専攻では、中学校教諭一種免許状(国語)、高等学校教諭一種免許状(国語)の免許の取得をめざすことができます。日本文学専攻では、教職教育支援センターと連携しながら、教員採用試験の合格率向上をめざしています。さらには、文学と言語を学ぶこと、言葉によって表現することの楽しさを、的確な方法論に則って伝えられる教員を養成すべく、カリキュラムに工夫を凝らしています。日本文学専攻には、上代から近現代までの文学、および日本語学の専門家が揃っていますから、国語科の教員に必要な知識を網羅的かつ体系的に、徹底して学ぶことができます。

日本文学専攻では、毎年、一定数の教員採用試験合格者と、私立校の専任教員(正規雇用)採用者を輩出しています。2019年度は、千葉県教育委員会に2名、私立高等学校に1名、合計3名が採用試験に合格しました。くわしくは、こちらの記事をご覧下さい。教員採用試験合格者の紹介(2020年1月)


【写真1】現 日本文学文化学科 日本文学専攻と書道専攻の卒業生。現在は国語科教諭として活躍しています(写真は在学時に撮影)
日本文学文化学科では、書道専攻の学生も国語科の教員免許を取得することができます。詳しくは、次回の書道専攻による記事をご覧ください。

また、日本文学専攻では例年、教職教育支援センターと連携しながら、教育実習の体験報告会を開催しています。教育実習を終えた4年生が、教員志望の下級生に体験報告とアドバイスを行います。上級生から直近の体験談や助言を聞き、また気軽に質問・相談できる機会が設けられていることは、教員をめざす学生にとって、実践的な学びと大きな励みになります。

国語科教員 専修免許状について

和洋女子大学大学院 人文科学研究科 日本文学専攻では、中学校教諭専修免許状(国語)、高等学校教諭専修免許状(国語)を取得することができます。専修免許状は、一種免許状を取得したうえで、大学院で所定の単位を修得し、修了することで取得できます。現在の教員採用試験において必要とされる免許状は、一種免許状がほとんどですが、高等学校を中心に、指導教科に関する専門的な知識や技能が求められる傾向にあります。人文科学研究科 日本文学専攻では、上代から近現代までの日本文学・日本語に関する研究を行うとともに、日々変化する教育現場において対応できる国語科の教員養成に取り組んでいます。


【写真2】専修免許状の取得をめざす大学院生たち

次回は、日本文学文化学科書道専攻でめざせる免許・資格を紹介します。こちらもぜひ、ご覧ください。

日本文学文化学科の学びはこちらから
日本文学文化学科のチバテレ制作による学科紹介動画はこちらから

ブログ内検索

受験生の方へ

卒業生の方へ

一般・地域の方へ

企業・研究者の方へ

寄付のお願い

facebook

twitter

LINE

YouTube