和洋女子大学|学部・学科|日本文学文化学科|学科ブログ

学科インフォメーション

日本文学文化学科

名前: nihonbungaku 作成日: 2014/02/06 16:49
日文ブログ

投稿者: nihonbungaku 投稿日: 2020/06/18 12:35
日本文学文化学類4年生※1(掲載当時は3年生)の佐藤奈央さんが執筆した書評が、書評専門紙『週刊読書人』第3330号(2020年3月6日)の「書評キャンパス」欄に掲載されました。ウェブ上の掲載はこちらから。

『週間読書人』本紙に掲載されるためには、編集担当者による査読があります。佐藤さんの書評は、見事にこの査読を突破して選ばれたというわけです。快挙ですね!

佐藤さんの書評は、小平麻衣子『夢みる教養:文系女性のための知的生き方史』(河出書房新社、2016年)を対象に、そこで論じられている「教養」と女性に課せられたジェンダー規範との歴史的な関係、さらには著者の問題意識を的確に理解したうえで、現在、私たち日本の女性が直面している問題や課題に敷衍し、自分自身で考えることへと繋げています。たいへん優れた書評です。

佐藤さんは、日本文学文化学科の演習科目「クリティカル・シンキング※2」(担当:小澤京子准教授)の課題「書評を書こう」を発展させ、自主的に『週刊読書人』に投稿しました。大学で学んだことを、「大学の教室の中」や「単位修得」だけで終わらせず、その外側に開いている社会へと向けて発信しようという姿勢も、とても素晴らしいですね。日本文学文化学科では、すでに存在している作品の享受と解釈はもちろんのこと、自ら創り出し、社会へと発信していく力を養うことも重視しています。

日本文学文化学科の学びについてはこちらから

※1:2018年4月より、和洋女子大学は学群・学類から学部・学科に名称変更しました。2017年度以前の入学者は「学類」、2018年度以降の入学者は「学科」所属となります。
※2:2019年度から発足した新カリキュラムの下では、「アカデミック・リーディング」という科目名で開講しています。
投稿者: nihonbungaku 投稿日: 2020/06/15 13:16
日本文学文化学科の小澤京子准教授による論考「架空都市の地図を描く――地図と(しての)テクスト」が、青土社の雑誌『ユリイカ』2020年6月号(特集:地図の世界)に掲載されています。



モアの『ユートピア』やスウィフト『ガリヴァー旅行記』などの架空の紀行文と地図から始まって、ヴェルヌ『八十日間世界一周』にみる「地図から時刻表へ」、ビュトールの小説やピラネージの版画の「積層した時間の地図」、プルーストや萩原朔太郎やロブ=グリエの文学作品における「地図の喪失」、ブルーノ・シュルツの小説で描かれる「世界創造としての地図」など、文学と図像を横断しながら、場所について語ることと地図を描くことの重なり合いを論じたものです。
地図を眺めるのが好きな人も、地図を「読む」のが苦手な人も、Googleマップでの仮想旅行やIngress、ポケモンGo! といった地図と結びついたゲームに夢中な人も、ぜひ手にとってみてください。

日本文学文化学科の学びについてはこちらから
文化芸術専攻の学びについてはこちらから
投稿者: nihonbungaku 投稿日: 2020/06/12 16:08
現在、和洋女子大学のYoutubeアカウントにて、全9学科の紹介動画を公開中!
YouTube

日本文学文化学科 動画

和洋女子大学 日本文学文化学科 学科紹介
和洋女子大学 日本文学文化学科 学生生活ヴァーチュアル体験!
和洋女子大学 日本文学文化学科 日文スタッフ(本学卒業生)からのメッセージ

日本文学文化学科の学びについてはこちらから
学科インフォメーション(ブログ)はこちらから

ブログ内検索

受験生の方へ

卒業生の方へ

一般・地域の方へ

企業・研究者の方へ

寄付のお願い

facebook

twitter

LINE

YouTube