和洋女子大学|学部・学科|日本文学文化学科|学科ブログ

学科インフォメーション

日本文学文化学科

名前: nihonbungaku 作成日: 2017/07/29 12:46
文化芸術専攻

投稿者: nihonbungaku 投稿日: 2019/08/30 11:20
去る7月31日、 日本文学文化学科 文化芸術専攻 と 進路支援センター が連携し、非常勤として「デザインアート」の科目をご担当いただいているグラフィック・デザイナーの二井美好先生を講師にお迎えして、デザイン・クリエイティヴ系の職種をめざす学生たちのために、就職活動用の「ポートフォリオ構成講座※」を開催しました。 (※「ポートフォリオ」とはデザイン・クリエイティヴ業界では、これまで自分が作成した作品をまとめた作品集を指して言う語です。就職活動や営業、コンペなどの際に、自己アピールのための参考資料として用いられます) 【写真】学生たちがこの講座で作成した作品の例(氏名、生年月日、メールアドレスは、架空のものになっています) 90分という限られた時間でしたが、11名の学生が集まり、PC教室で実際に描画ソフト(Adobe Illustrator)を操作しながら、ポートフォリオ作成の際の紙面構成や、文字と図版データの流し込みなどのノウハウを学びました。日本文学文化学科は「好きなことを極めたい」というモチベーションで入学する学生も多いのですが、その「好きなこと」を生きていくための仕事に繋げるには、的確な戦略とノウハウが必要になってきます。 二井先生はご自身で二井デザイン室を主宰され、日本を代表する企業をはじめ、様々なクライアントからの依頼を受け、グラフィック・デザインの第一線で活躍されてきた方です。長くデザインの世界に身を置かれてきたプロフェッショナルから、直接指導を受けられる「ポートフォリオ構成講座」は、テクニカルな方法論のみに留まらず、自分のアピールしたい点やこれまでの努力の蓄積を、どのような「デザイン」にすれば相手に効果的に伝わるのか、その勘所に触れる良い機会になりました。 【写真】学生たちがこの講座で作成した作品の例(氏名、生年月日、メールアドレスは、架空のものになっています) 講師の二井先生からは、「『意志あるところに道あり』。なかなか難しい業界ですが、『好きこそ物の上手なれ』です。ガンバってください」と、デザイン・クリエイティヴ系の仕事をめざす学生たちに向けたメッセージを頂戴しました。 和洋女子大学では、学科と進路支援センターが連携し、自分の好きなことや得意なことを大学での学びを通して職業的キャリアに繋げたいという学生たちに、実践的で ... 詳細...
投稿者: nihonbungaku 投稿日: 2019/08/08 14:30
2019年7月22日から26日にかけて、セルビアの首都ベオグラードで開催された 第21回国際美学会(The 21st International Congress of Aesthetics) に、 日本文学文化学科 の 小澤京子准教授 が参加し、発表を行いました。 *** ベオグラード大学建築学部が主催する今回の国際美学会では、「建築の哲学と美学(Philosophy and Aesthetics of Architecture)」がテーマのパネルも設けられ、私はそこで「Architectural Image as a Means of Classification, Heuristics and Design(分類、解釈、設計の手段としての建築の図的表現)」と題した発表を行いました。19世紀前半のフランスに生まれた建築をめぐる新たな発想を、図版の分析から明らかにしたもので、2019年3月刊行の大学紀要に掲載した 論文 の要点をまとめ直したものです。今回の国際美学会は発表者の数が非常に多く、私のパネルも2時間半のコマに9人の発表者という過密スケジュールで、十分に会場との質疑応答の時間が取れなかったのが心残りです。 【写真】当日の発表の様子   【写真】今回の会場となったベオグラード大学建築学部の建物とその玄関ホール。新古典主義の威風堂々たる建築でした。入り口の手前に見える黒い銅像は、発明家として名高いニコラ・テスラ。 セルビア(旧ユーゴスラヴィア)というと、とりわけ20世紀以降は紛争や政情不安定という印象の強かった国で、いったいどのような場所なのだろうか、と、出掛ける前は少し不安に思っていましたが、夏の盛りのベオグラードは街路樹や公園の緑が美しく、街並にも出会う人々にも質実で朴訥としたところがあり、穏やかで過ごしやすい街でした。   【写真左】ベオグラード大学建築学科で教鞭を取り、一時期はベオグラード市長も務めた建築家、ボグダン・ボグダノヴィッチによる、ファシズムの犠牲となったユダヤ人のためのモニュメント(1952年)。ボグダノヴィッチは旧ユーゴスラヴィアの各地に、不思議な形をした死者たちのための記念碑を残しています。 【写真右】コソヴォ紛争中の1999年に、NATO軍による空爆により破壊されたビル。現在でも廃墟のまま保存 ... 詳細...
投稿者: nihonbungaku 投稿日: 2019/06/11 10:40
毎年恒例の文化芸術専攻の新2年生向けガイダンス&親睦会を5月に行いました。当日の模様を紹介します。

日本文学文化学科は、1年次は「学科」に所属し、2年次からは「専攻」(※)に進みます。文化芸術専攻では、新たに文化芸術専攻へと進んだ新2年生向けに、専門課程の学びを深めてゆくため、また、教員や職員、先輩と、そして学生相互の親睦を図るためのガイダンス&親睦会を毎年開催しています。2年生向けの会ではありますが、今年も他学年や他専攻の学生も参加し、親睦を深めました。
(※)2019年度入学者より、各専攻に分かれるのは3年次から

今回は、現在、総務部で人事労務管理を中心に仕事をされている2016年度の卒業生と、求人広告等のデザイナーとして活躍されている2017年度の卒業生の、文化芸術の卒業生2名をゲストスピーカーにお招きして様々なお話を伺いました。


【写真】2016年度卒業生のお話の様子

2016年度卒業生からは、地方出身ならではの就職活動における苦労や悩み、現在、人事のお仕事をされている立場からの学生を見る目線、取得した博物館学芸員資格についてなどをお話ししていただきました。参加した学生にも地方出身者や博物館学芸員課程を履修している学生は多く、特に人事担当からの目線については大変興味深そうに、話に聞き入っていました。


【写真】2017年度卒業生のお話の様子

2017年度卒業生からは、大学入学から現在にいたるまでの学びや葛藤、4年次の教育実習について、就職活動で使用したポートフォリオについて、そして現在のデザインのお仕事についてなどをお話しいただきました。時折、参加した学生へクイズ形式で質問を投げかけたり、意見を募ったりと、大変和やかに進行していただきました。

その後の質疑応答でも、資格について、卒業制作・論文について、就職活動について、現在の仕事についてなど、今後の学生生活で参考になるお話をたくさん伺うことができました。在学中に交流のあった学生も多数、聴講しに来ており、とても和気藹々とした雰囲気のガイダンス&親睦会となりました。

文化芸術専攻の学びについてはこちらから
投稿者: nihonbungaku 投稿日: 2019/05/30 12:43
5月18日・19日に開催された国際会議、 フンボルト・コレーク東京2019 に参加した 小澤京子准教授 が、当日の様子をレポートしてくれました。 *** 今回のフンボルト・コレーク東京は、ドイツにあるマックス・プランク経験美学研究所が中心となり、「神経系人文学と経験美学」をテーマに開催されました。フンボルト・コレークとは、ドイツ政府系学術機関であるアレクサンダー・フォン・フンボルト財団が、財団と繋がりの深い研究者に提供する学術会議開催資金援助プログラムです。イメージ研究を手がける日本の若手研究者にも積極的に発表してほしいという財団側の意向があり、ドイツは専門外の私も登壇することとなりました。 【写真】登壇者全員と一部のフンボルト元奨学生で記念撮影。 私は2日目の午前中のパネル3「神経系イメージ学の概念に向けて」にて、「建築における「性格」概念と不可解なもの:18世紀フランスの建築論から」と題した発表を行いました。フンボルト・コレークはドイツ語圏の研究者が主流派なので、自分とは異なる視点や専門領域から、有用なコメントやアドバイスを頂くことができ、またとない充実した機会になりました。   【写真左】左から司会の田中純氏(東京大学)、発表者の森元庸介氏(東京大学)、杉山卓史氏(京都大学)、小澤。パネル3は日曜朝9時開始であったにもかかわらず、多くの参加者が集まりました。 【写真右】今回の発表では、このような18世紀フランスの建築図面における、もこもこもけもけとした、不定形で不可解なものに焦点を当てました(図版出典:Gllica. ark:/12148/btv1b7703100v)。 2日間、朝から夜のレセプションまで続いた今回のフンボルト・コレークは、実験や統計に基づくアプローチと、「伝統的」な人文学(哲学、美学、美術史、文学)が出会い、交わる場でした。例えば詩的言語の音楽性や抽象絵画における色彩と構成など、これまで文学や芸術学の分野で思考されてきたことが、実験に基づく統計データで再確認されるような発表も多く、人文学という、人間とともに古くからある学知の営みが、新たな局面を迎えていることを実感できる機会でもありました。 大学での学部生向けの授業が、学知の広大な海を前にして、まずは波打ち際で波と戯れてみることだとするならば、世界中に広が ... 詳細...
投稿者: nihonbungaku 投稿日: 2019/03/30 10:32



文化芸術専修(現文化芸術専攻)学生作品展「第10回 First Step」を開催いたします。

着彩デッサン、油彩、陶芸、テンペラ、デジタル作品など、2018年度の授業で制作いたしました学生たちの作品を展示いたします。
☆本作品展は、博物館学芸員課程を履修している文化芸術専攻の学生が中心となり、展示設営を行いました。
 
場 所 :和洋女子大学 東館17階 文化資料館 
会 期 :4月3日(水)~5月20日(月)
開場時間:10時~16時30分
★入館無料


アクセスや利用方法詳細は、文化資料館のページをご覧ください。
 
<お問い合わせ>
文化芸術オフィス(人文学研究室)
tel:047-371-1357 (9時~17時)

文化芸術専攻の学びについてはこちら
文化芸術専攻Twitter
投稿者: nihonbungaku 投稿日: 2019/03/12 14:04
1月31日(木)より2月4日(月)まで、日本文学文化学類 文化芸術専修(現:日本文学文化学科 文化芸術専攻) 8期生の卒業制作展、「和洋女子大学 文化芸術専修 第8期生卒業制作展」を、市川市文化会館 展示室にて開催いたしました。お忙しい中足をお運びくださいました皆様はじめ、多くの方のご支援のおかげで、今年も無事会期を終えることができました。

 

本年度は油彩、デジタルといった平面作品。球体関節人形をはじめとした立体作品、コスチューム表現。絵本、ストーリーマンガなどといった、自由な表現の作品が揃いました。



ご来場いただきまして誠にありがとうございました。

昨年度の卒業制作展の模様はこちら
文化芸術専修の学びについてはこちら
文化芸術専攻Twitter
投稿者: nihonbungaku 投稿日: 2019/01/22 14:28
今年度も1月31日(木)より、日本文学文化学類 文化芸術専修 8期生(現:日本文学文化学科 文化芸術専攻)の卒業制作展を開催します。
(※2018年4月より、和洋女子大学は学群・学類から学部・学科に名称変更しました)



油絵などの絵画作品、球体関節人形などの立体作品、オリジナル衣装制作、マンガ・絵本など、今年度も個性あふれる多様な作品を展示いたします! 学生たちが4月から作り上げていった作品を是非ご覧ください。

場所:市川市文化会館 展示室 
会期:1月31日(木)~2月4日(月)
開場時間:1月31日(木)                13:00~18:00
               2月1日(金)~3日(日)      9:00~18:00
     2月4日(月)                    9:00~12:00
★入場無料

<会場までのアクセス>
○JR      本八幡駅南口より徒歩10分
○都営新宿線 本八幡駅A3出口より徒歩10分
○京成線     京成八幡駅より徒歩15分
○バス     行徳方面からの場合、本八幡駅行き「文化会館前」下車
詳しいアクセスは、市川市文化会館のホームページをご確認ください。
 
<お問い合わせ>
文化芸術オフィス(人文学研究室)
tel:047-371-1357 


文化芸術専攻の学びについてはこちら
文化芸術専攻Twitter
投稿者: nihonbungaku 投稿日: 2018/11/09 18:10
――――追記―――――
無事終了いたしました!ご来場いただきました皆さま、ありがとうございました!
学生による報告記事はこちらから。
ぜひご覧ください!
―――――――――――

文化芸術専攻の学生有志が、インターナショナルアートイベント デザインフェスタに出展します!




11月11(日) 11:00~19:00
東京ビッグサイト 西ホール
E-72,73,74 ブース


・授業紹介
 文化芸術の授業を学生がピックアップ!実際に受けた授業を学生視点でご紹介します!
・学生活動紹介
 産学連携等の学生の活躍をご紹介します!
・オリジナルグッズ販売
 ポストカード、しおり、ハンドメイドアクセサリーなどを中心に、個性豊かなオリジナルグッズを販売します!
・ポートフォリオ展示
 大学に入学してからの作品をまとめたポートフォリオです。ご自由にご覧ください!

などなど、他にも様々ご用意してお待ちしております。文化芸術専攻についてなど、気になることはお気軽に何でも聞いてください!

皆様のご来場をお待ちしております。

文化芸術専攻の学びについてはこちら
文化芸術専攻Twitter
投稿者: nihonbungaku 投稿日: 2018/07/09 10:56
毎年恒例の文化芸術専修の新2年生向けガイダンス&親睦会を5月に行いました。当日の模様をご紹介いたします。 日本文学文化学類( ※ 1)は、1年次は「学類( ※ 2)」に所属し、2年次からは「専修( ※ 3)」に進みます。文化芸術専修( ※ 4)では、新たに文化芸術専修へと進んだ新2年生向けに、専門課程の学びを深めてゆくため、また、教員や職員、先輩と、そして学生相互の親睦をはかるためのガイダンス&親睦会を毎年開催しています。2年生向けの会ではありますが、今年も他学年や他専修も参加し、親睦を深めました。 ( ※ 1) 現「日本文学文化学科」 ( ※ 2) 現「学科」 ( ※ 3) 現「専攻」 ( ※ 4) 現「文化芸術専攻」 ( ※ 2018年4月より、和洋女子大学は学群・学類から学部・学科に名称変更しました) 今年は、史学や資格科目の博物館学芸員課程の授業を担当されている文化芸術専攻の 小野真嗣助教 と、千葉県美術科教員採用試験に現役で合格した文化芸術の卒業生をお呼びして様々なお話をしていただきました。 博物館学芸員課程はあらゆる学科で目指すことができますが、中でも文化芸術専攻は専門教育科目に「博物館学」などが組み込まれており、目指しやすい資格になっています。そのため毎年人気の高い資格になっており、博物館学芸員を目指している先輩たちなども聴講しにいました。非常に倍率の高い博物館学芸員の仕事ですが、その道に進むための有意義なお話も聞くことができました。 また、和洋女子大学のある国府台は歴史の深い土地であり、その歴史について大変詳しくお話ししてくださいました。 (和洋女子大学17階にある 文化資料館 にて、国府台の歴史について触れることができます。) 教員採用試験に現役合格した6期生(2016年度卒)の文化芸術の卒業生は、現在千葉県内の公立中学校で美術教諭として活躍しています。先生の一日の仕事の流れや内容、在学中に行った教育実習、教員採用試験に向けて卒業制作との兼ね合いはどう行っていたのかなどの話をしてくださいました。現役の先生ならではのお話も聞くことができました。 その後に行われた質疑応答では、美術科教員を目指す学生や、卒業制作を考えている学生たちからの質問に対して、とても参考になるアドバイスを頂くことができました。在学中に交流のあ ... 詳細...
投稿者: nihonbungaku 投稿日: 2018/04/03 17:30


文化芸術専修(現文化芸術専攻)学生作品展「第9回 First Step」を開催いたします。

デッサン(木炭、メタルポイント)、油彩、陶芸、テンペラ、デジタル作品など、2017年度の授業で制作いたしました学生たちの作品を展示いたします。
☆本作品展は、博物館学芸員課程を履修している文化芸術専攻の学生が中心となり、展示設営を行いました。
 
場 所 :和洋女子大学 東館17階 文化資料館 
会 期 :4月4日(水)~5月14日(月)
開場時間:10時~16時30分
★入館無料

アクセスや利用方法詳細は、文化資料館のページをご覧ください。
 
<お問い合わせ>
文化芸術オフィス
tel:047-371-1357 (9時~17時)

文化芸術専攻の学びについてはこちら
1 2 3 4 >>

ブログ内検索

受験生の方へ

卒業生の方へ

一般・地域の方へ

企業・研究者の方へ

寄付のお願い

facebook

twitter

LINE

YouTube