和洋女子大学|学部・学科|日本文学文化学科|学科ブログ

学科インフォメーション

日本文学文化学科

名前: nihonbungaku 作成日: 2014/02/06 16:49
日文ブログ

投稿者: nihonbungaku 投稿日: 2019/12/10 15:38
9月初旬の3日間に亘って、佐倉セミナーハウスにて書道部の学生たちが夏合宿を行いました。書道部の夏合宿では、主に秋に開催される里見祭(大学祭)(今年度は11月2日・3日開催)での書作展に向けて、作品制作を行います。先生からの指導を受けながら、朝から晩まで、1日のほとんどの時間を制作に費やし、じっくりと自分と自分の作品に向き合う時間は、この合宿でしか体験できない貴重な時間となります。


【写真】合宿の風景。とにかく、ひらすら「書きます」

 


【写真】皆と一緒にいながらも静謐な時間が流れる、作品制作の様子

今年度の里見祭での書作展は半切・全紙1/2の漢字作品や仮名、調和体の作品を展示しました。書道部の書作展にご来場頂きました皆様、ありがとうございました。これからも部員一同、作品制作に邁進していきます!

書道部の学生は書道専攻の学生が多いですが、他学科の学生の参加も大歓迎です。書に興味のある方、好きな方、一緒に制作活動を通じて、書に没頭しましょう!

日本文学文化学科 書道専攻の学びはこちらから
投稿者: nihonbungaku 投稿日: 2019/12/06 13:13
毎年東京ビックサイトで行われる「インターナショナルアートイベントデザインフェスタ」に、今年11月17日も日本文学文化学科の文化芸術専攻が参加しました。日本文学文化学科文化芸術専攻二年生の日隅 朱音さんより報告レポートが届きましたのでご紹介いたします。
***

こんにちは。日本文学文化学科文化芸術専攻二年の日隅です。

毎年、文化芸術専攻はインターナショナルアートイベントデザインフェスタに参加しています。今年も11月17日に開催されたデザインフェスタVol.50に参加してきました!今年も20人もの学生有志が集まり、しおりやポストカード、アクセサリーなどの学生作品の販売や授業紹介の展示を行いました。


【写真】当日参加した学生たちで記念撮影


【写真】当日の準備も学生たちで行いました

今年も、和洋女子大学のブースにはたくさんの方々がお越しくださいました。お越しくださった方へ、和洋女子大学の授業内容や学生生活についてお話することもできました。和洋女子大学の魅力を発信することができたと思います。
また学生の作品をご覧になってくださった方の感想が聞けたりと、普段なかなか経験できない有意義な体験もできました。

 
【写真左】ポストカードやしおりを販売しました【写真右】大学の授業紹介の展示

お越しくださった方々をはじめ、今回の出展にあたって手伝ってくださった先生方や助手補の皆さま、ご協力本当にありがとうございました。

文化芸術専攻の学びについてはこちらから
文化芸術専攻Twitterはこちらから
投稿者: nihonbungaku 投稿日: 2019/12/04 10:28
書道専修3・4年生の必修科目である「書道特殊演習A(履修時期:3年次 必修科目)」と「書道特殊演習B(履修時期:3年次 必修科目)」を9月初旬の4日間に亘って、佐倉セミナーハウスにて実施しました。
2018年4月より、和洋女子大学は学群・学類から学部・学科に名称変更しました)

「書道特殊演習A」では、古典学習から創作へのステップとして「倣書」について学習していきます。様々な書体での倣書学習で、理解と表現の幅と技量を高めます。

   
【写真】3年生たちの授業「書道特殊演習A」の様子

「書道特殊演習B」では、古典に準拠した創作作品の創作を行います。この作品は卒業論文のテーマに合わせた作品の制作となり、4年生たちは雁鴻会書展(卒業制作展)で展示するメイン作品の創作に取り組みます。

 
【写真】伊藤妃美香さん(4年生)の作品選定の様子。一人ひとり、先生方に作品を見ていただきます


【写真】畑山久美子さん(4年生)の作品選定の様子


【写真】徃住くるみさん(4年生)の作品選定の様子

 
【写真左右】授業の様子。講義と創作が繰り返されます

 
【写真左右】学生たちの創作の様子。合宿中はひたすら書き続けます

日本文学文化学科 書道専攻の学びについてはこちらから
投稿者: nihonbungaku 投稿日: 2019/11/20 11:28
令和元年度の和洋女子大学 日本文学文化学会講演会は、相模女子大学の山田純准教授をお招きして、講演していただきました。「オマージュ文学としてみる『日本書紀』―成立一三〇〇年を記念して―」と題された講演は、『日本書紀』を古典文学作品として読解する方法を探る、大変、興味深いお話でした。


【写真】講演会の様子

山田先生は「オマージュ」について、現代のアニメ映画などの例を具体的に挙げながら、わかりやすく説明してくださり、学生たちも熱心に拝聴していました。

日本文学文化学科の学びについてはこちらから
投稿者: nihonbungaku 投稿日: 2019/11/12 9:47
――――追記―――――
無事終了いたしました!ご来場いただきました皆さま、ありがとうございました!
学生による報告記事はこちらです。
ぜひご覧ください!
―――――――――――

日本文学文化学科 文化芸術専攻の学生有志が、インターナショナルアートイベント デザインフェスタに出展します!

 

【日時】11月17日(日)11:00~19:00
【会場】東京ビッグサイト 西ホール E-235,236,237 ブース


・授業紹介
文化芸術の授業を学生がピックアップ!実際に受けた授業を学生視点でご紹介します!
・学生活動紹介
産学連携等の学生の活躍をご紹介します!
・オリジナルグッズ販売
しおり、ポストカード、イラスト、ステッカー、キーホルダー、アクセサリーなど、個性豊かなオリジナルグッズを販売します!
・ポートフォリオ展示
大学に入学してからの作品をまとめたポートフォリオです。ご自由にご覧ください!

他にも様々な企画をご用意してお待ちしています。文化芸術専攻の学びや和洋女子大学のことについてなど、気になることはお気軽に何でも聞いてください! 皆様のご来場をお待ちしております。

文化芸術専攻の学びについてはこちら
文化芸術専攻Twitter

【お問い合せ】和洋女子大学 文化芸術専攻 TEL:047-371-1357
投稿者: nihonbungaku 投稿日: 2019/11/12 9:44
4月7日~8月10日の期間、文化資料館企画展示『鴻台の書Ⅱ―和洋の書道を支えた助手補展―』を開催しました。今回の企画展は、書道準備室において助手補(助手)を担った方々が書の指導者として書作品制作に関してスキルアップした成果を示すことを目的に、その作品を一堂に展示し公開するものです。4月7日には開会記念式典、出品者によるギャラリートーク、記念祝賀会が執り行われ、有意義な懇親の場となりました。



 

 
【写真】4月7日の第1回ギャラリートークの様子

大好評につき、6月24日までを予定していた会期を延長し、8月10日まで開催することができました。また、会期初日から8月10日までに4304名の来場者にお越しいただき、出品者5名によるギャラリートーク(全3回)にもたくさんの方が足を運んでくれました。

ご来場ありがとうございました。

書道専攻の学びについてはこちらから
投稿者: nihonbungaku 投稿日: 2019/11/12 9:38
9月22日に開催したオープンキャンパス! オープンキャンパスの全体テーマが「推薦入試の準備をしよう」ということで、これから始まる推薦入試に向けて多くの高校生が来場してくださいました。


【写真】日本文学文化学科での学びと今後の入試について説明する佐藤淳一准教授
 
入試相談ブースには、たくさんの受験生が訪れ、推薦入試に向けて入念な準備をしていました。また、今回は日本文学文化学科の書道専攻・文化芸術専攻にて使用している教室を案内する「にちぶんツアー」も開催。オープンキャンパススタッフの学生たちは、学内の豆知識やおすすめのランチメニューなど、いろいろなことを高校生たちと話しながら教室を案内しました。

次回のオープンキャンパスは、11月23日(土)です
今年度、最後のオープンキャンパスです。午後からの開催となりますので、お時間をご確認の上、お越しください。スタッフ一同、心よりお待ちしております。

日本文学文化学科の学びについてはこちらから

日本文学文化学科には3つの専攻があります。
日本文学専攻
書道専攻
文化芸術専攻
投稿者: nihonbungaku 投稿日: 2019/11/07 10:37
令和元年度、和洋女子大学 日本文学文化学会講演会を相模女子大学の山田純准教授をお招きして開催します。タイトルは「オマージュ文学としてみる『日本書紀』―成立一三〇〇年を記念して―」。参加費は無料です。どうぞ、ご自由にご来聴ください。



日時  11月11日(月)午後2時40分~午後4時10分
会場  和洋女子大学東館5階 5-1教室
講師  相模女子大学 山田純准教授
演題  オマージュ文学としてみる『日本書紀』
            ―成立一三〇〇年を記念して―

【お問い合せ】和洋女子大学 日本文学文化学会 TEL:047-371-1465

投稿者: nihonbungaku 投稿日: 2019/11/05 14:21
10月初旬、お昼休みを利用して文化芸術専攻の3年生を対象に、「卒業論文」と所属ゼミについてのガイダンスを行いました。文化芸術専攻では「卒業論文」の単位として、研究論文と制作のいずれかを選択します。


【写真】「卒業論文・制作ゼミ調査ガイダンス」の様子

夏休み前に行ったゼミ希望の仮調査を経て、学生たちは今回のガイダンスで改めて専攻の教員からそれぞれのゼミ(表現芸術ゼミ(制作)、物質文化ゼミ、地域文化・博物館学ゼミ)の特色について説明を受けました。学生たちからの質問も活発で、自分が卒業研究でなにをやりたいのか、どのゼミに進みたいのかを具体的に考えることのできる、充実した時間になりました。

文化芸術専攻の卒業論文テーマ例と奨励賞受賞題目一覧
文化芸術専攻の学びについてはこちらから
投稿者: nihonbungaku 投稿日: 2019/11/01 16:24
本学の卒業生5名が「改組 新 第6回 日展 5科(書)」部門において、入選を果たしました。入選された方は以下のとおりです。

初入選
濵野 聡美さん(平成20年度日本文学科書道コース卒業)

塚原 楊華(美幸)さん(平成2年度国文学科卒業)入選5回目
丸山 桂華(恵子)さん(平成8年度国文学科卒業)入選3回目
武石 琳華(齊藤由香里)さん(平成10年度国文学科卒業)入選2回目
北村 祥慶(鈴子)さん(平成23年度リカレント修了生)入選2回目

作品は、国立新美術館(六本木)にて、令和元年11月1日(金)~令和元年11月24日(日)の期間、展示されます。
どうぞご覧下さい。

日展についての詳細はこちらから
書道専攻の学びについてはこちらから
1 2 3 4 5 6 7 8 9 >>

ブログ内検索

受験生の方へ

卒業生の方へ

一般・地域の方へ

企業・研究者の方へ

寄付のお願い

facebook

twitter

LINE

YouTube