和洋女子大学|学部・学科|日本文学文化学科|学科ブログ

学科インフォメーション

日本文学文化学科

名前: nihonbungaku 作成日: 2014/02/06 16:49
日文ブログ

投稿者: nihonbungaku 投稿日: 2019/08/30 11:20
去る7月31日、 日本文学文化学科 文化芸術専攻 と 進路支援センター が連携し、非常勤として「デザインアート」の科目をご担当いただいているグラフィック・デザイナーの二井美好先生を講師にお迎えして、デザイン・クリエイティヴ系の職種をめざす学生たちのために、就職活動用の「ポートフォリオ構成講座※」を開催しました。 (※「ポートフォリオ」とはデザイン・クリエイティヴ業界では、これまで自分が作成した作品をまとめた作品集を指して言う語です。就職活動や営業、コンペなどの際に、自己アピールのための参考資料として用いられます) 【写真】学生たちがこの講座で作成した作品の例(氏名、生年月日、メールアドレスは、架空のものになっています) 90分という限られた時間でしたが、11名の学生が集まり、PC教室で実際に描画ソフト(Adobe Illustrator)を操作しながら、ポートフォリオ作成の際の紙面構成や、文字と図版データの流し込みなどのノウハウを学びました。日本文学文化学科は「好きなことを極めたい」というモチベーションで入学する学生も多いのですが、その「好きなこと」を生きていくための仕事に繋げるには、的確な戦略とノウハウが必要になってきます。 二井先生はご自身で二井デザイン室を主宰され、日本を代表する企業をはじめ、様々なクライアントからの依頼を受け、グラフィック・デザインの第一線で活躍されてきた方です。長くデザインの世界に身を置かれてきたプロフェッショナルから、直接指導を受けられる「ポートフォリオ構成講座」は、テクニカルな方法論のみに留まらず、自分のアピールしたい点やこれまでの努力の蓄積を、どのような「デザイン」にすれば相手に効果的に伝わるのか、その勘所に触れる良い機会になりました。 【写真】学生たちがこの講座で作成した作品の例(氏名、生年月日、メールアドレスは、架空のものになっています) 講師の二井先生からは、「『意志あるところに道あり』。なかなか難しい業界ですが、『好きこそ物の上手なれ』です。ガンバってください」と、デザイン・クリエイティヴ系の仕事をめざす学生たちに向けたメッセージを頂戴しました。 和洋女子大学では、学科と進路支援センターが連携し、自分の好きなことや得意なことを大学での学びを通して職業的キャリアに繋げたいという学生たちに、実践的で ... 詳細...
投稿者: nihonbungaku 投稿日: 2019/08/22 14:16
7月28日、和洋女子大学ではオープンキャンパスを開催しました。「在学生と話そう! ~全体説明会で先輩の合格体験が聞ける~」というこの日のテーマに沿い、日本文学文化学科の学科説明会でも、本学科での学びについての説明の後、AO入試に合格して今年の春に入学した1年生が、AO入試への取り組み方についての話を高校生の皆さんにお伝えしました。


【写真】学科説明会で日本文学文化学科での学びについて説明する、吉井美弥子教授

日本文学専攻の体験授業として、佐藤勝明教授が「芭蕉連句の行間を読む」という講義を行いました。「連句とは何か」という丁寧な説明から始まって、連句がいかに読者の想像力によって読み解かれるものであるかを具体的に解き明かしていく興味深い授業でした。『源氏物語』に関する部分の解説では吉井美弥子教授も参加し、大学の普段の授業でも、なかなか見ることのできない、珍しい「コラボ授業」となりました。


【写真】体験授業で連句について講義する佐藤勝明教授。奥にいるのは「コラボ授業」に参加した吉井教授

文化芸術専攻では、中村威久水教授の「鳥獣人物戯画を写す」という体験授業を行いました。


【写真】絵巻物や鳥獣人物戯画について解説する中村威久水教授

高校生の皆さんに馴染み深いマンガや擬人化に繋がる絵巻物・鳥獣人物戯画について、中村教授が簡単に解説をした後、実際に筆と墨でうちわに好きなシーンを模写してみました。筆の運び、線の強弱や流れで、まったく違った表現になることを体験できる授業でした。日本文学文化学科の在学生の補助もあり、皆さん、素敵な作品を仕上げてくれました!

次回のオープンキャンパスは8月24日(土)です。
体験授業を行いますので、どうぞ、日本文学文化学科の学びを体験してみてください。

皆様のご来場を教員・在学生スタッフ一同、心よりお待ちしております!
投稿者: nihonbungaku 投稿日: 2019/08/21 10:17
8月28日(水)まで、イオンタウンユーカリが丘東街区1階H&M前広場で、日本文学文化学科の紹介展示を行っています。


【写真】展示の様子

現行の3専攻(日本文学専攻書道専攻文化芸術専攻)のカリキュラムは、令和元年度から新しいカリキュラムに移行しました。新しいカリキュラムでは、日本文学、書の世界、さまざまな文化や芸術、日本語表現(創作含む)などを学ぶために必要な基盤的な知識・方法を習得することを目標とし、その上で、専門的な学びを深めていくことをめざしています。

 
【写真左】貴重書の展示設営を行う佐藤淳一准教授
【写真右】貴重書展示の様子

新しい学びの内容や取得可能な資格の紹介、授業の様子などを、パネルや教材展示で紹介していますので、ぜひご覧ください!

また、8月24日(土)は、国府台キャンパスにてオープンキャンパスを開催します。
体験授業を行いますので、どうぞ、日本文学文化学科の学びを体験してみてください。
多くの高校生の皆さんの参加をお待ちしています!

投稿者: nihonbungaku 投稿日: 2019/08/08 14:30
2019年7月22日から26日にかけて、セルビアの首都ベオグラードで開催された 第21回国際美学会(The 21st International Congress of Aesthetics) に、 日本文学文化学科 の 小澤京子准教授 が参加し、発表を行いました。 *** ベオグラード大学建築学部が主催する今回の国際美学会では、「建築の哲学と美学(Philosophy and Aesthetics of Architecture)」がテーマのパネルも設けられ、私はそこで「Architectural Image as a Means of Classification, Heuristics and Design(分類、解釈、設計の手段としての建築の図的表現)」と題した発表を行いました。19世紀前半のフランスに生まれた建築をめぐる新たな発想を、図版の分析から明らかにしたもので、2019年3月刊行の大学紀要に掲載した 論文 の要点をまとめ直したものです。今回の国際美学会は発表者の数が非常に多く、私のパネルも2時間半のコマに9人の発表者という過密スケジュールで、十分に会場との質疑応答の時間が取れなかったのが心残りです。 【写真】当日の発表の様子   【写真】今回の会場となったベオグラード大学建築学部の建物とその玄関ホール。新古典主義の威風堂々たる建築でした。入り口の手前に見える黒い銅像は、発明家として名高いニコラ・テスラ。 セルビア(旧ユーゴスラヴィア)というと、とりわけ20世紀以降は紛争や政情不安定という印象の強かった国で、いったいどのような場所なのだろうか、と、出掛ける前は少し不安に思っていましたが、夏の盛りのベオグラードは街路樹や公園の緑が美しく、街並にも出会う人々にも質実で朴訥としたところがあり、穏やかで過ごしやすい街でした。   【写真左】ベオグラード大学建築学科で教鞭を取り、一時期はベオグラード市長も務めた建築家、ボグダン・ボグダノヴィッチによる、ファシズムの犠牲となったユダヤ人のためのモニュメント(1952年)。ボグダノヴィッチは旧ユーゴスラヴィアの各地に、不思議な形をした死者たちのための記念碑を残しています。 【写真右】コソヴォ紛争中の1999年に、NATO軍による空爆により破壊されたビル。現在でも廃墟のまま保存 ... 詳細...

ブログ内検索

受験生の方へ

卒業生の方へ

一般・地域の方へ

企業・研究者の方へ

寄付のお願い

facebook

twitter

LINE

YouTube