和洋女子大学|学部・学科|日本文学文化学科|学科ブログ

学科インフォメーション

日本文学文化学科

名前: nihonbungaku 作成日: 2014/02/06 16:49
日文ブログ

投稿者: nihonbungaku 投稿日: 2016/07/28 16:28
日本文学文化学類ではオープンキャンパスで、授業の内容や学生生活のこと、資格や就職のことなど、教員や在学生に何でも相談できる個別相談コーナーや、4つの専修ごとの特色を示した展示コーナー、難読漢字の読み方などにチャレンジする「にちぶんクイズ」などを実施しています。   【写真】日本文学文化学類の展示会場は西館1階の教室です。教員・学生スタッフ一同お待ちしています!   7月16日のオープンキャンパスでは、上記のイベントの他に、実際に学生が授業で使用している書道教室で、「隷書法」について学ぶ体験授業も実施。高校生とその保護者の方々、たくさんの方にご参加頂きました。次回、7月31日(日)のオープンキャンパスも間もなく開催です。7月31日には、日本文学をテーマにした体験授業を実施予定です。「ファンタジーの練習~物語で遊ぶ」と題して、3つの結末が用意された物語を読み、どの結末が一番良いかを考えてみるというもの。担当は 梅山聡助教 。実施時間は11時20分から12時10分までです。   書道専修の展示コーナーには、卒業論文や特殊演習、めざせる資格の資料などがずらり。   書道専修の学生が手にしているのは、「雁鴻会書道展」のパンフレット。 雁鴻会書道展とは、和洋女子大学ならではの卒業制作展です。各自の卒業論文にちなんだ大作をメインに、隷書や篆刻など全ジャンルの古典を背景とした作品(卒業制作)を個展形式で展示。会場の確保から表具、案内状作成、作品搬入、陳列まで、展覧会に関わる全ての作業を学生自身が行い、在住地または出身地で個展を開催するという、全国でも珍しいユニークな卒業制作展です。この書道展のパンフレットをはじめ、様々な資料を展示しており、自由に手にとってご覧頂く事ができます。   【写真左】展示コーナーでは、作品展示のほか、施設紹介や、中国で行われる書道専修の必修科目「書道研修」の資料なども。 【写真右】卒業論文。書道研修では、卒業論文を全編毛筆でしたためる学生もいます。 次回、7月31日(土)のオープンキャンパスでは、日本文学文化学類で取得できる資格や、就職状況などについて詳し ... 詳細...

ブログ内検索

受験生の方へ

卒業生の方へ

一般・地域の方へ

企業・研究者の方へ

寄付のお願い

facebook

twitter

LINE

YouTube