和洋女子大学|学部・学科|日本文学文化学科|文化芸術専攻|研究室・ゼミ一覧

研究室・ゼミ一覧

日本文学文化学科

井上 清徳

井上 清徳 研究室
中国書道史の研究室です。書体(篆書・隷書・草書・行書・楷書)と書風の変遷を中核として古名跡や作家について探り、実技と理論の両面から、三千年の歴史を持つ書の研究を深めます。

岩下 裕一

岩下 裕一 研究室
日本語を対象とする研究室です。その変遷や地域差、ことばから受ける感動等も扱います。構造上の特色や外国からの影響等の知識に基づき、各時代の文献を読む力をつけます。

岡本 文子

岡本 文子 研究室
近現代(明治以降)の文学作品を研究対象とします。作家論と作品論の違い、実地踏査・資料検索・作品分析等の方法を会得しつつ、芥川や賢治らがあなたと関わることを実感してください。

木村 尚志

木村 尚志 研究室
中世文学、特に和歌・連歌・能について学びます。「読める」ようになること、つまり知識を縦横に活用し、深く読解できるようになることは、文学研究の醍醐味であると同時に、実社会を生き抜く力にもなると信じています。

駒見 和夫

駒見 和夫 研究室
日本考古学(主として歴史考古学)の研究室です。遺跡や遺物を対象とする考古学の研究成果をもとに、古代の文化や芸術について考え、また、それらと現代文化をつなぐ博物館の機能や技術も検討します。

佐藤 勝明

佐藤 勝明 研究室
近世(江戸時代)の文学作品を主として対象とする研究室です。芭蕉・蕪村らの俳諧、西鶴・秋成・馬琴らの小説類、歌舞伎・浄瑠璃・落語等、多彩な文学世界の扉をたたいてください。中世と近世のつながりについても扱います。

佐藤 淳一

佐藤 淳一 研究室
日本語の表現を考えていく研究室です。主な研究の対象は近代や現代の文学のことばです。感動的なことばとの出合いをより深くとらえ返すにはどうすればいいのか、探求していきます。

中村 威久水

中村 威久水 研究室
油彩による作品制作が中心となりますが、卵をメデュウムにしたテンペラ画やアクリル絵具による描画技法など、さまざまな技法を習得します。また、卒業制作は、F80 号以上の大作に挑戦します。

三澤 成博

三澤 成博 研究室
日本語を対象とする研究室です。発音・表記・文法・語彙・方言など、日本語の問題は何でもOK。なぜそうなるのかを1つずつ確かめながら、じっくりゆっくり考えていきます。

湯澤 聡

湯澤 聡 研究室
日本書道史の研究室です。漢字を利用したことに始まる、日本の文字と書の歴史についてみていきます。また、平安時代の仮名古筆を中心に日本の書の表現と技法について考え、現代の仮名書表現についても研究を深めていきます。

受験生の方へ

卒業生の方へ

一般・地域の方へ

企業・研究者の方へ

寄付のお願い

facebook

twitter

LINE

YouTube