和洋女子大学|学部・学科|国際学科|学科ブログ

学科インフォメーション

国際学科

12 10

投稿者: kokusai
2019/12/10 14:43

11月10日、東京都葛飾区の青戸にて第2回「まちあそび人生ゲームIN葛飾(リアル人生ゲーム)」というイベントが去年に続いて開催されました。このイベントは、公園をスタートして、商店街の店舗などを人生ゲームのマス目に見立てて、ルーレットを回しながらマス目を進み、マス目ごとにおカネに見立てた「○○万宝」をもらったり、支払ったりして、ゴールに着いた時に集まった金額の多さを競うゲームです。

このイベントに、和洋女子大学の国際学科1年生を中心に、有志40名余りがボランティアとして参加しました。和洋女子大学は千葉県市川市にありますが、葛飾区青戸とは距離が近く、ご縁があって去年から、このイベントに参加・協力しています。

 
【写真左】マス目の文章の一例 【写真右】イベント会場の受付の様子

まず、イベント当日までの準備段階で学生たちは人生ゲームのマス目の文章を考えました。そして、イベント当日は受付で参加者たちに「給料袋」などのアイテムを配布するスタッフとしても働きました。当日の参加者は1万人! 家族連れも多く、「たくさん宝をとるぞ!」と参加した子どもたちもリアル人生ゲームに大はしゃぎ。当日は天気も良く、青戸の街は大混雑! その他にも、大勢のボランティアスタッフへの弁当配布や、ゴール地点で獲得した所持金の計算を手伝う仕事を担当しました。

 
【写真左】弁当配付の様子 【写真右】参加者の所持金計算をする学生たち

人生ゲームのマス目を全部回ると所持金が追加されるインスタスポットのチェックも担当しました。TOKYO MXの取材もありました。

 
【写真左】TOKYO MXの取材に緊張気味の学生たち
【写真右】こちらがインスタポイント!


【写真】青戸商店会連合会の加藤会長より、イベントの説明を受ける学生たち。学生たちが着用しているピンクのベストは、和洋女子大学のボランティアチーム「わよボラ」のビブスです

和洋女子大学の学生たち以外にも、青戸に支店がある銀行や信用金庫の職員、地元の中学生や高校生など、多くのボランティアの人たちが参加して、イベントをサポートしました。


【写真】一日、お疲れ様でした! 学生たちにとって、いい経験になりました


【写真】当日のスタッフカード

TOKYO MXでも取り上げられた当日の様子はこちらから
国際学科の学びについてはこちらから

Tags:

ブログ内検索

受験生の方へ

卒業生の方へ

一般・地域の方へ

企業・研究者の方へ

寄付のお願い

facebook

twitter

LINE

YouTube