和洋女子大学|学部・学科|国際学科|学科ブログ

国際学科インフォメーション

国際学科

11 26

投稿者: kokusai
2019/11/26 15:38

9月より国際学科の学生たちが「海外セミナー(中期・長期留学プログラム)」という科目を利用して、アメリカのポートランド州立大学へ語学留学に行っています。今回は、国際社会専攻2年生の岡村萌奈さんからのポートランドでの留学生活がリアルに伝わる素敵なレポートを紹介します。


【写真】最近、ポートランドに引っ越してしまった小さい頃からの友達(左)と嬉しい再会!

 
【写真左】クラスメイトたちと。一番左が岡村さん 【写真右】教室での授業の様子

■留学3カ月目、以前の自分と比較して語学力や考え方など自分に変化は出てきた?
 

留学生活も3カ月目に差し掛かりました。自分の語学力が進歩しているのか明確にはわかりませんが、言いたいことが徐々に英語で言えるようになってきているなと思う瞬間は増えました。例えば、友達に遊びに行く場所を提案する時、留学の最初の頃は何というかわからずに戸惑っていることが多くありました。でも最近は、授業で習った表現の“Shall we go to~?”や”Let’s go~?”を使用して、友達を積極的に誘えるようになりました。また、私には小さい頃に同じマンションに住んでいて、数年前にポートランドに引っ越してしまった友達がいます。先日のお休みに、その友達とポートランドで久しぶりに再会し、彼女のご両親も一緒に日本料理屋に行きました。数年ぶりに会った友達は素敵な女性に成長していて、とても驚きました。そして、そんな友達と話していて、もっともっと自分も頑張らなければ! と思いました。


【写真】クラスメイトたちとの食事の様子

また、留学前の自分と比べてみると、よりアクティブに活動的になってきていると感じます。最初の頃は、ホストファミリーがどこかに連れて行ってくれることを期待して家で待機。けれど、私のホストファミリーは高齢のためか、休日にあまり沢山の場所へ連れて行ってもらえず……。何も言えずにそのままずっと家にいる、ということが多かったです。でも、今は自分から友達を誘って外出することも増えて、学校近くのスーパーマーケットや本屋に気軽に行けるようになりました。

 
【写真左】世界一、大きいとされる本屋さん  【写真右】お気に入りスポットの図書館

■休日はどんな風に過ごしてる?今ハマっていることは?

私のホストファミリーは高齢の方で、なかなかアクティブに外へ連れていってもらえる機会がありません。最近は、同じホームステイ先に住んでいるサウジアラビアからの留学生の友達と遊びに行くことが多いです。この間は、彼と一緒にステッカー探しの旅に出かけました。ポートランド州立大学の学生たちは、自分の水筒の目印としていろいろなステッカーを水筒に貼っていることが多く、私もそれに憧れて、最近、いろいろな場所でポートランドのステッカーを集めています。この日も、いろいろなステッカーをゲットできました。

 
【写真左】よく一緒に出かけるサウジアラビア人の友達  【写真右】ハマっているステッカーコレクションの一部

■留学が終わる頃には、どんな自分になっていたい?

とにかく、留学が終わる頃には今よりもさらに語学力を上げたいです。私のホストファミリーは、私に対してはとても分かりやすい英語を使って話してくれるので、ちゃんと返答することができます。けれど、他の留学生とホストファミリーが会話していると、とても話すスピードが速く、聞き取るだけでもやっとということが多いです。なので、私の語学力の最終目標はホストファミリーと、他の留学生と同等のスピードで内容を理解しながら話すことができて、さらには自分の考えを伝えられるようになること!
また性格面では、自分自身がより積極的な人間になり、社会に出た時に自分の考えをちゃんと持てるようになりたいです。そのためには、まずはこの留学生活で、より様々な国の方々に出会い、様々な文化や体験を共有し、その中で自分の考えをしっかり持てるように成長したいと思っています。

****
留学中は、毎月一人ずつ、現地での学びや生活の様子をレポートしてくれますので、どうぞ、お楽しみに!

海外留学・研修 経験者のインタビュー記事はこちらから
国際学科の学びについてはこちらから
 
※2020年4月、国際学科は国際学部として新たに開設されます

Tags:

ブログ内検索

受験生の方へ

卒業生の方へ

一般・地域の方へ

企業・研究者の方へ

寄付のお願い

facebook

twitter

LINE

YouTube