和洋女子大学|学部・学科|家政福祉学科|家政福祉学専攻|研究室・ゼミ一覧

研究室・ゼミ一覧

家政福祉学科

池谷 真梨子

池谷 真梨子 研究室
保育所における乳幼児への適切な食事提供・援助のあり方を研究テーマとしています。保育所に通う乳幼児が増加している中、保育所に通う乳幼児の食支援についての科学的根拠を構築したいと考えています。ゼミでは各自が関心のあるテーマで研究を進めています。

大石 恭子

大石 恭子 研究室
食べ物の“おいしさ”を科学的に追求しています。さまざまな手法を用いて食品および調理を客観的に分析し、おいしさに潜む普遍性を見出すのが目標です。また、おいしさの背景にある文化的要因も探っていきたいと思っています。

大沼 良子

大沼 良子 研究室
ゼミでは、子どもや保育をめぐる問題について、各自のテーマを選定し、文献研究・調査などを通して各自の研究関心を探究します。

岡本 秀明

岡本 秀明 研究室
わが国で誰もが、人間として望ましい最低限度の生活を送ることができる社会、生活上の社会的なニーズに適切に対応できる・対応される社会を実現するにはどのようにすればよいのか。この問いに向き合い、社会福祉の研究を行います。

岡本 由希

岡本 由希 研究室
食品を加工するとさまざまな変化が起こります。その変化を、光を使った非破壊計測法で測定しています。体脂肪計で身体の脂肪量がわかるように、食品内部の様子を推定します。環境にやさしい測定法の確立をめざしています。

佐藤 宏子

佐藤 宏子 研究室
少子高齢化、格差の拡大、グローバル化などの影響を受けて、個人、家族、ライフスタイル、生活意識などが、どのように揺れ動き、変化しているかを研究しています。ゼミでは各自の研究関心にもとづいて、文献研究、調査、フィールドワークを行って卒論を完成させます。

佐藤 有香

佐藤 有香 研究室
保育者の役割や専門性とはどのようなものでしょうか。保育者が目の前のこどもの姿から、どのようにその心情や在り様を理解していくか「こども理解」の視点や変容について研究しています。ゼミでは、「こども」をキーワードに各自関心のあるテーマについて、調査、フィールドワーク、観察等の様々な手法から研究を進めていきます。

柴田 優子

柴田 優子 研究室
大量にある既製服の中から自分に合うものを購入し、それを着て過ごし、脱いで洗濯をしています。何気なく行っているこの衣生活でも科学的視点をもって研究すると新たな発見があります。また家庭科教育分野についても研究をしています。

庄司 妃佐

庄司 妃佐 研究室
ソーシャルワーカーや相談員等の対人援助職をめざす学生に必要な資質についての研究をテーマとしています。福祉施設等に出向いて、ライフヒストリー等の聞き取りしたことを材料に議論を深めたいと考えています。

髙木 憲司

髙木 憲司 研究室
障害者が地域で安心して生活できるよう、障害福祉分野を中心に社会保障制度を考えます。医療その他の分野との連携、相談援助手法等について扱うとともに、リハビリテーションや福祉用具分野についても研究しています。

二宮 祐子

二宮 祐子 研究室
ゼミでは、保育園等における子育て支援、児童館や子育て支援センター等における地域子育て支援、社会的養護を対象としています。サービスを利用している子どもとその家族や、その支援を担う専門職に対して、社会的な視座から研究します。

丸谷 充子  研究室
人は生涯を通して発達し変容していく存在で、生まれ出た家族、親子、きょうだいの関係から多くの影響を受けています。ゼミでは、家族の心理、子育て支援と支援者の専門性、多機関多職種連携臨床について考えます。

弓削田 綾乃  研究室
身体表現・運動・健康・諸芸術・身体文化といったテーマについて、乳幼児ならびに保育者の視点で考えていきます。多様な人が共に生きる社会で、こどもたちの「からだと心」の在り方を考えましょう。

受験生の方へ

卒業生の方へ

一般・地域の方へ

企業・研究者の方へ

寄付のお願い

facebook

twitter

LINE

YouTube