和洋女子大学|学部・学科|家政福祉学科|学科ブログ

学科インフォメーション

家政福祉学科

07 18

投稿者: kaseifukushi
2019/07/18 9:53

家政福祉学科の授業「食品材料と食資源(履修時期:2年次 選択科目)」では、さまざまな食品を分類ごとに分け、植物性食品や動物性食品等の成分や特徴について学んでいます。担当は岡本由希准教授です。

●特別講義「おいしさの科学」
6月14日、味の素株式会社 東京支社 営業企画グループ 広報・普及 チームの菅野由美子さんをお招きして、「おいしさの科学」についての特別講義を実施しました。

 
【写真】特別講義の様子

受講した学生は家政福祉学科の2、3年生の70名ほど、これまでの食の学びで、おいしさについても学んできていますが、「おいしさ」についてより専門的に学ぶことができました。特別講義の中で、5つの基本味(甘味、塩味、酸味、苦味、うま味)を味わったり、グルタミン酸とイノシン酸のうま味の相乗効果を体験したり、減塩みそ湯にうま味調味料を加え、うま味によって減塩品がおいしくなる効果を実体験しました。「おいしさ」に関わっている味やだしの大切さを学ぶなど、多くの知識を得る機会となりました。学生からは「特別講義で改めて味覚やうま味の大切さを実践的に学べてよかった」、「うま味で減塩効果が期待できるので、普段の料理にも活かしてみたい」、などのコメントが寄せられました。

家政福祉学科の学びについてはこちらから

Tags:

ブログ内検索

受験生の方へ

卒業生の方へ

一般・地域の方へ

企業・研究者の方へ

寄付のお願い

facebook

twitter

LINE

YouTube