和洋女子大学|学部・学科|家政福祉学科|学科ブログ

学科インフォメーション

家政福祉学科

10 26

投稿者: kaseifukushi
2018/10/26 14:54

家政福祉実習」は、私たちが生きていく上で必要な農作物がどのような作業を経て生産され、消費者に届けられているのか、年間を通して農作業等を体験しながら、農業について総合的に理解していくことを目標とした授業です。担当は岡本由希准教授です。
 
10 月20 日、和洋女子大学内にて、チャイ&ハーブティーブレンド実習を行いました。講師に、シタール奏者、ティーブレンダーとして活躍されているミナクマリさん(http://minakumari.net/)をお迎えし、秋の澄んだ空気の中、家政福祉学類の2~4 年生、25 名の学生が参加しました。(2018年4月より、和洋女子大学は学群・学類から学部・学科に名称変更しました)
 
今回のチャイはインド式のスパイスを入れたミルクティーをさします。


【写真】ミナクマリさんによる、チャイの淹れ方の説明の様子

最初にチャイの淹れ方を学びました。ミナクマリさんがブレンドしたカモミールやりんごチップなどが入ったチャイを水とともに温め、さらに豆乳を加えた豆乳チャイの作り方です。さっそく淹れたてのチャイを味わいました。とても優しい味のチャイでした。

 
【写真左】試飲用の豆乳チャイ作りの様子 【写真右】チャイ&ハーブティーブレンドの様子

その後、約40 種類ほどのスパイスやハーブから好みのものを自由に選んで、CTC(Crush(潰す)、Tear(引き裂く)、Curl(丸める))のアッサム紅茶をベースに学生一人ひとりがオリジナルチャイをブレンドしました。学生がブレンドしたオリジナルチャイ&ハーブティーはとてもカラフルでした! ネーミングも、「冬のおとずれ」、「不思議な森のブーケ」、「眠り姫」などなど……。素敵ですね!


【写真】学生たちが作ったオリジナルブレンド

 
【写真】学生たちが作ったオリジナルブレンド

実習の最後には、ミナクマリさんがシタールの生演奏をしてくださいました。「十拍子のワサント」という曲です。静かな、幾重にも重なった美しい音色、参加者は聞き入っていました。最後に全員で記念撮影をしました。ポーズは、インドの挨拶の言葉「ナマステ」と同じです。実習の時間はあっという間に過ぎていきました。


【写真】ミナクマリさんのシタール演奏の様子



【写真】最後に集合写真を撮影しました!

岡本由希准教授からのコメント】
美味しいチャイ&ハーブティーを味わい、シタールの演奏を楽しんだ今回の実習。茶について学ぶ学生にとって、とてもよい経験になりました。茶への興味もさらに増したことでしょう。そして、これから訪れる冬の寒さをチャイ&ハーブティーで乗り切りたいですね。

これまでの「家政福祉実習」の授業の様子は以下をご覧ください。
↓ 

【学び紹介】「家政福祉実習」で茶畑で施肥と深耕の実習を行いました
【学び紹介】みかん摘果や茶畑管理など農作業体験ができる「家政福祉実習」
【学び紹介】農作業を体験する「家政福祉実習」
 
今回のゲスト講師ミナクマリさんの公式ページはこちらから
家政福祉学科の学びについてはこちらから

Tags:

ブログ内検索

受験生の方へ

卒業生の方へ

一般・地域の方へ

企業・研究者の方へ

寄付のお願い

facebook

twitter

LINE

YouTube