和洋女子大学|学部・学科|家政福祉学科|学科ブログ

学科インフォメーション

家政福祉学科

07 23

投稿者: kaseifukushi
2018/07/23 14:13

7月14日、お茶料理研究会の第27回シンポジウムが都内で開催。第24回お茶料理コンテストにおいて、家政福祉学類4年生の浅見彩さんのサラダピザ「さっぱりピ茶」がペットボトル部門の優秀賞に選ばれました。
2018年4月より、和洋女子大学は学群・学類から学部・学科に名称変更しました)

 
【写真左】授賞式の様子 【写真右】表彰状と副賞

浅見さんは、2年次に家政福祉学科専門科目「生活と日本茶」を学んで、日本茶アドバイザー資格を取得。現在は岡本由希准教授のゼミで、お茶を使った料理の研究をしています。今回、優秀賞に輝いたサラダピザは、ピザ生地にペットボトルの緑茶飲料を使い、同じくペットボトルの緑茶飲料を使ったコンソメジュレを乗せた作品です。


【写真】優秀賞を受賞したサラダピザ「さっぱりピ茶」

受賞作品について、浅見さんは「ずっしりと重たいイメージのあるピザの生地とソースにペットボトルの緑茶飲料を使い、サラダピザにすることで、朝からでもさっぱりと食べられるように工夫しました」とコメント。お茶料理コンテストの表彰式では、審査員長の福司山エツ子氏(本学卒業生、鹿児島女子短期大学名誉教授)より、賞状を授与されました。お料理に役立つ副賞(株式会社竹内刃物製作所の包丁、シャープ株式会社のヘルシオお茶プレッソ)なども授与されました。

家政福祉学科の学びについてはこちらから

Tags:

ブログ内検索

受験生の方へ

卒業生の方へ

一般・地域の方へ

企業・研究者の方へ

寄付のお願い

facebook

twitter

LINE

YouTube