和洋女子大学|学部・学科|家政福祉学科|学科ブログ

学科インフォメーション

家政福祉学科

08 05

投稿者: kaseifukushi
2021/08/05 9:20

7月中旬から下旬にかけて、家政福祉学科 児童福祉コースの2年生たちが、エプロン製作に取り組みました。これは佐藤有香准教授大沼良子教授が担当する「保育体験演習Ⅲ(保育所)(履修時期:2年次)」の授業の一環で、指導は被服学専門の柴田優子助教。今回、製作したエプロンは、これから始まる学外実習(保育実習)で身につける予定です。

  

  
【写真】エプロン製作の様子

授業では、同じ柄の3色(ピンク・黄色・青)の布から、学生たちは好みの色を選び、それぞれのサイズに合わせて裁断、1人1台ずつミシンを使って、縫い上げていきました。

  
【写真】家庭科教諭志望の4年生たちもTA(ティーチングアシスタント)として参加し、わからないところや難しいところを、丁寧に教えてくれました


【写真】和洋女子大学の「Wayo Women’s University」のロゴが入ったオリジナル・エプロンの完成。1年次に手作りした名札もつけて、笑顔でポーズ! 実習が楽しみですね

このエプロン製作のような保育の学びと家庭科教育との連携は、家政・福祉・保育の3本柱を学びの軸とする家政福祉学科ならでは!学生たちは日々、多彩な体験を積み重ねて、保育のスキルを磨いています。

家政福祉学科の学びについてはこちらから
家政福祉学科のチバテレ制作による学科紹介動画はこちらから

 

Tags:

ブログ内検索

受験生の方へ

卒業生の方へ

一般・地域の方へ

企業・研究者の方へ

寄付のお願い

facebook

twitter

LINE

YouTube