和洋女子大学|学部・学科|家政福祉学科|学科ブログ

学科インフォメーション

家政福祉学科

09 11

投稿者: kaseifukushi
2020/09/11 14:05

家政福祉学科は2019年4月より、家政福祉コースと児童福祉コースを開設し、これまでの「家政(衣・食・住)」と「福祉」の学びに加え、「保育」の分野も学べるようになりました。社会福祉士と保育士の資格取得をめざす、児童福祉コース2年生の磯部志帆さんに資格取得や授業のことなどについてインタビューしました。

「社会福祉士と保育士の資格を取得し、児童福祉分野で働きたい」

磯部 志帆さん
家政学部 家政福祉学科 児童福祉コース2年
千葉県立松戸国際高等学校出身

■社会福祉士と保育士の資格を取ろうと思った理由を教えてください
私は、小学生の時に読んだ本がきっかけで、「将来は虐待を受けている子どもを助ける仕事に就きたい」と思うようになりました。高校生の時にそのような施設で働くためには、どうすればいいのか調べてみると、社会福祉士か保育士の資格があると良いと書いてありました。最初は保育士をめざしていましたが、児童福祉分野で働く際、社会福祉士の資格も取得することで、将来の選択肢の幅が広がると考え、社会福祉士と保育士の双方の資格が取れる和洋女子大学を進学先の候補に考えるようになりました。また、姉が和洋女子大学の卒業生なのですが、和洋はとても雰囲気がいいということ、先生がとても親身になってくれる良い学校だということを言っていました。実際にオープンキャンパスに行ってみると、優しい先輩方、落ち着いた雰囲気、親身になって相談に乗ってくれる先生がいて、姉の言葉の通りだと感じ、児童福祉コースに進学を決めました。将来は、はっきりとした職業はまだ決まっていませんが、児童福祉分野で働きたいと思っています。

■資格取得のために頑張っていることは何ですか?
現在、頑張っていることは、当たり前のことですが大学での勉強です。社会福祉士と保育士の2つの資格を取るためには、授業数も多くなってしまいます。1つでも単位を落とすと、その次の年が大変になってしまうので、とにかく単位を落とさないように勉強を頑張っています。

■どのような授業が面白いですか?
大学に来て、直接、授業を受けられた1年生の時の授業がやはり面白かったとは思いますが、2 年次のオンライン授業の中では、「社会的養護Ⅰ」と「保育内容表現」と「乳児保育Ⅰ」が面白いですね。「社会的養護」では映像を元に様々な児童福祉施設の説明がされていて、児童福祉には様々な分野があることを知ることができて、為になっています。「保育内容表現」では一人ひとり自分の心に残った表現を発表したりするのですが、一人ひとりに個性があることを、授業を通して実感できて面白いです。「乳児保育」では乳児のことについて知ることができ、保育士になった時だけではなく、自分が母親になった時にも為になる内容だと思っています。

家政福祉学科の学びについてはこちらから

Tags:

ブログ内検索

受験生の方へ

卒業生の方へ

一般・地域の方へ

企業・研究者の方へ

寄付のお願い

facebook

twitter

LINE

YouTube