和洋女子大学|学部・学科|家政福祉学科|学科ブログ

学科インフォメーション

家政福祉学科

12 02

投稿者: kaseifukushi
2019/12/02 10:45

清水冬樹准教授庄司妃佐教授が担当する「保育体験演習Ⅱ」は、家政福祉学科児童福祉コースの1年生が受講する演習です。児童福祉施設について法的根拠などを調べ、実際に児童福祉施設を見学し、レポートを提出します。保育実習(主に施設)について知識を深め、施設の設置目的を理解し、保育実習の準備ができることを目標としています。

家政福祉学科では社会福祉士国家試験受験資格の取得も可能です。児童福祉コースの学生の中にも受験資格の取得を目指している学生がいます。保育と社会福祉をつなぐ教育を展開するためにも、本演習では「地域」を手がかりとした支援を必要としている人々との交流を通じた学びも大切にしていきたいと考えています。

11月24日、この授業の一環で、家政福祉学科の1年生が特定非営利活動法人 市川市民文化ネットワークの稽古時間に訪問し、チャレンジド・ミュージカルのレッスンに参加、出演者の方々と交流しました。


【写真】チャレンジド・ミュージカルのレッスンの様子

 
【写真】出演者の方々と交流する本学の学生たち

大人も子どもも学生たちも、元気いっぱいに楽しくレッスンを受けていました。

今回、学生が参加したチャレンジド・ミュージカル第12回公演『七人の八百屋お七』は、2020年2月1日(土)、2日(日)に市川市文化会館小ホールと2月29日(土)に千葉市文化会館大ホールで公演予定です。



詳細は、千葉県障害者芸術文化活動支援センター「HONGERA!」(オンゲラ)のホームページからご覧ください。

Tags:

ブログ内検索

受験生の方へ

卒業生の方へ

一般・地域の方へ

企業・研究者の方へ

寄付のお願い

facebook

twitter

LINE

YouTube