和洋女子大学|学部・学科|家政福祉学科|学科ブログ

学科インフォメーション

家政福祉学科

名前: kaseifukushi 作成日: 2014/02/07 14:28
家政福祉学類ニュース

投稿者: kaseifukushi 投稿日: 2018/11/30 11:16

11月24日、福島県塙町で初開催されたロードレース「ツール・ド・はなわ」 26km男子(45歳以上)の部にて、家政福祉学科の岡本秀明准教授が優勝しました。

 
【写真】優勝した岡本秀明准教授

以前の本学でのインタビュー記事で「年齢カテゴリー別にクラス分けされた大会の場合は、『体力的に若者にはかなわない』ということが通用しないので、特に力を入れたいという思いがあります」と語られてから約1カ月。福島県内を巡る公道サイクルロードレース「ツール・ド・ふくしま」シリーズの関係大会として開催された今回の「第1回 ツール・ド・はなわ」で、年齢カテゴリー別になっている26km男子(45歳以上)の部で、見事優勝しました。(タイムは42分5秒320)。

 
【写真】受賞時の岡本秀明准教授

以下は、岡本准教授が語る、臨場感たっぷりのレースの様子です!

「どちらかといえば小規模な大会で、年齢別になっていない最上級者向けの部とは別に設定された年齢別(45歳以上)の部ではありましたが、優勝は優勝ですので、もちろんとても嬉しかったです。人生の中でごくまれに経験できるかどうか、というものですし。出場した26km男子(45歳以上)の部は、数kmの登りを含む約8kmの周回コースを3周するレース。登り区間に入るたびに息切れしながら苦しい思いをしますが、必死に先頭集団についていきました。遅れたら終わりだと思いながら。周回を重ねるたびに登り区間で先頭集団の人数が絞られていき、何とか生き残り、最終周回の3周目には4人ほどになりました。

下り区間を終えた後、ゴールまでの2kmあまりの平坦路は、道がかなり狭く、結構なカーブが連続するとてもテクニカルな区間でした。右へ左へのカーブが続くので、力がある選手でも前の選手をなかなか抜けないような区間です。私は3~4番手を走っていて、ゴールまでの距離を示す看板をみると、あと2km、あと1kmとゴールがしだいに近づいてきて、緊張感がどんどん高まっていきます。残り600メートルあたりのところにわずかな直線部分があり、ここで先頭に出ないとこのあとはまたカーブが連続しているので1位ゴールは無理なのではないかと思っていたため、覚悟を決めて一気にダッシュをして先頭に躍り出ました。残り500メートルの看板が目に入り、ゴールまでけっこう距離があるなあと思いますが、先頭に出たからにはゴールまで死に物狂いで走らないと抜かれてしまうでしょう。先頭に出るのも地獄、先頭に出ないのも(なかなか前の選手を抜けないので)地獄、という厳しいゴール前の区間です。

ちらりと後ろを見ると、ぴったりと追走されてしまっていて、これは無理かもしれないと一瞬思いますが、あきらめたらいけないと思い直し、ゴールに向かって突進していきます。なにしろ右へ左へのカーブが続くので、さらにスピードをあげようにも、カーブでは自転車が傾いてペダルが地面と接触してしまうので漕ぐこともほとんどできません。さらには必死の高速走行でカーブを曲がっていくので、下手したら曲がりきれなくて落車してしまうかもしれません。そのようななかでも、レースですのでリスクを冒してでも後ろの選手が抜いてこようとするかもしれません。そんなこんなで猛スピードでカーブを処理しながら、なんとかそのまま1位でゴールラインを通過しました。必死で走り続けたせいか、2位の選手とは1秒程度の差があったようで、つまり数メートルの差がついていたので、ゴールで並ばれることもなく、わずかな余裕をもって優勝することができました。

ゴール地点は、受付や本部があるスタート地点から離れたひっそりとした場所にあり、審判員と思われる方がひとりいたのみで、寂しいゴールとなりましたが、これも地方の小規模な大会の思い出となるでしょう」 

家政福祉学科の学びについてはこちらから

投稿者: kaseifukushi 投稿日: 2018/11/27 16:49

11月16日、新潟県で開催された、新潟県木材組合連合会主催によるシンポジウム「木の力を活かす地域の木造建築」のパネルディスカッション「地域の風土・文化に根ざすみんなの建築」に、家政福祉学科の小林勉特任教授が登壇し、「風土建築」について解説しました。


【写真】シンポジウムの様子


【写真】シンポジウムの様子。最前列、右から3番目が小林特任教授

「風土建築」というのは、その土地の風土に適した建築の様式のことをさします。たとえば、アラスカやカナダなどに居住するイヌイットの住居イグルーや、東南アジアに広く見られる高床式住居など、風土に合わせて快適に生活できる住居を人間は作ってきました。小林特任教授は「日本国内においても、南と北では風土が異なるため、当然、建築の様式も異なります」「細かく見ていくと、新潟県には新潟県らしさ、千葉県には千葉らしさというものがあるので、私たちはそういった文化を大切にし、自然と共存していかなくてはならない。それが、その地域独自の街並みや景観を創り出します」と講演してきました。

家政福祉学科の学びについてはこちらから

和洋女子大学への受験をお考えの受験生の皆さんには、大学を実際に見ていただく「学校見学」をお勧めします。
 学校見学の詳細についてはこちらから 

投稿者: kaseifukushi 投稿日: 2018/11/16 13:18

2019年4月設置予定の「家政福祉学科 児童福祉コース」。今年の夏より、プレイルームやビアノ練習室などを整備し、学生たちの快適な学びのための準備を進めています。児童福祉コース(定員40名)は、家政・福祉の両分野を学べるカリキュラムが特長です。多様な暮らしに応じた子育て支援を行い、病児保育、障害児保育、外国籍の子どもなどに対応できる保育士を養成します。
指定保育士養成施設指定申請中)

 
【写真】陽当たりの良い、開放的なプレイルーム

 
【写真右】複数の電子ピアノを有した、各自練習ができるピアノ練習室
【写真右】一人で練習することができる個室の音楽演習室もあります

卒業後は保育士として、保育所をはじめ、児童養護施設・障害児施設、病院などで活躍できます。児童福祉コース※では認定ベビーシッターの資格を取得することもできます。
(※指定保育士養成施設指定申請中 資格取得指定校計画中)

児童福祉コースの学びについてはこちらから

投稿者: kaseifukushi 投稿日: 2018/11/10 9:38
家政福祉実習」は、私たちが生きていく上で必要な農作物がどのような作業を経て生産され、消費者に届けられているのか、年間を通して農作業等を体験しながら、農業について総合的に理解していくことを目標とした授業です。担当は岡本由希准教授です。

10 月 26 日~27 日、静岡大学 農学部附属地域フィールド科学教育研究センター藤枝フィールドで、「家政福祉実習」を行いました。文部科学大臣から認定を受けた教育関係共同利用拠点での実習です。静岡での実習は夏に続いて 2 回目で、今回は 14 名が参加しました。


【写真】静岡大学 農学部附属地域フィールド科学教育研究センター藤枝フィールドの方と学生で集合写真

初日は、うんしゅうみかん(興津早生おきつわせ)の収穫と選果を行いました。

 

 
【写真上】学生によるみかん収穫の様子
【写真左下】収穫したみかん
【写真右下】収穫したみかんの選果の様子

学生たちはみかんの樹に登ったり、脚立を使って高い位置のみかんを収穫するなど、短時間のうちにたくさんのみかんを収穫しました。収穫したてのみかんは、ほどよい甘さでみずみずしい味でした。

実習の 2 日目は茶畑の管理作業実習の予定でしたが、前日夜からの大雨で、敷き藁に使用する藁がぬれてしまったことと、小雨も降っていたので、管理作業の敷き藁の利点などを座学で学びました。その後、茶畑に行き、茶の葉、茶の花や茶の実を手に取って観察をしました。

 
【写真左】茶畑の観察の様子 【写真右】茶の実

午後は、静岡県島田市の「ふじのくに茶の都ミュージアム」を訪問しました。副館長の白井 満様より、ミュージアムの見学のポイント等についてご説明いただきました。その後、学生たちはレストランで茶を使ったランチを味わったり、ミュージアム館内を自由に見学しました。

 
【写真左右】ミュージアムの見学の様子

今回の家政福祉実習も多く皆様のご協力をいただき、事故なく無事に終えることができました。心よりお礼申し上げます。

最後に、初の試みとして、11 月 3 日、4 日に開催された和洋女子大学の里見祭の家政福祉学科の学科ブースで(2 年生が担当:「咲け!家政福祉学類みんなの華」)、静岡大学農学部のご協力のもと、学生たちが家政福祉実習で管理し、今回の実習で収穫したみかんの一部をみかんジュースにして提供しました。

 
【写真左】スロージューサーで果汁を絞る様子 【写真右】絞りたてのみかんジュース

スロージューサーで絞った新鮮な果汁は色も鮮やかで、大好評でした。大学祭でみかんジュースを味わっていただいた皆様、どうもありがとうございました。

これまでの「家政福祉実習」の授業の様子は以下をご覧ください。

【学び紹介】農作業を体験する「家政福祉実習」
【学び紹介】みかん摘果や茶畑管理など農作業体験ができる「家政福祉実習」
【学び紹介】「家政福祉実習」で茶畑で施肥と深耕の実習を行いました
【学び紹介】「家政福祉実習」でチャイ&ハーブティーブレンド実習を行いました

家政福祉学科の学びについてはこちらから

投稿者: kaseifukushi 投稿日: 2018/10/26 14:54
家政福祉実習」は、私たちが生きていく上で必要な農作物がどのような作業を経て生産され、消費者に届けられているのか、年間を通して農作業等を体験しながら、農業について総合的に理解していくことを目標とした授業です。担当は岡本由希准教授です。
 
10 月20 日、和洋女子大学内にて、チャイ&ハーブティーブレンド実習を行いました。講師に、シタール奏者、ティーブレンダーとして活躍されているミナクマリさん(http://minakumari.net/)をお迎えし、秋の澄んだ空気の中、家政福祉学類の2~4 年生、25 名の学生が参加しました。(2018年4月より、和洋女子大学は学群・学類から学部・学科に名称変更しました)
 
今回のチャイはインド式のスパイスを入れたミルクティーをさします。


【写真】ミナクマリさんによる、チャイの淹れ方の説明の様子

最初にチャイの淹れ方を学びました。ミナクマリさんがブレンドしたカモミールやりんごチップなどが入ったチャイを水とともに温め、さらに豆乳を加えた豆乳チャイの作り方です。さっそく淹れたてのチャイを味わいました。とても優しい味のチャイでした。

 
【写真左】試飲用の豆乳チャイ作りの様子 【写真右】チャイ&ハーブティーブレンドの様子

その後、約40 種類ほどのスパイスやハーブから好みのものを自由に選んで、CTC(Crush(潰す)、Tear(引き裂く)、Curl(丸める))のアッサム紅茶をベースに学生一人ひとりがオリジナルチャイをブレンドしました。学生がブレンドしたオリジナルチャイ&ハーブティーはとてもカラフルでした! ネーミングも、「冬のおとずれ」、「不思議な森のブーケ」、「眠り姫」などなど……。素敵ですね!


【写真】学生たちが作ったオリジナルブレンド

 
【写真】学生たちが作ったオリジナルブレンド

実習の最後には、ミナクマリさんがシタールの生演奏をしてくださいました。「十拍子のワサント」という曲です。静かな、幾重にも重なった美しい音色、参加者は聞き入っていました。最後に全員で記念撮影をしました。ポーズは、インドの挨拶の言葉「ナマステ」と同じです。実習の時間はあっという間に過ぎていきました。


【写真】ミナクマリさんのシタール演奏の様子



【写真】最後に集合写真を撮影しました!

岡本由希准教授からのコメント】
美味しいチャイ&ハーブティーを味わい、シタールの演奏を楽しんだ今回の実習。茶について学ぶ学生にとって、とてもよい経験になりました。茶への興味もさらに増したことでしょう。そして、これから訪れる冬の寒さをチャイ&ハーブティーで乗り切りたいですね。

これまでの「家政福祉実習」の授業の様子は以下をご覧ください。
↓ 

【学び紹介】「家政福祉実習」で茶畑で施肥と深耕の実習を行いました
【学び紹介】みかん摘果や茶畑管理など農作業体験ができる「家政福祉実習」
【学び紹介】農作業を体験する「家政福祉実習」
 
今回のゲスト講師ミナクマリさんの公式ページはこちらから
家政福祉学科の学びについてはこちらから

投稿者: kaseifukushi 投稿日: 2018/10/05 10:06
8月29日~9月2日にイタリアのヴァレーゼ(Varese)で開催された、 UCI(国際自転車競技連合)グランフォンドワールドチャンピオンシップ(UCI 2018 Gran Fondo World Championships in Varese) の距離130kmレースに出場し、完走した、家政福祉学科の 岡本秀明准教授 。 帰国後、岡本准教授に自転車競技の魅力や今回の大会の感想などを伺いましたので、ご紹介します。 【写真】グランフォンドワールドチャンピオンシップのレース当日の様子   ■自転車競技を始められたのはいつ頃からでしょうか? 本格的に自転車競技を始めたのは中学2年生の冬頃からでしょうか。小学生の頃からサイクリングが大好きでした。まだ行ったことのない道、峠、湖、川、海をめざして走っていくうちに、80km、100kmと走行距離が徐々に長くなり、一緒に遠くまで走れる身近な仲間がすこしずつ減っていきました。仲間を求めて自転車店のクラブに入ったところ、周りが自転車競技をしている人ばかりだったので、自然と自分も競技を始めることになりました。また、私が子どもの頃は世界最大の自転車レース、ツール・ド・フランス(Tour de France)の総集編を毎年、テレビ放映していました。3週間くらいかけてフランス一周を基本とする壮大で世界最高峰のレースなのですが、その番組を毎年たまたま観ていたこともあり、サイクリングから自転車競技に移行しやすかったのだと思います。 ■自転車競技の魅力についてお話ください 風を切って走ること、自転車という機材を使うこと、天候、風向き、大会のコースによって登り・下り・カーブ・路面状況などがさまざまで、状況が刻一刻と変わっていくこと、風の抵抗があるために自然と集団を形成してレースが進むことを基本とするので、集団の大きさ、その数、その動きなど、その瞬間ごとに状況が変わり、複雑なこと、そして、なんといっても競技終了後のご飯がとっても美味しいこと、といったところでしょうか。 ■今回のイタリアでの大会の感想を教えてください ◎ 競技について JAPANジャージを着用すると、身の引き締まる思いがしました。しかも、世界大会ということで緊張感がとても高かったですね。スタートからゆるやかな登り坂基調で、そのまま1つ目の峠道の九十九折り登坂となるコースのため、スタートしてから1時間くらいはずっと息切れ状態でとても苦しかったです。湖水地方だったので、峠を下ると青空と美しい湖が見えてきて、「安全に下って無事にここまで来られた」という気持ちとも相まって、心が震えるような感動が自然とわいてきて、涙が出そうになって。イタリアに着いてから、ずっと雨天だったので、その青空がより一層きれいに感じられて。格別でした。2つ目か3つ目の峠越えの後、下ってどこかの小さな町に近づくと、教会の美しい鐘の音が鳴り続けていて、それが遠くから聴こえてくるわけですよ。これにも心底、感動しました。日本ではない経験ですし、「ここまでトラブルなしで走って来れた、生き残っているぞ」という想いもあって。無事に、かつ速くゴールにたどり着かなくっちゃ、と改めて思いましたね。100位以内をめざしていましたが、世界各地の予選大会を通過してきた選手ばかりの世界選手権ということもあり、真ん中くらいの順位に終わりました。アマチュアの大会といっても、この年齢カテゴリーになると、現在はアマチュアですよ、ということにすぎなくて、出場選手には本場ヨーロッパの元プロ選手や若い頃にプロをめざしていたような選手がゴロゴロいるという話も聞きます。世界選手権は、やはり厳しい大会でした。 ◎ 競技以外について 以前からパスタやイタリア料理が好きだったので、いつか本場のイタリアで食べてみたいと思っていました。今回の大会がたまたまイタリア開催だったので、夢が実現することになりました(笑)。細長いもの、スパゲッティも食べたかったのですが、出てくるのはペンネのようなものばかりで、なかなか食べられなくて。無理かなと思っていたら、帰りのミラノの空港のレストランで、やっとスパゲッティを食べることができました。 イタリア到着後は雨天続きで自転車に乗れなかったこともあり、ミニツアーでマッジョーレ湖畔にあるボッロメオ城(ROCCA BORROMEO)とその中にある人形・おもちゃ博物館に行きました。おびただしい数の人形が展示されていて、それはもう圧倒されました。日本人形もあったらしいのですが、見逃してしまいました。これが唯一の観光でした。   【写真左】マッジョーレ湖畔にあるボッロメオ城(ROCCA BORROMEO) 【写真右】城内の人形・おもちゃ博物館 ■次回の大会出場予定と意気込みにつ ... 詳細...
投稿者: kaseifukushi 投稿日: 2018/10/05 10:01

8月29日~9月2日にイタリアのヴァレーゼ(Varese)で開催された、事実上のアマチュア世界選手権とされる、UCI(国際自転車競技連合)グランフォンドワールドチャンピオンシップ(UCI 2018 Gran Fondo World Championships in Varese)。日本の予選大会で45~49歳カテゴリーの部で出場権を獲得していた家政福祉学科の岡本秀明准教授が、9月2日に行われた距離130kmレースに日本選手のひとりとして出場し、155位(完走者331人;男45~49歳の部、※順位は後日に訂正発表後のもの)、3時間53分46秒で完走しました。

 
【写真】写真一番右が岡本秀明准教授

帰国後、岡本准教授に自転車競技の魅力や今回の大会の感想などを伺いましたので、ご紹介します。
岡本准教授のインタビュー記事はこちらから

投稿者: kaseifukushi 投稿日: 2018/09/26 14:46
家政福祉実習」は、私たちが生きていく上で必要な農作物がどのような作業を経て生産され、消費者に届けられているのか、農作業を年間を通して体験しながら、農業について総合的に理解していくことを目標とした授業です。担当は岡本由希准教授
(※2018年4月より、和洋女子大学は学群・学類から学部・学科に名称変更しました)

9月22日、家政福祉学科の学生が和洋女子大学の佐倉セミナーハウス内の茶畑で施肥と深耕の実習を行いました。今回の実習には、家政福祉学類2年生12名が参加し、集合時の小雨の影響もなく、順調に実習を行うことができました。


【写真 学生たちの集合写真】

作業内容は、茶畑におよそ60袋もの肥料(牛ふん)をまき、深耕を行いました。深耕は、8月の静岡実習でも行いました。根元にまいた肥料を土の中に入れ込むようにスコップで掘って、細かい根を切りながら土壌と混ぜていきます。土壌がかたかったので、参加した学生たちは汗を流しながら、懸命に取り組みました。

 
【写真左 作業中の学生たち】
【写真右 作業を行ったふかふかの土壌の様子】

茶の樹が養分をたくさん吸収してくれることを期待しています。来年の茶摘みの時期が今からとても楽しみです。

静岡実習の様子についてはこちらから
家政福祉学科の学びについてはこちらから
投稿者: kaseifukushi 投稿日: 2018/09/21 10:40

9月12日~14日の3日間、家政福祉学科の小林勉研究室の4年生たち8名がゼミ合宿を行いました。小林研究室では「物を見る視点を養う」「卒業論文の中間発表を行う」という2つの視点から、毎年、夏に合宿形式のゼミを開催しています。今年度は、古の町家が多く残り、地域保存がなされながらも現代建築も立ち並ぶ、独特な建築文化を持つ、石川県金沢市でゼミ合宿を行いました。

 
【写真】金沢駅東口の鼓門の前で全員集合記念撮影

宿泊先はホテル金沢兼六荘。現地で小林先生と合流し、1日目は新近江町市場にて昼食を摂り、兼六園とその周辺の伝統建築物を視察しました。そして、夜は一人ずつ、卒業論文の中間発表をホテルにて行いました。

 
【写真】中間発表の様子

2日目は、東の茶屋街・主計町周辺を全員で視察。午後は自由行動で、武家屋敷跡・俵屋飴・金沢城・石川四高記念文化交流館(石川近代文学館)・石川県西田幾多郎記念哲学館・金沢21世紀美術館などを各自、調査しました。夜は、見学した「場」についてのワークショップを開催、3日目の発表の準備を行いました。

 
【写真】ワークショップの様子

3日目は朝から前日にまとめたワークショップの内容を発表しました。

 

 
【写真】3日目の発表の様子

このゼミ合宿を終えると一段と学生たちの「物を見る視点」ができてくる、と小林先生はお話してくださいました。4年間の学びの集大成となる卒業論文。家政福祉学科では、12月に全4年生が卒業研究発表をする、卒業研究発表会を開催しています。(昨年の卒業研究発表会の様子はこちらから

家政福祉学科の学びについてはこちらから

投稿者: kaseifukushi 投稿日: 2018/09/20 15:26

9月1日に市川市の大洲防災公園で開催された、平成30年度 市川市総合防災訓練。この防災訓練に、家政学部の授業「地域生活創造演習」(担当:小林勉特任教授/大石恭子准教授/寺島瞳准教授)を前期に履修した、家政学部の1年生たち5名がボランティアで炊き出し訓練に参加しました。
 
 
 
【写真】炊き出しの様子

当日は災害用として市が備蓄している食材や水を使って調理を行い、市民の皆さんに配る作業を行いました。「地域生活創造演習」の授業で 防災や災害時避難、要援護者への支援について基本的知識とスキルを習得した学生たち。夏休み期間中の防災訓練でしたが、災害時に自分たちにできることを体験してみたい! という意欲の高い学生が集まっての参加となりました。

 
【写真】参加した学生全員で記念撮影

当日は家政福祉学科の小林勉特任教授も学生たちと一緒に参加しました。

市川市では、市民、防災関係機関、協定締結事業者、職員などが、震災時に的確に対応できるよう、毎年1回、総合防災訓練を行っています。例年、市が開催する様々なイベントや行事に、地域貢献として多くの和洋女子大学の学生たちが積極的に参加しています。

家政福祉学科の学びについてはこちらから

1 2 3 4 5 6 7 8 9 >>

ブログ内検索

受験生の方へ

卒業生の方へ

一般・地域の方へ

企業・研究者の方へ

寄付のお願い

facebook

twitter

LINE

YouTube