和洋女子大学|学部・学科|家政福祉学科|学科ブログ

学科インフォメーション

家政福祉学科

名前: kaseifukushi 作成日: 2014/02/07 14:28
家政福祉学科のブログ

投稿者: kaseifukushi 投稿日: 2021/06/10 10:45
今回は、家政福祉学科3年生、加藤千歳さんの「韓国」交換留学レポートを紹介します。

■韓国への交換留学を決めた理由を教えてください
ソウル国立大学校 家政学部へ交換留学できることを知り、チャレンジしてみたいと思いました。韓国で一番と言われるソウル国立大学校 家政学部ではどのような学びを得られるかを体験したかったんです。また和洋女子大学からソウル国立大学校へ留学する人があまりいなかったこともあり、さらに行ってみたい気持ちが強くなりました。


【写真】留学生歓迎パーティーでの様子(右から五番目が加藤さん)

■コロナ禍でオンライン授業に変更になってしまったようですが、思い出深い授業はありましたか?
「給食経営学」の授業でオンラインの課題が多かったことが忘れられません。特にグループ課題があったのですが、皆とは直接会うことができずインターネットのチャットだけで課題を進めました。課題解決に役に立ちそうな論文や参考文献を共有したり、アイデアをまとめるなど、活発にコミュニケーションを取りながら課題に取り組むことができました。グループの役割を決める時も率先して積極的に活動するソウル大生を見て見習うことがたくさんありました。

 
【写真左】キャンパス内から見える風景 【写真右】キャンパス内を循環するシャトルバス

■韓国へ行ってカルチャーショックはありましたか?
対面授業ができるようになったとき、授業内容をパソコンで筆記する学生が大多数いたことに驚きました。また、先生の話を早くタイピングできるほどパソコンに慣れていると感じました。タブレットも機能的に活用して勉強する姿を見てIT技術の活用がすごいと思いました。

■日常生活では“グルメ巡り”をされたそうですが、印象に残る食べ物はありましたか?
「コプチャン」や「トゥンカロン」などいろいろなものを食べましたが、やっぱり「トッポギ」が一番印象に残っています。「トッポギ」はお餅を辛く味付けした料理なのですが、お店によっていろいろアレンジがあります。トッポギを大きな鍋ごと出して中に肉や麺、ソーセージ、揚げ物などの具材のトッピングを自由に選択して食べられることが面白かったです。最後の締めのチャーハンも美味しいです!

  
【写真】お店によって見た目も具材も違うトッポギ


【写真】色鮮やかなトゥンカロン

■留学経験を今後どのように活かしていきたいと思いますか?また、将来の夢があれば教えてください
ソウル大生の積極性、自主性などを見習い、より積極的に物事に取り組む姿勢を身につけたいと思いました。また食品栄養学科で食について学ぶことができ、それをもっと勉強していきたいとも思っています。今後、この学びを生かして「誰もが不自由なく食を楽しめる社会」を構築できる人材になりたい!日本と韓国の架け橋の存在となり、また世界的にも活動していきたいと思います。

■韓国への留学を検討している在学生にメッセージをお願いします
韓国は地理的に近く、日本と文化も似ていると思いますが、実際に生活してみると意外と違うところがあり「面白い」と思うことがたくさんあります。ソウル国立大学校には留学生を歓迎するクラブ活動があり、在学生や他の留学生との交流の機会も多いです。いろいろな人と出会い、見識、価値観が広がります。韓国について興味がある方、もっと知りたい方は、ぜひ留学してみてください。

加藤さん帰国後の留学体験レポートはこちらから
家政福祉学科の学びについてはこちらから
海外留学・研修 経験者のインタビュー記事はこちらから
和洋女子大学の留学の詳細についてはこちらから
 
投稿者: kaseifukushi 投稿日: 2021/06/03 9:47

家政福祉学科の髙木憲司准教授の寄稿記事が『聴覚障害』2021年春号(ジアース教育新社)に掲載されました。
 

■寄稿記事
「いま、大学で」―聴覚障害学生のサポート―

<髙木准教授の記事紹介>
心身に障害のある学生のみならず、配慮が必要な学生の様々な特性に応じて「ユニバーサルサポート推進室」を通じてサポートを行っています。情報デジタル化が進むSociety5.0 の社会に学生たちが適応できるよう、学内と連携した対応を図っています。ぜひご一読ください。

家政福祉学科の学びについてはこちらから


ブログ内検索

受験生の方へ

卒業生の方へ

一般・地域の方へ

企業・研究者の方へ

寄付のお願い

facebook

twitter

LINE

YouTube