和洋女子大学|学部・学科|家政福祉学科|学科ブログ

学科インフォメーション

家政福祉学科

名前: kaseifukushi 作成日: 2014/02/07 14:28
家政福祉学類ニュース

投稿者: kaseifukushi 投稿日: 2019/09/22 14:13
9月1日にポーランドのポズナン(Poznan)で開催された、自転車ロードレースの事実上のアマチュア世界選手権とされる、UCI(国際自転車競技連合)グランフォンドワールドチャンピオンシップ(2019 UCI Gran Fondo World Championships in Poznan)。日本の予選大会で45~49歳カテゴリーの部で出場権を獲得していた家政福祉学科の岡本秀明准教授が、距離151kmのレースに日本選手のひとりとして出場し、30位(完走者185人;男45~49歳の部)、3時間36分43秒(平均時速41.53km/h)でゴールしました(「バイシクルクラブ」によるニュース記事)。


【写真】 朝のスタート地点、確認時の様子

岡本秀明准教授による、当日の様子はこちらから

家政福祉学科の学びについてはこちらから
投稿者: kaseifukushi 投稿日: 2019/09/18 16:03
9月10日、千葉女子高等学校 家政科2年生を対象に、家政福祉学科の大石恭子准教授による「葉県の郷土料理~祭り寿司をつくってみよう!」と柴田優子助教による「足部の計測・観察と靴のサイズ選び」の授業を行いました。

【写真】大石恭子准教授による、調理実習前の講義の様子。この後、生徒たちはグループに分かれて調理に取り組みました

午前中の講義は、大石恭子准教授による「葉県の郷土料理~祭り寿司をつくってみよう!」。生徒たちは千葉の伝統料理である「祭り寿司」と「かつおのすり流し汁」「サイダーゼリー」の3品を作りました。

   
【写真左】今回は桃の花の巻き寿司に挑戦! 花をくみたてながら巻き上げます
【写真右】千葉の郷土料理だけあって、自宅で作ったことがあるという生徒もいました

 
【写真左】盛り付けの様子。皆で美味しくいただきました
【写真右】綺麗な桃の花の巻き寿司の出来上がり!

午後からは、柴田優子助教による「足部の計測・観察と靴のサイズ選び」の講義です。まず初めに、各自、足の大きさや厚みの測定や、フィットする長靴の試着などを行った後、柴田先生の授業を受けました。授業では足のサイズの自己認識が、計測値からではなく、これまで購入し着用してきた靴のサイズ選びの経験に基づいていたことに気づき、その理由についてお話がありました。

   
【写真左右】測定と試着の様子

 
【写真左】測定の様子 【写真右】講義の様子

<千葉女子高等学校との高大連携事業の協定について>
令和元年5月15日、和洋女子大学は高校での家庭科教育と大学における家政学の教育・学術研究とを有機的に結びつけ、家政学教育の充実・発展を図るため、千葉女子高等学校と高大連携の協定を締結しました。今年度は、家政学部 家政福祉学科が中心となり、千葉女子高校家政科の1・2年生を対象として授業を行う予定です。

次回のオープンキャンパスは9月22日(日)。
テーマは「推薦入試の準備をしよう」。ぜひ、ご参加ください! 
 
家政福祉学科の学びについてはこちらから
投稿者: kaseifukushi 投稿日: 2019/09/10 11:12
昭和28年から埼玉県で始まった歴史ある大会「 第67回 秩父宮杯埼玉県自転車道路競走大会 」が9月8日に秩父市で開催され、家政福祉学科の 岡本秀明准教授 が「マスターズの部(45歳以上の部)」で準優勝しました(エントリー78名、完走37名)。 詳細...

ブログ内検索

受験生の方へ

卒業生の方へ

一般・地域の方へ

企業・研究者の方へ

寄付のお願い

facebook

twitter

LINE

YouTube