和洋女子大学|学部・学科|家政福祉学科|学科ブログ

学科インフォメーション

家政福祉学科

名前: kaseifukushi 作成日: 2014/02/07 14:28
家政福祉学類ニュース

投稿者: kaseifukushi 投稿日: 2018/09/26 14:46
家政福祉実習」は、私たちが生きていく上で必要な農作物がどのような作業を経て生産され、消費者に届けられているのか、農作業を年間を通して体験しながら、農業について総合的に理解していくことを目標とした授業です。担当は岡本由希准教授
(※2018年4月より、和洋女子大学は学群・学類から学部・学科に名称変更しました)

9月22日、家政福祉学科の学生が和洋女子大学の佐倉セミナーハウス内の茶畑で施肥と深耕の実習を行いました。今回の実習には、家政福祉学類2年生12名が参加し、集合時の小雨の影響もなく、順調に実習を行うことができました。


【写真 学生たちの集合写真】

作業内容は、茶畑におよそ60袋もの肥料(牛ふん)をまき、深耕を行いました。深耕は、8月の静岡実習でも行いました。根元にまいた肥料を土の中に入れ込むようにスコップで掘って、細かい根を切りながら土壌と混ぜていきます。土壌がかたかったので、参加した学生たちは汗を流しながら、懸命に取り組みました。

 
【写真左 作業中の学生たち】
【写真右 作業を行ったふかふかの土壌の様子】

茶の樹が養分をたくさん吸収してくれることを期待しています。来年の茶摘みの時期が今からとても楽しみです。

静岡実習の様子についてはこちらから
家政福祉学科の学びについてはこちらから
投稿者: kaseifukushi 投稿日: 2018/09/21 10:40

9月12日~14日の3日間、家政福祉学科の小林勉研究室の4年生たち8名がゼミ合宿を行いました。小林研究室では「物を見る視点を養う」「卒業論文の中間発表を行う」という2つの視点から、毎年、夏に合宿形式のゼミを開催しています。今年度は、古の町家が多く残り、地域保存がなされながらも現代建築も立ち並ぶ、独特な建築文化を持つ、石川県金沢市でゼミ合宿を行いました。

 
【写真】金沢駅東口の鼓門の前で全員集合記念撮影

宿泊先はホテル金沢兼六荘。現地で小林先生と合流し、1日目は新近江町市場にて昼食を摂り、兼六園とその周辺の伝統建築物を視察しました。そして、夜は一人ずつ、卒業論文の中間発表をホテルにて行いました。

 
【写真】中間発表の様子

2日目は、東の茶屋街・主計町周辺を全員で視察。午後は自由行動で、武家屋敷跡・俵屋飴・金沢城・石川四高記念文化交流館(石川近代文学館)・石川県西田幾多郎記念哲学館・金沢21世紀美術館などを各自、調査しました。夜は、見学した「場」についてのワークショップを開催、3日目の発表の準備を行いました。

 
【写真】ワークショップの様子

3日目は朝から前日にまとめたワークショップの内容を発表しました。

 

 
【写真】3日目の発表の様子

このゼミ合宿を終えると一段と学生たちの「物を見る視点」ができてくる、と小林先生はお話してくださいました。4年間の学びの集大成となる卒業論文。家政福祉学科では、12月に全4年生が卒業研究発表をする、卒業研究発表会を開催しています。(昨年の卒業研究発表会の様子はこちらから

家政福祉学科の学びについてはこちらから

投稿者: kaseifukushi 投稿日: 2018/09/20 15:26

9月1日に市川市の大洲防災公園で開催された、平成30年度 市川市総合防災訓練。この防災訓練に、家政学部の授業「地域生活創造演習」(担当:小林勉特任教授/大石恭子准教授/寺島瞳准教授)を前期に履修した、家政学部の1年生たち5名がボランティアで炊き出し訓練に参加しました。
 
 
 
【写真】炊き出しの様子

当日は災害用として市が備蓄している食材や水を使って調理を行い、市民の皆さんに配る作業を行いました。「地域生活創造演習」の授業で 防災や災害時避難、要援護者への支援について基本的知識とスキルを習得した学生たち。夏休み期間中の防災訓練でしたが、災害時に自分たちにできることを体験してみたい! という意欲の高い学生が集まっての参加となりました。

 
【写真】参加した学生全員で記念撮影

当日は家政福祉学科の小林勉特任教授も学生たちと一緒に参加しました。

市川市では、市民、防災関係機関、協定締結事業者、職員などが、震災時に的確に対応できるよう、毎年1回、総合防災訓練を行っています。例年、市が開催する様々なイベントや行事に、地域貢献として多くの和洋女子大学の学生たちが積極的に参加しています。

家政福祉学科の学びについてはこちらから

投稿者: kaseifukushi 投稿日: 2018/09/14 11:10
9月7日の産経新聞に、家政福祉学科の髙木憲司准教授のコメントが掲載されました。記事は全国各地で開催されている、障害者向け料理教室「バリアフリークッキング」について。

記事詳細はこちらから

ブログ内検索

受験生の方へ

卒業生の方へ

一般・地域の方へ

企業・研究者の方へ

寄付のお願い

facebook

twitter

LINE

YouTube