和洋女子大学|学部・学科|健康栄養学科|健康栄養学専攻|研究室・ゼミ一覧

研究室・ゼミ一覧

健康栄養学科

大河原 悦子

大河原 悦子 研究室
「食」は生きる力です。実践的な栄養教育をめざし、健康的な子どもたちを育てるための栄養教諭・管理栄養士の実習をサポートします。そして、食と人との関わりからさまざまな課題を追究し、学校や家庭、地域の食育推進のための研究を進めます。

金子 健彦

金子 健彦 研究室
皮膚科臨床医の経験を活かして、皮膚疾患(糖尿病の合併症やとこずれ、にきびなど)の改善のために活かす栄養学を研究していきます。管理栄養士として現場で、患者さんに適確なアドバイスができる人材となる支援をします。

後藤 政幸

後藤 政幸 研究室
BSEをはじめ、食の安全・安心に関する問題は広く世界的視野で理解・解決しなければなりません。ゼミでは、食品中の有害細菌、添加物、残留農薬の汚染やそれらの体内代謝など、食の安全性について研究しています。

杉浦 令子

杉浦 令子 研究室
小児メタボリックシンドロームの管理プログラムの検討や、効果的な栄養指導を主なテーマとして研究し、臨床における管理栄養士の位置づけについて検討しています。

鈴木 敏和

鈴木 敏和 研究室
がん・老化および生活習慣病の分子メカニズムを研究しています。また、抗老化や生活習慣病の予防や改善に役立つ食物由来成分の探索とその分子機序の研究も行っています。

鈴木 葉子

鈴木 葉子 研究室
小児科医として、また保育園の園医を経験して集団保育と感染症罹患の関連に興味を持っています。感染症成立のための要素の一つである宿主、つまり子どもの栄養状態(体格)を含めたいろいろな特性との関連について研究していきます。

髙橋 佳子

髙橋 佳子 研究室
食物・栄養と健康に関する情報が巷に溢れています。栄養の専門家として「科学的根拠にもとづく栄養学」の実践をめざし、食事習慣と健康に関する正しい情報の収集、ヒトを対象とした調査・研究を行っています。

多賀 昌樹

多賀 昌樹 研究室
栄養機能性食品の疾患に対する効果のメカニズムについて研究しています。また、新規栄養剤の有効活用について基礎実験から臨床における効果について研究を行っています。

永澤 貴昭 研究室
スポーツ栄養学を中心に、運動と食事に関する内容をテーマにした活動を行う研究室です。子どもから成人まで幅広い年齢層の競技者のコンディションの管理、競技力向上と食事の関係について研究を進めています。

中島 肇

中島 肇 研究室
私たちが何気なく手にしている食品には人類の英知が詰まっています。これらを解き明かし利用するため、乳酸菌を中心とした食用微生物と食品のおいしさ・健康機能性について、応用微生物学と生化学の両面から研究しています。

登坂 三紀夫

登坂 三紀夫 研究室
管理栄養士は、学校、企業、病院、介護施設などの給食施設で、適正に栄養管理された食事の提供や施設利用者への健康教育活動を行っています。その活動を身近に理解し、より効果的な業務ができるよう研究しています。

藤澤 由美子

藤澤 由美子 研究室
栄養教育は生涯にわたって健康に生活することを支援するものです。子どもの頃から望ましい生活習慣を身につける、食育実践の効果的な方法や教育の効果判定について研究しています。

古畑 公

古畑 公 研究室
健康な人づくり、地域づくりは管理栄養士の重要な仕事です。地域で進められている栄養活動を知り、その効果的な取り組み方法について考えていく実践的な研究を行います。

松井 幾子

松井 幾子 研究室
必要な栄養素を食品として調達し、調理作業を経て料理にし、美味しく楽しく食べることによって、世界中の人が健康でいられるようになるまでを研究テーマにしています。

湊 久美子

湊 久美子 研究室
健康のための運動や食習慣の影響についての実験・測定や、スポーツ活動を実践している子どもたち、部活の生徒、大学生アスリートなどを対象にした食物栄養調査・食育活動などを行っています。

本 三保子

本 三保子 研究室
健康を維持・増進したり、生活習慣病などの疾病予防に役立つ食物やその成分について注目し、ラットやマウスなどの実験動物を用いたりしながら研究しています。

柳澤 幸江

柳澤 幸江 研究室
食事学・調理学・ライフステージ栄養学を基盤として、乳幼児からお年寄りまで、「食べる人」にとってより望ましい食事・料理について研究。作って、食べて、そして科学分析によって、食事を科学します。

受験生の方へ

卒業生の方へ

一般・地域の方へ

企業・研究者の方へ

寄付のお願い

facebook

twitter

LINE

YouTube