和洋女子大学|学部・学科|健康栄養学科|学科ブログ

学科インフォメーション

健康栄養学科

07 30

投稿者: kenkoueiyou
2018/07/30 16:38

7月19日~20日の2日間に亘って松戸市文化会館(千葉県)にて開催された、松戸市制施行75年周年記念 第14回健康都市連合日本支部大会。開催1日目に、和洋女子大学・大学院の古畑公教授(健康栄養学科・総合生活研究科 所属)が基調講演を行いました。「市民が主役の健康づくり ~健康と栄養の過去・現在・未来~」と題して、「過去」は食育と食事バランスガイド作成時の裏話。「現在」は松戸市在住妊婦の食生活実態と低栄養の問題、微量栄養素不足が若い世代や高齢者に与える影響。「未来」は子育てしやすい環境整備、特に市川市、松戸市は千葉県の玄関口として「禁煙条例」制定をお願いしたいということなどを古畑教授からお話ししました。


【写真】基調講演の様子

<松戸市制施行75周年記念 第14回健康都市連合日本支部総会・大会について>
今年のテーマは「市民が主役の健康づくり」。平成30年4月に市制施行75周年を迎えた松戸市が、松戸市健康増進計画「健康松戸21Ⅲ」の基本理念である『市民が主役!自ら取り組み、地域で共に支え合い、健康で心豊かに暮らせるまちづくり』をベースにしたテーマで基調講演・市民団体健康活動発表等の内容で、第14回健康都市連合日本支部大会を主催するもの。

健康栄養学科の学びについてはこちらから
大学院 総合生活研究科の学びについてはこちらから

 

Tags:

ブログ内検索

受験生の方へ

卒業生の方へ

一般・地域の方へ

企業・研究者の方へ

寄付のお願い

facebook

twitter

LINE

YouTube