和洋女子大学|学部・学科|健康栄養学科|学科ブログ

学科インフォメーション

健康栄養学科

06 14

投稿者: kenkoueiyou
2018/06/14 11:30

6月7日、日本テレビの情報・バラエティ番組「ヒルナンデス!」で健康栄養学科の後藤政幸教授のコメントが放送されました。コメントが放送されたのは、番組内の「よくある質問聞いちゃいます!FAQナンデス!」のコーナー。この日の質問は、これからの季節の家庭内での食中毒の予防の一環で「口をつけたペットボトル(水やお茶)の飲料はいつまで飲めるのか」。後藤先生によれば、口をつけた水やお茶のペットボトルを36度の気温で2時間放置すると、菌が30倍に増えるそうで、飲んでも安全な時間の目安としては2時間以内とのこと。



後藤教授は、公衆衛生学、食品衛生学、環境衛生学を専門分野としています。様々な飲料水に対して同条件の実験を行い、上記の結論を導き出して、論文(和洋女子大学 紀要 第42集『小型ペットボトル飲料を唾液および手指で汚染させた時の細菌数の変化』2002年3月発行)にまとめています。

健康栄養学科の学びについてはこちらから

Tags:

ブログ内検索

受験生の方へ

卒業生の方へ

一般・地域の方へ

企業・研究者の方へ

寄付のお願い

facebook

twitter

LINE

YouTube