和洋女子大学|学部・学科|健康栄養学科|学科ブログ

学科インフォメーション

健康栄養学科

04 12

投稿者: kenkoueiyou
2019/04/12 14:56

2月27日、和洋女子大学にて開催された、第21回 家政学関連卒業論文・修士論文発表会(日本家政学会 関東支部主催)で和洋女子大学 健康栄養学類※4年生の松永花音さんたちの研究論文が支部長賞を受賞しました。この研究論文は湊久美子教授のゼミ生全員で取り組んだもので、発表会では代表で松永さんが発表を行いました。論文題目は「若年女性の有酸素運動習慣による体組成と有酸素運動能力に及ぼす影響」です。
(※2018年4月より、和洋女子大学は学群・学類から学部・学科に名称変更しました)

 
【写真】支部長賞の表彰状を持つ松永さん

以下、論文の概要です。
「運動不足の若年女性を対象に有酸素運動を介入して習慣的な運動の効果を検証しました。有酸素運動には20分ランニング、60分ウォーキング、20分縄跳びのいずれか好きな内容を選択し、週に3回、4週間実践し、その前後に、形態測定、新体力測定、運動負荷テスト(トレッドミル漸増負荷法)を実施しました。その結果、体重に変化はみられませんでしたが、体脂肪率は減少しました。さらに、20mシャトルランの記録と推定された最大酸素摂取量が増加して持久力の増加が、運動負荷テスト結果から呼吸循環系機能の向上が確認されました。以上の結果から、習慣的な有酸素運動の実践は、体脂肪の減少、呼吸循環系機能の向上をもたらすことが確認されました。対象となった若年女性は運動習慣の効果を実体験し運動習慣の具体的効果を認識できたことから、今後の運動習慣の維持につながる可能性が示されました」

松永さんからのコメント
「この研究はゼミ生全員で行い、自分たちが対象者として取り組んだので楽しみながら進めることができました。仲間との卒論活動が楽しく、卒論論文制作の励みになったと思います。大学での学びの集大成として発表して支部長賞を受賞することができ、自分たちの大学生活に対する、大きな達成感が得られました」

健康栄養学科の学び
健康栄養学科では、栄養・食事と健康に関する教育に加えて、運動を含めた生活習慣と健康に関する教育も充実させ、人々の健康生活を支援できる管理栄養士を養成しています。

健康栄養学科の学びについてはこちらから

Tags:

ブログ内検索

受験生の方へ

卒業生の方へ

一般・地域の方へ

企業・研究者の方へ

寄付のお願い

facebook

twitter

LINE

YouTube