和洋女子大学|学部・学科|健康栄養学科|学科ブログ

学科インフォメーション

健康栄養学科

10 02

投稿者: kenkoueiyou
2019/10/02 16:32

9月27日、千葉県八千代市にある、さわ田茶屋にて、やちよ蕎麦の会と和洋女子大学 健康栄養学科のコラボメニューである「令和にふさわしい新感覚蕎麦」3品の蕎麦のプレス発表&試食会が行われました。この産学連携事業は今回で4回目の開催、和洋女子大学は内3回参加しています。今回は和洋女子大学の健康栄養学類※3年生の10名が参加。指導教員は多賀昌樹准教授です。
(※2018年4月より、和洋女子大学は学群・学類から学部・学科に名称変更しました)


【写真】今回の産学連携事業に携わった方々と学生たちで記念撮影

今回は新元号「令和」となった”祝い”と”健康”をテーマに全3品のメニューを考案しました。プレス発表は、主催者とご来賓の方々の挨拶に始まり、学生たちが3グループに分かれて、メニュー名や特徴、メニュー創作でのエピソードを発表後、試食や質疑応答に移りました。

 
【写真左】やちよ蕎麦の会の会長である澤田政道氏のご挨拶
【写真右】多賀昌樹准教授による挨拶

【期間限定メニュー】
「祝!令和そば」
販売期間:10月21日(月)~10月30日(水)
「ソバボナーラ」
販売期間:10月31日(木)~11月9日(土)
「こくとまろやか豆乳ごまみそ蕎麦」
販売期間:11月10日(日)~11月19日(火)

販売店舗は八千代市の5店舗、詳しくはこちらのサイトをご覧ください。
※いずれも店舗によって価格が異なりますので、詳細は各店舗へお問い合わせください


【写真】「ソバボナーラ」をプロデュースした学生たちのメニュー紹介の様子

開会前はずっと緊張していた学生たちも、発表の際には笑顔で臨むことができました。「ソバボナーラ」をプロデュースした学生たちは、「調味料1gでもソースの味が大きく変わることを知り、普段の座学では学べない実習ならではの経験ができました。和のそばと洋のカルボナーラの味をどうやって調和させるかに苦労しましたが、やちよ蕎麦の会の皆さまの協力もあって、とてもおいしく仕上がりました」と話しました。

会場には、読売新聞やケーブルテレビなど様々なマスコミ各社が取材のため訪れていました。各社の取材や質疑応答にも、学生たちは笑顔で応じていました。

 
【写真】各社の取材に笑顔で応じる学生たち

取材後に学生たちも試食会に参加し、自分たちがプロデュースしたコラボメニューに舌鼓を打ちました。ご来賓の方々からも「美味しい」とのお言葉をいただきました。

 
【写真左】ご来賓の方々の試食の様子
【写真右】学生も試食会に参加して、美味しく頂きました!

また昨年に続き、今回の産学連携事業の広報を、秀明大学の学生の皆さんが担当してくれました。HP制作やSNSでのシェアによる情報発信の協力をいただいています。
制作していただいたHPはこちらから

メニュー提案会の様子はこちらから
健康栄養学科の学びについてはこちらから

Tags:

ブログ内検索

受験生の方へ

卒業生の方へ

一般・地域の方へ

企業・研究者の方へ

寄付のお願い

facebook

twitter

LINE

YouTube