和洋女子大学|学部・学科|健康栄養学科|学科ブログ

学科インフォメーション

健康栄養学科

名前: kenkoueiyou 作成日: 2014/02/07 14:25
健康栄養学科のブログ

投稿者: kenkoueiyou 投稿日: 2022/05/09 18:27
大学案内「WAYO GIRL」内の健康栄養学科のページ内に誤植がありましたので、おしらせいたします。
健康栄養学科の扉頁(P.50)の「めざせる免許・資格」>「その他」の1行目に誤りがありました。謹んでお詫びを申し上げます。

×「・食品栄養管理者」→ ◯「・食品衛生管理者」
投稿者: kenkoueiyou 投稿日: 2022/04/04 14:26
4月4日、和洋女子大学構内の和洋学園講堂にて、令和4年度 和洋女子大学・和洋女子大学大学院 入学式を挙行しました。式典終了後、各学科の教室に分かれ、オリエンテーションを行いました。



 
【写真】学科別オリエンテーションの様子

健康栄養学科のオリエンテーションでは、教員からのメッセージが新入生に送られました。

新入生の皆さん、並びに保護者の皆様、ご入学おめでとうございます。

健康栄養学科の学びについてはこちらから 
健康栄養学科のチバテレ制作の学科紹介動画はこちらから 

入試相談・学校見学は随時受付中です! 詳細についてはこちらから
投稿者: kenkoueiyou 投稿日: 2022/03/28 16:43
令和4年3月25日、第36回管理栄養士国家試験の結果発表があり、本学では123名が受験し、116名(合格率94.3%)が合格しました。管理栄養士養成課程(新卒)の全国平均合格率は92.9%でした。

健康栄養学科の学びについてはこちらから 
健康栄養学科のチバテレ制作の学科紹介動画はこちらから 
投稿者: kenkoueiyou 投稿日: 2021/12/22 10:51
11月3日付で、健康栄養学科の古畑公教授が一般社団法人 全国栄養士養成施設協会会長より表彰されました。それを賞して、12月21日、和洋女子大学の学長室にて、表彰状の伝達を執り行いました。


【写真】写真左より、本三保子教授、古畑公教授、岸田宏司学長、庄司妃佐教授

古畑教授の専門分野は公衆栄養学と公衆衛生学。東京農業大学大学院環境共生専攻博士課程修了。厚生労働省健康局栄養・食育指導官(食育推進室長併任)を退官。和洋女子大学に就任し、16年近くに渡り、数多くの健康栄養学科の卒業生たちを管理栄養士や栄養士として育成してくださいました。当日は、岸田宏司学長より古畑教授に表彰状と記念品が授与。家政学部長の庄司姫佐教授、健康栄養学科長の本三保子教授も参列しました。

健康栄養学科の学びについてはこちらから 
健康栄養学科のチバテレ制作の学科紹介動画はこちらから 


入試相談・学校見学は随時受付中です!
詳細についてはこちらから

 一般選抜A日程(1日目)は最長4年間で約400万円が免除される「特待生制度」と、緊急コロナ対策「寮費免除制度」の選考対象入試です。出願期間は2022年1月7日(金)~17日(月)。詳細はこちらから
投稿者: kenkoueiyou 投稿日: 2021/12/20 13:46
ボランティア部、健康栄養学科3年生 川島綾乃さんにインタビュー!

川島 綾乃さん
健康栄養学科3年生(※取材時)
出身高校:千葉県立千葉北高等学校

■川島さんが和洋女子大学の健康栄養学科に進学を決めたポイントはなんですか?
高校3年生の時に和洋女子大学のオープンキャンパスに参加しました。その際に「和洋女子大学に入ったら何を学びたいですか?」と健康栄養学科の先生に尋ねられ、私は「人が心からおいしいと思える食事を作りたい」ということを伝えました。すると先生が、「健康栄養学科の学びだけでなく、在学中に他の学科や学生たちといろいろなことに挑戦することで、あなたが『やりたいと思うこと』を学ぶことができるのではないか」と仰ってくださったことにとても感銘を受け、そしてとても嬉しかったことがきっかけで健康栄養学科に入ろう! と思い、進学を決めました。(つづく)
詳細...
投稿者: kenkoueiyou 投稿日: 2021/12/14 15:15
沖縄県出身 健康栄養学科3年生 佐藤天音さんにインタビュー!

佐藤 天音さん
健康栄養学科3年生(※取材時)
出身高校:沖縄県立普天間高等学校

■和洋女子大学を知ったきっかけや入学を決めた理由を教えてください
高校1年生の時、担任の先生から紹介していただいたのがきっかけです。広々として落ち着いた雰囲気のキャンパスや、管理栄養士国家試験の合格率の高さに惹かれて、進学したいと思いました。また、管理栄養士をめざすきっかけとなったスポーツ栄養の専門教員がいたことも決め手となりました。

■印象に残っている授業はなんですか?
臨地校外実習(「臨地実習Ⅰ~Ⅳ」)などの実地的な授業に興味を持って学んでいます。夏休み中に事業所実習として都内の社員食堂に実習へ行き、調理師や調理員の方とともに、実際の調理業務や販売業務を経験しました。管理栄養士の先生からは、栄養バランスが良いだけでなく、売り上げにつながる献立を作成する工夫点などを教えていただきました。(つづく)
詳細...
投稿者: kenkoueiyou 投稿日: 2021/08/19 15:29
健康栄養セミナー(履修時期:1年次 必修)」は和洋女子大学の教育方針及び大学生活の基本ルールを理解し、健康栄養学科で4年間、学ぶための基本スキルを習得するための授業です。「管理栄養士」をキーワードとした授業から、健康栄養学科で自主的に学習する意欲を高めます。担当は鯨岡みどり助教です。


【写真】7月19日、外部講師を招いての対面授業。現在、和洋女子大学では対面授業は1席ずつ空けての着席、出入口の扉を開放して換気、全員のマスク着用を実施しています

7月19日、この日はハーブランド薬局で管理栄養士として働いている卒業生の滝 優里さんが同僚の方と一緒に、薬局における管理栄養士の業務内容や地域活動としての栄養指導、レストランとのコラボレーションとしてのレシピ提供などについて、学生たちにお話してくださいました。
卒業生の滝さんからは大学生活の思い出等もお話もあり、最後には「素敵な管理栄養士になってください。一緒にがんばりましょう!」とエールをいただきました。

講義を終えて、学生からは「薬局で働く管理栄養士の仕事について具体的に聞けて良かった」「管理栄養士という資格をいかした仕事の可能性がもっとあることを知り、視野が広がった」等の感想が寄せられました。

 
【写真左】卒業生の滝 優里さんの講義の様子
【写真右】熱心に講義を聴く学生たち

健康栄養学科の学びについてはこちらから
健康栄養学科のチバテレ制作による学科紹介動画はこちらから
 
投稿者: kenkoueiyou 投稿日: 2021/07/13 14:50
和洋女子大学 健康栄養学科は3年生に、必修科目である「給食経営管理実習」(指導教員 登坂三紀夫教授)を実施しています。実習は通年科目で実施されています。学生は、12班に分かれて実習し、班毎に主食・主菜・副菜・デザートの料理を考案します。献立は連続して提供されることを想定しているため、類似の料理が続かないように各班のリーダーが連携して調整を行います。登坂教授によると、「給食は特定多数の利用者に毎日、食事を提供していることから、可能な限り異なるメニューを組み立て、イメージが重ならないように素材選びなどに、配慮することが必要」とのことです。学生たちは、3年生になる直前の春休みからメニューを考えて実習の準備を行います。

 
【写真左】野菜の仕込み作業 【写真右】豚肉の調理

コロナ禍での実習の進め方は、困難な道のりです。まず、学生は班内のメンバーが一堂に会してのメニュー相談ができず、manaba course(学生向けの教育支援システム)等を利用しての連絡となるため、コミュニケーションを活発にすることが難しく、通常よりメニュー決定に時間がかかります。また、以前は、給食の提供は給食経営管理実習室に隣接する試食室で喫食していただけるように、カウンターでの対面サービスで配膳していましたが、昨年より、新型コロナウイルスの感染予防対策の観点から、試食室での喫食を取りやめ、お弁当箱販売で提供しています。そのため、テイクアウト容器に詰め終わるまでを設定時間内に行う必要があり、従来の実習よりも作業時間がタイトとなっているそうです。

 
【写真左】実習中での登坂教授による指導 【写真右】お弁当箱につめる作業

しかし、「コロナ禍で感染予防対策を講じながら実習を行う意義はある」と、登坂教授は言います。「今後、必修科目である臨地実習で、学外の給食施設に行く学生にとって、大量調理を行う際の班員との協働作業の必要性、機器の操作や器具の扱い方などを知っていることが、重要なポイントとなる。実習に行って困らないように、大量調理の感覚を身につけてもらいたい」とのことです。健康栄養学科の学生たちは、学内や学外の実習先でさまざまな経験を積み、社会に出ていきます。コロナウイルス感染症に左右されることなく、実習を進めている学生たちのこれからが楽しみです。

<実習を終えた学生たちからのコメント>

【写真】健康栄養学科3年生の大石さん(左)と泉澤さん(右)

健康栄養学科3年 泉澤若奈さんのコメント
ネット環境で献立を決定したので、皆からの意見を絞り込むのが難しかったですが、お弁当箱での提供ということで、販売されているお弁当を作りあげるようなイメージで楽しく実習に取り組みました。大量調理は、慣れない作業もあり大変でしたが、皆で協力して作業することで、大きな達成感を感じました。将来は、管理栄養士の資格を生かして、健康食品の開発や、食生活で健康をサポートするような仕事に就きたいと考えています。

健康栄養学科3年 大石菜々実さんのコメント
授業がオンラインになり、集まって話し合うことが難しく、コロナ禍での進め方に苦労しましたが、この状況での実習だからこそ、衛生管理がいかに重要であるか、ということを強く感じました。実習は、予定通りに進まないこともありましたが、皆と協力して無事に終えることができたので良かったです。今回の実習を経験して、「食べることの楽しさ」を多くの人に伝えられるような管理栄養士になりたい、という気持ちを持ちました。

健康栄養学科の学びはこちらから
健康栄養学科のチバテレ制作による学科紹介動画はこちらから
投稿者: kenkoueiyou 投稿日: 2021/06/30 14:14
8月7日(土)、和洋女子大学にて、健康栄養学科主催「集まれ!管理栄養士になりたい女子高校生」と題した体験授業イベントを開催します(事前予約制)。健康栄養学科の学びを体験できる、独自のプログラムを用意して高校生の皆さんの参加をお待ちしています。こちらのイベントは申込受付を終了しました



開催日時:8月7日(土)13 :00~16:00
定  員:30名
対  象:健康栄養学科に興味のある高校1〜3年生の女子生徒
申  込:完全予約制
申込期間:7月9日(金)〜8月4日(水)こちらのイベントは申込受付を終了しました

アスリートを支える管理栄養士をめざそう
スポーツ現場で活躍する管理栄養士をめざしてみませんか?健康栄養学科では、スポーツや運動に関連する科目が多数、開講されています。

カナダのブレシア大学での学び
健康栄養学科にはカナダのブレシア大学での海外栄養学研修があります。研修に参加した学生からの報告を聞いて、日本と海外の管理栄養士の違いについて考えてみましょう。

千葉県の郷土料理を知ろう
食育活動に参加した学生たちの実演を見ながら、千葉県の郷土料理のひとつである「太巻き祭りずし」について学びましょう。

健康栄養学科の学びについてはこちらから
和洋女子大学の学科紹介動画はこちらから
投稿者: kenkoueiyou 投稿日: 2021/04/02 15:49
4月2日、和洋女子大学・和洋女子大学大学院 入学式を挙行しました。今年度は、学科・研究科ごとに教室に分かれて行いました。



 
【写真】健康栄養学科の入学式の様子
 
新入生の皆さん、並びに保護者の皆様、ご入学おめでとうございます。
1 2 3 4 5 6 7 8 9 >>

ブログ内検索

受験生の方へ

卒業生の方へ

一般・地域の方へ

企業・研究者の方へ

寄付のお願い

facebook

twitter

LINE

YouTube