和洋女子大学|学部・学科|健康栄養学科|学科ブログ

学科インフォメーション

健康栄養学科

名前: kenkoueiyou 作成日: 2014/02/07 14:25
健康栄養学類ブログ

投稿者: kenkoueiyou 投稿日: 2019/07/12 16:36
7月8日(月)と10日(水)、健康栄養学類3年生の授業「栄養療法(治療食)実習」において、日清医療食品株式会社の協力により特別授業を実施しました。
(※2018年4月より、和洋女子大学は学群・学類から学部・学科に名称変更しました)

テーマは「少子高齢化の中でも疾患に合わせた治療食の提供を維持できる管理栄養士育成」。
少子高齢化による労働力不足で、病院・介護施設の食事の提供現場においても作業省力化のニーズが高まっています。
クックチル方式(加熱調理した食品を急速冷却し、食事時間に合わせて再加熱し提供する調理システム)を導入する施設が増えてきていますが、これを学べる機会は少ない為、今回の特別授業を実施することになりました。

授業では日清医療食品株式会社のクックチル商品「モバイルプラス」を活用し、少ない労働力でもスピーディーに均一な食事を提供できる最先端の食事サービスを体験しました。
 
 
【写真】クックチル商品「モバイルプラス」(写真は、カロリーを抑えたエネルギー制限食のメニュー) 



  
【写真】調理の様子。チームワークも試されます。
 
最新の調理システムを利用することで、それぞれの疾患に合わせた複数の治療食を提供する際にも、調理や献立作成の時間を短縮し、患者様と接する時間などを確保できます。
これからの管理栄養士の働き方について考える、とても良い機会となりました。

日清医療食品株式会社の公式HPはこちらから
健康栄養学科の学びはこちらから
 
投稿者: kenkoueiyou 投稿日: 2019/07/12 16:33
7月5日(金)、健康栄養学類3年生の必修科目「給食経営管理実習」が行われました。
(※2018年4月より、和洋女子大学は学群・学類から学部・学科に名称変更しました)

学生達は12のグループに分かれ、グループごとに100人分の給食を作ります。
献立作成や調理はもちろん、食材発注、栄養管理、衛生管理、作業計画作成等も、学生が主体となって行います。

今回のグループの献立は、夏野菜カレーを中心とした栄養満点のメニュー。
事前に学内で発売された食券は完売し、多くの学生や教職員で賑わいました。

  

 
【写真】調理・配膳の様子


【写真】提供された給食。野菜たっぷりで大好評でした!
 
給食施設における栄養士の業務を実践的に学び、運営管理を体得することが授業の目標です。
将来につながる学びに、皆懸命に取り組んでいました。

健康栄養学科の学びはこちらから
 
投稿者: kenkoueiyou 投稿日: 2019/07/03 10:56
6月25日、健康栄養学科の藤澤由美子教授のゼミの4年生たちが、「食育フェア2019」を南館1階のエントランスで行ないました。恒例のコンビニWAYO(バーチャルコンビニ)では、通りがかった他学科の学生たちにいつもの買い物をしてもらい、ゼミの学生たちが、選ばれた食品のカロリー計算を行ったり、おすすめの組み合わせ方などを説明しました。


【写真】右側の学生が選んだ食品を元に栄養バランスの取り方を指導する学生たち

 
【写真左】コンビニの食品でも、組み合わせ次第でバランスの良い一食分の食事を摂ることができます
【写真右】朝食レシピの配付も行いました

また、朝食を食べることを推進するための「朝食ポスターコンテスト」も開催しました。毎年6月は食育月間ということで、和洋女子大学でもこの時期に食育フェアを行い、在学生たちに対して食に関する情報提供や食事について考える問題提起を行っています。


【写真】食育フェアで活躍してくれた学生たち

健康栄養学科の学びについてはこちらから
投稿者: kenkoueiyou 投稿日: 2019/05/29 10:41
5月28日、八千代商工会議所にて「第4回やちよ蕎麦の会×和洋女子大学 コラボメニュー事業」のメニュー提案会が行われました。


【写真】メニュー提案会の様子

今年度は学生10名、3チームに分かれての参加です。それぞれのチームが1品ずつ、 コラボメニューを提案しました。今後は、やちよ蕎麦の会の方々と試作、試食を行い、10月の販売に向けて進めていきます。


【写真】コラボメニューを提案する学生たち

同日にはケーブルテレビのJ:COMの取材があり、5月30日(木)17:00~のデイリーニュース(地域:船橋・習志野・八千代)で取材の様子が流れる予定です。(同日30日(木)21時、22時、23時にそれぞれ再放送予定)

昨年度の同産学連携事業のプレス発表&試食会の記事はこちらから
健康栄養学科の学びについてはこちらから
投稿者: kenkoueiyou 投稿日: 2019/04/20 11:02
2月に開催された千葉県主催の体験ツアー(学生対象)、平成30年度地産地消食育推進モデル事業「おいしさいっぱい! ちばの恵み体験ツアー」に健康栄養学科の学生たちが参加しました。ツアーは2コース。「海苔(木更津)」コースに5名、「あじさいねぎ(松戸)」コースに6名の学生が参加しました。

■「海苔(木更津)」コース
2月20日、木更津市中島にある金田漁業協同組合にて、海苔養殖場や加工工場の見学、海苔すき体験や海苔を使った調理体験や試食などを実施。海苔ができるまでの過程を説明する講義や木更津市の農林水産業や食育の取り組みについての解説、ワークショップなども行われました。参加者は18名。ワークショップでは2班に分かれて「金田の海苔 おいしさプロデュース! 『海苔』の魅力を伝えよう!」をテーマにアイデアを出し合い、プレゼンテーションを行いました。

■「あじさいねぎ(松戸)」コース

2月26日、松戸市内各所にて、あじさいねぎの収穫体験や調製作業体験、調理実習、ワークショップなどを実施。松戸市役所農政課の方による松戸市農産物のPRなども行われました。参加者は総勢41名。ワークショップでは5班に分かれて「あじさいねぎの魅力を◯◯にどうPRするか」(◯◯は「松戸市の消費者」「20代」「プロのシェフ」「全国の消費者」「学校給食」の5つから、各班異なるテーマを選択)をテーマにアイデアを出し合い、プレゼンテーションを行いました。

   
【写真左右】収穫方法の説明を受けて、実際にあじさいねぎを収穫しました

   
【写真左右】調整作業はねぎの皮むきから始まり、結束、包装までを行いました

   
【写真左】調理実習の様子
【写真右】題して「あじさいねぎまみれ」。上から時計回りで、あじさいねぎのムースとジュレ、サツマイモのクロケット、あじさいねぎのマリネ、ブルスケッタ、あじさいねぎのポタージュ 中央:鶏ハム

 
【写真左右】ワークショップとプレゼンテーションの様子 

この様子は、ちばテレビ「ウィークリー千葉県」で3月2日に放映されました。

健康栄養学科の学びについてはこちらから
投稿者: kenkoueiyou 投稿日: 2019/04/12 14:56
2月27日、和洋女子大学にて開催された、第21回 家政学関連卒業論文・修士論文発表会(日本家政学会 関東支部主催)で和洋女子大学 健康栄養学類※4年生の松永花音さんたちの研究論文が支部長賞を受賞しました。この研究論文は湊久美子教授のゼミ生全員で取り組んだもので、発表会では代表で松永さんが発表を行いました。論文題目は「若年女性の有酸素運動習慣による体組成と有酸素運動能力に及ぼす影響」です。
(※2018年4月より、和洋女子大学は学群・学類から学部・学科に名称変更しました)

 
【写真】支部長賞の表彰状を持つ松永さん

以下、論文の概要です。
「運動不足の若年女性を対象に有酸素運動を介入して習慣的な運動の効果を検証しました。有酸素運動には20分ランニング、60分ウォーキング、20分縄跳びのいずれか好きな内容を選択し、週に3回、4週間実践し、その前後に、形態測定、新体力測定、運動負荷テスト(トレッドミル漸増負荷法)を実施しました。その結果、体重に変化はみられませんでしたが、体脂肪率は減少しました。さらに、20mシャトルランの記録と推定された最大酸素摂取量が増加して持久力の増加が、運動負荷テスト結果から呼吸循環系機能の向上が確認されました。以上の結果から、習慣的な有酸素運動の実践は、体脂肪の減少、呼吸循環系機能の向上をもたらすことが確認されました。対象となった若年女性は運動習慣の効果を実体験し運動習慣の具体的効果を認識できたことから、今後の運動習慣の維持につながる可能性が示されました」

松永さんからのコメント
「この研究はゼミ生全員で行い、自分たちが対象者として取り組んだので楽しみながら進めることができました。仲間との卒論活動が楽しく、卒論論文制作の励みになったと思います。大学での学びの集大成として発表して支部長賞を受賞することができ、自分たちの大学生活に対する、大きな達成感が得られました」

健康栄養学科の学び
健康栄養学科では、栄養・食事と健康に関する教育に加えて、運動を含めた生活習慣と健康に関する教育も充実させ、人々の健康生活を支援できる管理栄養士を養成しています。

健康栄養学科の学びについてはこちらから
投稿者: kenkoueiyou 投稿日: 2019/04/05 10:18
4月8日(月)放送予定の『名医のTHE太鼓判!』(TBSテレビ)より、健康栄養学科の多賀昌樹准教授が取材依頼を受け、番組制作に協力しました。


【写真】撮影は和洋女子大学の学内で行われました

どのような放送になるのか、どうぞ、お楽しみに!
※放送予定のため内容に変更がある場合があります。

放送媒体 :TBSテレビ『名医のTHE太鼓判!
放送予定日:4月8日(月)19時~

健康栄養学科の学びについてはこちらから 
投稿者: kenkoueiyou 投稿日: 2019/03/29 14:59
平成31年3月29日、第33回管理栄養士国家試験の結果発表があり、本学では122名が受験し、122名(合格率100%)が合格しました。管理栄養士養成課程(新卒)の全国平均合格率は95.5%でした。

健康栄養学類の学びについてはこちらから
投稿者: kenkoueiyou 投稿日: 2019/03/15 8:57
健康栄養学類3年生が履修している永澤 貴昭助教ゼミでは、16名の学生たちが少人数グループに分かれ、スポーツ栄養学に関する卒業論文研究を行っています。
2018年4月より、和洋女子大学は学群・学類から学部・学科に名称変更しました)

今回は千葉商科大学ラグビー部員の協力のもと、学生考案レシピのお弁当を提供しました。

   
【写真左】学生たちが昼食を調理する様子 【写真右】お弁当は1400キロカロリー、お米は350g

昼食時には部員の方々へ向けて「増量のために1日当たりどのくらいのたんぱく質をとるべきか」などの栄養指導も行いました。

 
【写真】昼食時、学生たちが交流している様子

昼食の前には、千葉商科大学ラグビー部の練習に参加させてもらい、ボールの投げ方などのレクチャーを受けました。

   
【写真】昼食提供前、部員の指導のもと、ラグビーのレクチャーを受ける学生たち

スポーツ栄養士の資格をもつ永澤 貴昭助教のゼミでは、スポーツ栄養学に関する研究の一環として、他大学の体育会系選手の協力のもと、研究を進めています。永澤 貴昭助教自らも、2020年開催の東京パラリンピックに向けて、女子シッティングバレーボールのナショナルチーム選手の栄養指導にあたるなど、多方面で活躍しています。

健康栄養学科の学びについてはこちらから
投稿者: kenkoueiyou 投稿日: 2019/03/01 14:18
2月24日、「海外栄養学研修」(健康栄養学科主催)のため、健康栄養学科の学生たちがカナダで唯一の女子大学であるブレシア大学へ出発しました。引率は健康栄養学科の松井幾子准教授杉浦令子准教授が担当します。


【写真】ブレシア大学の前で記念撮影

研修期間は2月24日(日)~3月11日(月)。学生たちはブレシア大学の寮に滞在して、栄養関係の講義・実験・実習科目と幅広く履修し、近隣の施設の見学なども行います。今週末にはエクスカーションとしてトロントまで行き、エキスポ参加・アイスホッケー観戦・シュガーブッシュの見学などのプログラムが予定されています。


【写真】ブレシア大学での「食品学実験」の授業

健康栄養学科では給食施設や病院など、現場ですぐに活躍できる実践力を身につけるため、実習や研修のカリキュラムを充実させています。ブレシア大学は和洋女子大学の協定校(協定校一覧はこちらから)。毎年、双方の学生たちがお互いの大学で研修を行い、学びを深めています。

健康栄養学科の学びについてはこちらから
和洋女子大学の海外研修についてはこちらから
1 2 3 4 5 6 7 8 9 >>

ブログ内検索

受験生の方へ

卒業生の方へ

一般・地域の方へ

企業・研究者の方へ

寄付のお願い

facebook

twitter

LINE

YouTube