和洋女子大学|学部・学科|健康栄養学科|学科ブログ

学科インフォメーション

健康栄養学科

名前: kenkoueiyou 作成日: 2014/02/07 14:25
健康栄養学科のブログ

投稿者: kenkoueiyou 投稿日: 2022/08/17 11:12
子どもたちへの栄養教育や食教育指導を専門分野とする、健康栄養学科の布川 美穂助教の研究室では、小学生をはじめとする子どもたちを対象とし、食育の必要性から現状の課題を見つけ出し、実際に指導を行うことで新たな食育へ繋げる研究をしています。この日は、研究室の4年生たちが集まり、これまで実施してきた食育活動の内容を振り返りました。
布川ゼミでは、市川市やその他の小学校と連携を図り、コロナ禍を視野にいれた遠隔食育授業を行っています。冬至には柚子、上巳の節句(3月3日)にはひなあられなど、実物教材も取り入れたリアルタイムの遠隔食育授業を実施しました。また、オンデマンド形式の食育活動では「お箸の持ち方」を指導するために動画を作成するなど、時代のニーズに沿った食育を学生たちと共に創りあげています。いつも笑顔で学生と向き合う、布川先生の姿が印象的です。


【写真】遠隔授業でも教材は対面授業に近づけて・・・とディスカッション

 
【左写真】日本の「季節の節句」を食育と関連付けて学びます
【右写真】子どもたちに発表する内容も学生たちで話し合います

 
【左写真】布川先生の主な研究内容である「給食と繋げた食育」について理解を深めていきます
【右写真】「正しいお箸の持ち方」の動画を撮影し、YouTubeを介した教材を作成しました

 
【左写真】日本成人病予防協会と連携し「バナナうんちで元気な子!」の授業練習も行っています
【右写真】ゼミ4年生と布川先生で記念撮影。研究活動と、来年の管理栄養士国家試験も頑張ります!

コロナ禍の約2年は遠隔での食育活動が中心でしたが、今後は対面の授業や幼児期からの食育などを展開する予定です。子どもたちと共に学生も多くの事を学び、未来の食育指導者として羽ばたいていく事を期待しています。

健康栄養学科の学びについてはこちらから 
健康栄養学科のチバテレ制作の学科紹介動画はこちらから 

「夏のイベント情報」こちらから
投稿者: kenkoueiyou 投稿日: 2022/07/22 13:36
健康栄養学科の杉浦令子教授の研究室では、女子中学生を対象とした健康管理および栄養管理のテーマで研究を進めています。この日、研究室の学生たちは併設校の和洋国府台女子中学校高等学校に掲示する媒体を作成しました。

 
【写真】各自で担当するテーマの媒体を、PCを使って作成します

 
【写真】このグループでは栄養教育の動画を相談しながら作成中です

 
【写真】掲示物をどのように作っていくか、相談しながら進めていきます

 
【写真】「健康栄養情報プラザ」と題して、栄養についての掲示物を季節ごとに変えていきます

中学校、高等学校の6年間は思春期から成人期への移行期で、特に女性にとって健康管理、栄養管理が重要な時期です。学生たちは、生徒の自発的な健康管理能力を向上させる目的で、生徒に伝えたい健康や栄養に関する情報を盛り込んだ栄養教育用媒体を作成しました。研究室では、ゼミ生が協力しながら健康栄養学科で学んだ知識と技術を生かして、今後も継続的な栄養教育活動を計画しています。

健康栄養学科の学びについてはこちらから 
健康栄養学科のチバテレ制作の学科紹介動画はこちらから 

「夏のイベント情報」こちらから
投稿者: kenkoueiyou 投稿日: 2022/06/28 16:42
6月20日から6週間にわたって、東京・丸の内の「丸の内タニタ食堂」にて、タニタ食堂と健康栄養学科の鈴木敏和教授の研究室とのコラボメニュー、「疲労対策コエンザイムQ10メニュー」(週替わり、一汁二菜定食)が提供されます。疲労対策をテーマとし、1食でコエンザイムQ10を5mg以上摂ることができるメニュー3種類を一汁二菜定食として鈴木研究室が考案しました。


【写真】「豚しゃぶサラダ ~坦々胡麻だれ~」定食

6月20日からのメニューは、「豚しゃぶサラダ ~坦々胡麻だれ~」定食。
(カロリー699kcal、塩分2.1g、たんぱく質40.13g、野菜量145g、脂質26.48g、コエンザイムQ10  6.967mg)
6月20日から7月29日まで、3週類のメニューが週替わり定食として提供されます(月~金、ランチタイムのみ)。メニューの詳細はタニタ食堂のHPで紹介されています。


【写真】鈴木敏和教授とコラボ企画に参加した健康栄養学科の学生

健康栄養学科の鈴木敏和研究室では、コエンザイムQ10の研究を長年にわたって行っています。疲労の回復を助けるコエンザイムQ10が多く含まれる肉や魚をしっかり摂取できるよう、主菜とのバランスを考えた副菜と汁物を考案。鈴木敏和教授と学生たちで「一汁二菜定食」を完成させました。

過去の記事はこちらから
合食×健康栄養学科のコラボ企画!「おいしい減塩おつまみシリーズ」を使ったアレンジレシピ開発がスタートしました
【産学連携】2年生が考案する「茎わかめのパッケージデザイン」開発プロジェクト

健康栄養学科の学びについてはこちらから 
健康栄養学科のチバテレ制作の学科紹介動画はこちらから 

次回の来場型オープンキャンパスは 7月18日(月・祝)に開催します。
申込はこちらから

「受験生サイト」オープン!詳しくはこちらから
投稿者: kenkoueiyou 投稿日: 2022/06/09 10:12
株式会社合食の人気商品「おいしい減塩おつまみシリーズ」を使ったアレンジレシピを健康栄養学科の3年生たちが考案するコラボ企画がスタートしました。この減塩おつまみのメイン購入層は50代以上。20~30代の若年層の興味・関心を引き、おつまみ製品をそのまま食べるだけでなく、簡単に作ることができて、若者もつまみたくなるアレンジレシピを考案することを目的としています。担当は登坂三紀夫教授です。


【写真】説明会の様子

5月17日、株式会社合食の商品部の方に大学へ来ていただき、参加学生との顔合わせと企画の説明会が行われました。参加学生は総勢26名。説明会後、レシピ考案のための製品9品をグループごとに小分けしました。その場で試食する学生たちも見受けられ、ふだん、おつまみ製品を食べる機会の少ない学生もよく食べるという学生も、さまざまなおつまみに「美味しい!」と笑顔がこぼれていました。
   
 

 
【写真】この9製品を使ってアレンジレシピを考案します

今後はレシピ案を提出し、試作・試食会を繰り返し、レシピを確定していきます。採用されたレシピは株式会社合食のHPや公式Instagram、YouTubeなどのSNSで情報発信される予定です。9月に予定されているプレス発表まで、学生たちの奮闘ぶりを大学HPで紹介していきます。どうぞ、お楽しみに!

株式会社合食とは2018~2019年にかけて「ヘルシースナッキング新商品(茎わかめ)パッケージデザイン開発プロジェクト」というコラボ企画で健康栄養学科の学生がお世話になりました。

過去の記事はこちらから
【産学連携】2年生が考案する「茎わかめのパッケージデザイン」開発プロジェクト
【産学連携】「ヘルシースナッキング新商品パッケージ開発プロジェクト」プレス発表が行われました

健康栄養学科の学びについてはこちらから 
健康栄養学科のチバテレ制作の学科紹介動画はこちらから 

次回の来場型オープンキャンパスは 6月12日(日)・19日(日)に開催します。
申込はこちらから 

「受験生サイト」オープン! 詳しくはこちらから
投稿者: kenkoueiyou 投稿日: 2022/06/08 12:15
7月10日(日)、認定NPO法人千葉アレルギーネットワーク主催で、食物アレルギーの基礎を1日で学べる集中講座「第17期アレルギー大学in千葉 ベーシックプログラム」が、オンライン講座ライブ配信で開催されます。この講座は、食物アレルギーを体系的に学べる全国で唯一の講座として、17年前から開講。これまでに千葉県内の多くの管理栄養士、栄養士、保育士、看護師をめざす学生たちが受講しており、好評を博しています。



(※画像をクリックまたはタップするとPDFデータが別ウィンドウで開きます)

【開催日時】7月10日(日)9:20~16:00
【資 料 代】一般:10,000円、学生:4,000円
     (テキストと配付資料は事前に郵送します)
【申込方法】千葉アレルギーネットワークのHPよりお申込みください。

管理栄養士、栄養士、保育士、看護師をめざす学生や、食物アレルギーに興味がある一般の方にとって、大変有益な講座です。奮ってご参加ください。

日本アレルギー学会の認定アレルギー専門医でもある健康栄養学科の原光彦教授が千葉アレルギーネットワークと関りがあることから、管理栄養士、栄養士、保育士、看護師を育成する学科を有する和洋女子大学の学生たちに講座を紹介してくださいました。

【お問合せ】
千葉アレルギーネットワーク事務局
info@chiba-allergynet.jp
投稿者: kenkoueiyou 投稿日: 2022/06/08 11:19
前期の健康栄養学科1年生の必修科目「健康栄養セミナー」。この授業では、和洋女子大学の教育方針および大学生活の基本ルールを理解し、健康栄養学科で4年間学ぶための基本スキルを習得します。担当は布川美穂助教です。


【写真】講演に来てくださった熊谷喜八氏と布川美穂助教

このセミナー形式の授業は従来、和洋女子大学の宿泊施設である佐倉セミナーハウス(千葉県佐倉市)での1泊2日の研修を中心に、その前後で準備・総括を行いますが、2022年度は宿泊せず、学内で管理栄養士をキーワードとした講義、グループワーク等を通じて、教員と学生同士の交流を深めることを目標としました。

4月下旬には、和洋女子大学に「KIHACHI」の創業者である熊谷喜八氏をお招きし、学生たちへ食に対する志や人生の逆算についての講演をしていただきました。学生たちからは「16歳より自身の夢へ向かい諸外国での修行経験を経て多くの受賞をされた行動力に感銘を受けた」「今何が必要で、いつか何をするかという、人生の道のりを考えさせられた」「将来どのような管理栄養士になりたいのか具体的に考え、逆算して大学生活を送りたい」などの感想が寄せられました。


健康栄養学科の学びについてはこちらから 
健康栄養学科のチバテレ制作の学科紹介動画はこちらから 

次回の来場型オープンキャンパスは 6月12日(日)・19日(日)に開催します。
申込はこちらから 

「受験生サイト」オープン! 詳しくはこちらから
投稿者: kenkoueiyou 投稿日: 2022/05/09 18:27
大学案内「WAYO GIRL」内の健康栄養学科のページ内に誤植がありましたので、おしらせいたします。
健康栄養学科の扉頁(P.50)の「めざせる免許・資格」>「その他」の1行目に誤りがありました。謹んでお詫びを申し上げます。

×「・食品栄養管理者」→ ◯「・食品衛生管理者」
投稿者: kenkoueiyou 投稿日: 2022/04/04 14:26
4月4日、和洋女子大学構内の和洋学園講堂にて、令和4年度 和洋女子大学・和洋女子大学大学院 入学式を挙行しました。式典終了後、各学科の教室に分かれ、オリエンテーションを行いました。



 
【写真】学科別オリエンテーションの様子

健康栄養学科のオリエンテーションでは、教員からのメッセージが新入生に送られました。

新入生の皆さん、並びに保護者の皆様、ご入学おめでとうございます。

健康栄養学科の学びについてはこちらから 
健康栄養学科のチバテレ制作の学科紹介動画はこちらから 

入試相談・学校見学は随時受付中です! 詳細についてはこちらから
投稿者: kenkoueiyou 投稿日: 2022/03/28 16:43
令和4年3月25日、第36回管理栄養士国家試験の結果発表があり、本学では123名が受験し、116名(合格率94.3%)が合格しました。管理栄養士養成課程(新卒)の全国平均合格率は92.9%でした。

健康栄養学科の学びについてはこちらから 
健康栄養学科のチバテレ制作の学科紹介動画はこちらから 
投稿者: kenkoueiyou 投稿日: 2021/12/22 10:51
11月3日付で、健康栄養学科の古畑公教授が一般社団法人 全国栄養士養成施設協会会長より表彰されました。それを賞して、12月21日、和洋女子大学の学長室にて、表彰状の伝達を執り行いました。


【写真】写真左より、本三保子教授、古畑公教授、岸田宏司学長、庄司妃佐教授

古畑教授の専門分野は公衆栄養学と公衆衛生学。東京農業大学大学院環境共生専攻博士課程修了。厚生労働省健康局栄養・食育指導官(食育推進室長併任)を退官。和洋女子大学に就任し、16年近くに渡り、数多くの健康栄養学科の卒業生たちを管理栄養士や栄養士として育成してくださいました。当日は、岸田宏司学長より古畑教授に表彰状と記念品が授与。家政学部長の庄司姫佐教授、健康栄養学科長の本三保子教授も参列しました。

健康栄養学科の学びについてはこちらから 
健康栄養学科のチバテレ制作の学科紹介動画はこちらから 


入試相談・学校見学は随時受付中です!
詳細についてはこちらから

 一般選抜A日程(1日目)は最長4年間で約400万円が免除される「特待生制度」と、緊急コロナ対策「寮費免除制度」の選考対象入試です。出願期間は2022年1月7日(金)~17日(月)。詳細はこちらから
1 2 3 4 5 6 7 8 9 >>

ブログ内検索

受験生の方へ

卒業生の方へ

一般・地域の方へ

企業・研究者の方へ

寄付のお願い

facebook

twitter

LINE

YouTube