和洋女子大学|学部・学科|健康栄養学科|学科ブログ

学科インフォメーション

健康栄養学科

名前: kenkoueiyou 作成日: 2014/02/07 14:25
健康栄養学類ブログ

投稿者: kenkoueiyou 投稿日: 2019/11/26 11:07
10月末に名古屋ガーデンパレス(愛知県名古屋市)で行われた「第41回日本臨床栄養学会、第40回日本臨床栄養協会、第17回大連合大会」にて、卒業論文研究で行った研究を学会発表した、健康栄養学科の 鈴木敏和教授 ゼミの4年生のインタビュー記事を紹介します。学会に参加したのは、松浦京さん、菰田有美さん、花田采香さん、横内みなみさん、甲田千砂さんの5名です。 【演題】「食事の仕方の違いによる間質液グルコース値の変動の影響とその個人差」  松浦京さんが筆頭演者で口頭発表(横内みなみさん、笈川莉奈さん、勝野陽香さん、花田采香さん共同演者) 松浦京さん ■学会を終えて 卒業研究の内容を多くの人の前で発表し、とても緊張しました。貴重な経験になったと思います。 ■卒業論文研究を行った感想 食物繊維を多く含む食品の「先食べ」に効果があると思い、研究を行っていましたが、効果のある人とない人がいて個人差が大きいことがわかりました。自分に適した食事や個人差の大きさを知ることができて良かったと思いました。 ■研究で大変だったこと・面白かったこと データの整理をすることに苦労しました。1人の被験者で7~8種類の食事を行なったため、データが多く大変でした。個人差が大きく、被験者ごとに間質液グルコース値が低くなる食事が異なることが、とても面白いと感じました。 ■卒業後の進路・将来の目標 卒業後は栄養指導を行う際に今回の卒業研究の内容を頭に入れ、その人に合った指導を行えるようになりたいです。 横内みなみさん ■卒業論文研究を行った感想 自分に合った血糖上昇抑制効果がある食品や食べ方がわかって良かったです。今回、行った食事以外の方法でも色々と試してみたいと思いました。 ■研究で大変だったこと・面白かったこと 血糖値の測定の為に、行動や食事の制限があったことが大変でした。論文や教科書等で血糖値上昇抑制作用があると言われている食品であっても、想像していた以上に個人差が大きかった事が面白かったです。 ■卒業後の進路・将来の目標 卒業後は病院の管理栄養士として働きたいと思っています。今回の研究結果から、個人差がある事を十分に考慮して、個々に合わせた食事指導を行うことができるようになりたいと思います。 花田采香さん ■卒業論文研究を行った感想 卒業論文研究の結果では、ゼミの仲間と同じ内容の食事をしても、食後の間質液グルコース値の上がり方には個人差がみられることが分かりました。実験前の予想では、食後間質液グルコース値は皆、同じような上がり方をすると考えていましたが、実際には個人差がみられ、皆一様ではないのだなと実感しました。また、自ら被験者になって実験を行うことで、食後血糖値上昇を抑制できる食べ方がわかり、今後の食生活に役立てて行こうと思いました。 ■研究で大変だったこと・面白かったこと 大変だったことは、食事の内容があらかじめ決められていたので、食べたい食べ物が食べられなかったことです。面白かったことは、ゼミの仲間と同じ内容の食事をしても、食後間質液グルコース値の上がり方には個人差がみられたことです。 ■卒業後の進路・将来の目標 食事の大切さや食べることの楽しさを、食事を通して伝えられる管理栄養士になりたいです! 【演題】「長期コエンザイムQ10摂取者における血清コエンザイムQ10レベルとABCB1遺伝子一塩基多型との関連」  菰田有美さんが筆頭演者で口頭発表(甲田千砂さん共同演者) 菰田有美さん ■学会で発表を終えて 本番はとても緊張しましたが、周りの方々の助けもあり、なんとか発表することができました。学会の準備も含めて、とても良い経験になりました。このような機会をくださった先生に感謝しています。 ■卒業論文研究を行った感想 コエンザイムQ10やSNPは、授業ではあまり扱っていない部分でしたので、本研究で理解を深めることができて良かったです。 ■研究で大変だったこと・面白かったこと 実験では同じ作業の繰り返しが多く、集中力が必要でした。集中力が切れて失敗してしまい、やり直した時もありました。その分、実験が終了した際には達成感を得ることができたと思います。卒業論文にとりかかってからは、「人に分かりやすく説明することの難しさ」を感じました。 ■卒業後の進路・将来の目標 管理栄養士国家試験に合格し、資格を活かせる仕事をしたいです。将来は疾病の一次予防に携わりたいと考えています。 甲田千砂さん ■学会で発表を終えて 初めての学会参加ということもあり、緊張しましたが、周りの方々のおかげで無事発表を終えることができました。パワーポイントでの発表の工夫や強調の仕方など、学会発表を通じて沢山のことを学ぶことができました。今後、社会人になった際に、この経験を活かしたいと思います。 ■卒業論文研究を行った感想 最初はただ実験をしたいという理由で、この卒業論文研究テーマを選びましたが、遺伝子のSNP型の違いによって薬剤吸収量に個人差が生じる等、初めて知ることも多く、学んでいて楽しかったです。 ■研究で大変だったこと・面白かったこと 卒業論文研究で大変だったことは、自分の考えていることを整理し、難しい内容を「いかにわかりやすく説明するか」ということです。卒論を書かなければ、この難しさを知ることはできなかったと思うので、良い経験でした。 ... 詳細...
投稿者: kenkoueiyou 投稿日: 2019/11/19 10:42
2020年2月15日(土)、和洋女子大学にて、第26回 日本小児運動スポーツ研究会(公益社団法人日本小児科学会 分科会)を開催します。「子供とコンタクトスポーツ~ラグビーを中心に~」というテーマのもと、和洋女子大学の健康栄養学科 杉浦令子准教授永澤貴昭助教による教育講演、NPO法人 Rugby Friendship Sport Promotion代表・東京西多摩ラグビースクール校長の清水佳忠氏による特別講演を行います。ラグビーに関心のある方、ラグビー指導者、保護者、子供の運動とスポーツ活動に関心のある方などにお勧めの講演内容です。



【開催日時】 2020年2月15日(土)14:00~17:00(受付13:00~)
【開催場所】和洋女子大学九段フォーラム(和洋学園九段スカイビル2階)
      〒102-0073 東京都千代田区九段北1-12-11
【参加費】 日本小児科学会会員3,000円、一般1,000円、院生・学生は無料

参加をご希望の方は「氏名」「所属」「講演についてのご質問」を記入のうえ、【種別】として「日本小児科学会会員/一般/院生・学生」のいずれかを明記し、下記、日本小児運動スポーツ研究会事務局のメールアドレス(r-sugiura@wayo.ac.jp)まで、ご応募ください。
申込みについての詳細はこちらから

【お問合せ】
日本小児運動スポーツ研究会事務局(杉浦令子)
TEL: 047-371-1329
メール: r-sugiura@wayo.ac.jp

ブログ内検索

受験生の方へ

卒業生の方へ

一般・地域の方へ

企業・研究者の方へ

寄付のお願い

facebook

twitter

LINE

YouTube