和洋女子大学|学部・学科|服飾造形学科|服飾造形学科:トピックス

服飾造形学科:トピックス

2016/11/28

【出張講義】in千葉県立佐倉東高等学校

11月17日、千葉県立佐倉東高等学校で、服飾造形学類の向井加寿子准教授が出張講義を行いました。
数々のブランド開発を手がけ、自身でもオリジナルブランドを持つ業界に精通した向井准教授の講義テーマは「ファッション業界の仕事と最新ファッション情報」。今のアパレル業界の仕事の詳しい説明と、新しいトレンドを反映した情報分析に基づくプレゼンテーション資料を教材にした、最新ファッションの現状を解説しました。
 
「ファッションは何のためにあるのか」といった質問から始まり、服をまとうことの本質である、あこがれ、楽しさ、必要な機能性、自己表現の話に触れ、その仕事が消費者(生活者)に満足してもらうものであり、喜びを享受してもらう、人の生活シーンを素敵にしていくものであることを説明していきました。
そして本題である業界の仕事についての講義では、ものづくりの中核となるファッションデザイナーやパタンナー、企画にかかわるコーディネーター、マーチャンダイザー、その他、生産・販売・広報など、業界で働く多種多様な人々の仕事の意義と内容を丁寧に解説していきました。
 
 
 
講義の後半は、実際のブランドで展開された商品企画のための情報収集・分析に基づくプランニング資料を、教材として提示。貴重な資料を見ながら、最新のファッション情報と仕事の流れを説明し、同時にその魅力への理解も促しました。常に一年先のトレンドを読み、ファッションをかたちにするための情報収集とデザインの在り方を学ぶ機会となりました。今回の狙いである、将来を見据えた進路選択の生きた情報を提供する場ともなりました。

和洋女子大学では各分野の出張講義を用意しています。高校生の職業理解・進路決定などに、是非、ご活用ください。

出張講義についてはこちら
 
服飾造形学類の学びについてはこちら


受験生の方へ

卒業生の方へ

一般・地域の方へ

企業・研究者の方へ

寄付のお願い

facebook

twitter

LINE

YouTube