和洋女子大学|学部・学科|服飾造形学科|学科ブログ

学科インフォメーション

服飾造形学科

03 22

投稿者: fukushoku
2017/03/22 17:39

市川商工会議所が主催する「第12回いちかわ産フェスタ:集結!いちかわ産業“発見”伝~次世代へ繋げる5つの懸け橋~」(平成28年9月17日に開催)でお披露目された、『南総里見八犬伝』伏姫と八犬士をイメージした衣装制作に対し、市川商工会議所より服飾造形学類に感謝状が贈呈されました。伏姫の衣装は本学同学類の学生がデザイン・制作を行い、八犬士の衣装は(有)キャメルスタジオ福井功氏がデザインし、服飾造形学類が制作しています。


 【写真】学長室にて、感謝状贈呈報告会の様子
  
同イベントでは、『南総里見八犬伝』伏姫をイメージした衣装を本学の平成28年度里見姫が、 また、八犬士の衣装はご当地アイドル「市川乙女」と、ゆるキャラ「いちかわうそ君」が身にまとい参加しました。


【写真】制作した伏姫と八犬士の衣装

3月8日、この度の感謝状贈呈を岸田宏司学長へ報告し、お祝いの懇談会も開催されました。懇談会では、制作にあたって苦労したことや、制作からお披露目までのプロセスのほか、「八犬士の衣装において、『市川乙女』の試着スケジュール調整が困難であったため、『市川乙女』たちの写真と身長データから寸法を計算して制作した」など、制作側ならではの苦労話も語られ、和やかな会となりました。

   
【写真】懇談会の様子

伏姫の衣装を手掛けた服飾造形学類3年の加藤芹菜さんと加藤采実さんの双子姉妹は、ふるいちやすし監督の映画「千年の糸姫」衣装の制作でも中心的な存在として協力しました。また、JR市川駅ビル「シャポー市川」内で12月1日~3日に出店した「Wayo Shop」にも参加しており、加藤姉妹が出した商品は完売する人気でした。将来は、本学で学んだことを活かした仕事をしたいと、希望に満ちた眼差しで話していました。

伏姫の衣装や制作当時の学生へのインタビューはこちらから
服飾造形学類の学びについてはこちらから

 

Tags:

ブログ内検索

受験生の方へ

卒業生の方へ

一般・地域の方へ

企業・研究者の方へ

寄付のお願い

facebook

twitter

LINE

YouTube