和洋女子大学|学部・学科|服飾造形学科|学科ブログ

学科インフォメーション

服飾造形学科

03 21

投稿者: fukushoku
2017/03/21 14:35

2月25日に開催された、服飾造形学類の卒業制作ファッションショー。このショーを、映画「千年の糸姫」の主演女優である二宮芽生さんと監督のふるいちやすし氏が観覧してくださいました。観覧後、お二人に感想を伺いました。

二宮芽生さん
ひとつひとつ、時間をかけて作った作品だということを伺いましたが、実際に人が着て動いているのを見ると、より美しくて感動的でした。縫い合わせが凝っているものがたくさんあるという印象を持ちました。「実用的だな」と感じる作品に関しては、学生の皆さんの技術の高さを感じました。

ふるいちやすし監督
役者に着せたいと思う服がいくつかありました。映画業界ってファッショナブルじゃないんですよ。冒険するファッションじゃなくて、説明するファッションが本当に多いんですね。だから、「映画の中で、こういう服でこういうキャラクターの人間が役者として生きていたら、楽しいなあ!」とインスパイアされる作品がたくさんあって楽しかったです! 服飾の学生に限らず、皆さんにはどんどん冒険をして欲しいと思っています。冒険してください!

昨年、映画「千年の糸姫」の登場人物の衣裳制作に、服飾造形学類の学生たちが挑戦し、監督からたくさんのことを学ばせていただきました。その様子はこちらからご覧ください。


【写真】卒業制作ファッションショーの様子

服飾造形学類の学びについてはこちらから

 

Tags:

ブログ内検索

受験生の方へ

卒業生の方へ

一般・地域の方へ

企業・研究者の方へ

寄付のお願い

facebook

twitter

LINE

YouTube