和洋女子大学|学部・学科|服飾造形学科|学科ブログ

学科インフォメーション

服飾造形学科

12 27

投稿者: fukushoku
2016/12/27 11:31

服飾造形学類3年生の選択授業「きもの着装演習」。この授業は、長沼静きもの学院の本科カリキュラムに沿って着物の着装について学び、「きもの講師3級」の資格をめざすというもの。長着にとって大切な土台となる長じゅばんから実技をはじめ、普段着の着方と名古屋帯のお太鼓結びを習得します。途中着物を着るシーンでのTPOや装いの調和を学び、後半は浴衣についてと、小紋の着方、袋帯の結び方についても学びます。

 
【写真】「きもの3級講師」の免許状を手にした学生たち。
 
12月21日、この授業を受講し、「きもの講師3級」の資格を取得した19人の学生たちへ、担当教員の伊藤助教より資格認定証が授与されました。前期の授業で一通り学んだ学生たちは、学内で着付けの試験を行い、長着、帯の着方と調和などの項目を長沼静きもの学院によって審査されます。授業を受講している学生には、和服裁縫の実習などで着物制作を手掛けた学生も多く、「自分で作った着物を自分で着たかったので受講しました。着付けを誰かにお願いしなくても自分で着ることが出来れば、もっと着物を着る機会も増やせると思いました」というコメントも。

【写真左】授与の様子。講師資格認定証が伊藤助教より手渡されました。
【写真右】資格認定証を手に表情を綻ばせる学生たち。「履歴書にも書けます!」

伊藤先生からのコメント
実習により製作した着物を、自分で着装することで、着物に対しての相乗効果を期待します。
自国の伝統文化である着物のことを学びながら、他国の伝統文化を理解し、文化交流ができるようになりましょう。


 
服飾造形学類の学びについてはこちらから

Tags:

ブログ内検索

受験生の方へ

卒業生の方へ

一般・地域の方へ

企業・研究者の方へ

寄付のお願い

facebook

twitter

LINE

YouTube