和洋女子大学|学部・学科|服飾造形学科|学科ブログ

学科インフォメーション

服飾造形学科

02 08

投稿者: fukushoku
2016/02/08 18:11

1月30日、「服飾特別講義」の最終講義が行われました。講師を務めてくださったのは、マーチャンダイザーの柳田和己氏。「マーチャンダイジングは緻密さと大胆さの積み重ね・・・」と題して、ご自身の自己紹介に始まり、マーチャンダイザーの立場から見たアパレルの企画開発業務の内容と流れ、利益の考え方や企業が求める人材のことについて等、ご自身の経験談も交えながらお話をしてくださいました。また、講義だけでなく、ブランディングやマーケティングリサーチなどで使われるクラスター分析を学生たちが体験するというワークも行われました。マーチャンダイザーの仕事は「適切な時期に、適切な量を、適切な価格で提供できるようにすること」ですが、「いかにその精度をUP出来るかが重要」だという柳田氏。そのためには管理能力やディレクション能力もさることながら、コミュニケーション能力とバランス感覚を持って仕事をすることが大切だそうです。「アパレルの世界で求められるのは作品づくりではなく、商品づくり。だからこそ、作品を作ることに没頭できる大学時代にはものづくりに徹して、学び以外にも好きなこと・得意なことは突き詰めて徹底的にやったほうがいい」と学生たちに力強いメッセージをくださいました。




【写真上】最終講義の様子。
【写真下】マーチャンダイザーの柳田和己氏

服飾造形学類では、ファッション業界で活躍できる人材の育成のため、実技や理論の他にもユニークな講義を開講しています。その中のひとつ、「服飾特別講義」(2年次 後期 必修科目)では毎回、服飾業界の第一線で活躍している方々を講師に招き、お話を伺っています。講義内容の選定や講師の選出は、この授業を担当している嶋根歌子教授向井加寿子准教授
事前に申し込みをすれば、他学年の学生(服飾造形学類に限る)や卒業生も講義を聴講することができます。


<2015年度の講師一覧>
第1回 中西則行氏 花田卓氏(栄レース株式会社)
第2回 鴇田章氏(アンティークレースストッキング収集研究家/プランニングディレクター)
第3回 伊藤由美子氏(文化服装学院/文化・服装形態機能研究所 所長)
第4回 齋藤統氏(和洋女子大学客員教授)
第5回 鄭貞子氏(有限会社クレストコスチューム 代表取締役/ファッションイラストレーター)
第6回 畠中恵子氏(株式会社ラサ 代表取締役/ファッションデザイナー)
第7回 久保忠博氏(東レACS株式会社)
第8回 渡邊正人氏(ユニバーサルビューティーカレッジ 校長)
第9回 柳原美紗子氏(一般財団法人 日本綿業振興会/東京ファッションオフィス ファッショディレクター)
第10回 川内有緒氏(元国連パリ職員/第33回新田次郎文学賞受賞作家)
第11回 宮崎裕子氏 (NHKプロモーション プロデューサー)
第12回 ― レースコンペ ―
第13回 網野妙子氏(プリザーブドフラワーデザイナー/MAFD AMINO主催 フラワーデザイナー)
第14回 畑誠氏(株式会社リンク・セオリー・ジャパン 代表取締役CEO/ファーストリテイリング役員)
第15回 柳田和己氏(マーチャンダイザー)

Tags:

ブログ内検索

受験生の方へ

卒業生の方へ

一般・地域の方へ

企業・研究者の方へ

寄付のお願い

facebook

twitter

LINE

YouTube