和洋女子大学|学部・学科|服飾造形学科|学科ブログ

学科インフォメーション

服飾造形学科

01 12

投稿者: fukushoku
2019/01/12 10:11

服飾造形学類※3年生履修科目の「ドレーピングⅢ」はドレーピングⅠで培った基礎力とドレーピングⅡで培った応用力を元に、自由課題に取り組む授業です。各自最新プレタポルテコレクションより課題となるデザインを選び、今までの知識から、そのデザインへのアプローチを考え、ドレーピング(立体裁断)にて作成していきます。最後はトワルをパターンとして使用し実際の素材で縫製し、過程をポートフォリオにまとめます。
(※2018年4月より、和洋女子大学は学群・学類から学部・学科に名称変更しました)

 
【写真】最新のプレタポルテコレクションの画像を参考に、作業に取り組む学生たち

デザイン分析を元に、ボディへ落とし込む際のバランスを考えてボディの必要箇所にテープで印をつけます。そのテープを目安にしながらトワルでデザインを作成し、一度解体、再度組み立てて検証します。その後組み立てたトワルをパターンとして使用し、裁断・印つけ・縫製へと作業を進めます。


【写真】ドレーピング(立体裁断)の様子

デザインには身体との関係性、今シーズンのトレンド、使われている素材の特性によるシルエットや効果など、様々な点が関わってきます。それらを考えに入れながら、どのようにアプローチしていくかのプロセスを考え、発想力を鍛え、作品として完成させるまでを学びます。

服飾造形学科の学びについてはこちらから

Tags:

ブログ内検索

受験生の方へ

卒業生の方へ

一般・地域の方へ

企業・研究者の方へ

寄付のお願い

facebook

twitter

LINE

YouTube