和洋女子大学|学部・学科|服飾造形学科|学科ブログ

学科インフォメーション

服飾造形学科

03 01

投稿者: fukushoku
2021/03/01 14:34

12月22、23日の2日間、服飾造形学科1年生 必修科目「服飾造形セミナー」の授業で、反射糸を使用した作品制作を行いました。例年であれば千葉県佐倉市にある大学施設の佐倉セミナーハウスで宿泊を交えながら行う授業でしたが、今年度はコロナ禍ということもあり、大学の実習室で集中授業を行いました。

学生たちには、あらかじめ使用する材料(B4サイズのトートバッグ、反射糸)を指定しデザイン画を描いてもらい、そのデザイン画をもとに学校で制作作業を行いました。それぞれの学生が、入学してから現在までに学んだことを活かしながら、作品制作に取り組んでいました。

 
【写真】デザイン画をもとに制作中。素材は自由なので様々な素材を組み合わせていました。

集中講義2日目の午後には、自分が制作した作品について一人ひとりがプレゼンテーションをしました。
発表者はマスク、フェイスシールド、マイクカバーを付け、感染対策を徹底しました。

 
【写真左】プレゼンテーションの様子【写真右】作品の一部

プレゼンテーションでは、学生たちが自ら決めた作品のコンセプト紹介、「誰に使ってもらいたいか、自分ならこう使いたい」というアイデアや、制作にあたりこだわったところなど、様々な作品への思いを発表しました。

服飾造形学科の学びについてはこちらから
服飾造形学科の紹介動画を公開中! 動画はこちらから

Tags:

ブログ内検索

受験生の方へ

卒業生の方へ

一般・地域の方へ

企業・研究者の方へ

寄付のお願い

facebook

twitter

LINE

YouTube